元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

大台林道(父ヶ谷大台線) その4 くるまみち広場~謎の穴~堂倉坂

その3からの続きです

 

大台林道(父ヶ谷大台線)を走り続けます

f:id:poseidonttzr:20190618141742j:plain

沖見橋を越えるとそれは立派な滝が・・・

f:id:poseidonttzr:20190618141913j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618141950j:plain

まるで白糸のように何本も滝水が流れ落ちて来てます

多分〇〇の滝と名前があるのでしょうけれど・・・

f:id:poseidonttzr:20190618142030j:plain

↑読めなかったのですがあとで調べてわかった石南花(しゃくなげ)橋

とも書くようです)

そして国土地理院地図にも赤く出てる建物が現れます

f:id:poseidonttzr:20190618142836p:plain

f:id:poseidonttzr:20190618143201p:plain

f:id:poseidonttzr:20190618143252j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618143322j:plain

こちら登山小屋か?と思いきや森林管理署の小屋なのか?

いや実はこれ堂倉(どうくら)製品事業所跡だそうです 

詳しくはこちら  

りんぷーの・・・ひとりごとがヒドイのです  さん

ただそのりんぷーさんにもここで何が作られていたのかわからないそうです

一体こんな山の中で何を製品化してたのでしょう?

現在は全く使われてる形跡はなく廃屋と化してました

 

この先、分岐及び橋 ここ

f:id:poseidonttzr:20190618143657p:plain

f:id:poseidonttzr:20190618143755j:plain

堂倉谷を渡る分岐です

f:id:poseidonttzr:20190618145306j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618145617j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618145543j:plain

ここにあった支線林道

f:id:poseidonttzr:20190618145711j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618145749j:plain

ゲートも一応ある堂倉谷支線林道のようです

f:id:poseidonttzr:20190618145901j:plain

非常に水が綺麗な堂倉谷でしたね

暑い夏なら間違いなくドボンしてたかも知れませんw

 

さて、この本線先に謎の穴が現れます

f:id:poseidonttzr:20190618150101j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618150139j:plain

岸壁の下に掘られた穴

これは一体?と中を覗き込んでみると・・・

f:id:poseidonttzr:20190618150258j:plain

f:id:poseidonttzr:20190618150327j:plain

足元には水が貯まっており、足場のようなものが中に組んであります

なんじゃこりゃ???

何か鉱物でも取れたのでしょうか?

前述のりんぷーさんもこれを見てみえますが(2016年5月 記事こちら

その時はまだ扉が付いていたようですが

(同年8月再訪時には扉が外れていたようです 記事こちら

りんぷーさんもこれが何か?わからなかったようです

いや、ほんと不思議な穴でした

この真相を知りたいのですが・・・

f:id:poseidonttzr:20190619120441j:plain

その先、登山(とざん)橋を渡り 

f:id:poseidonttzr:20190619120602j:plain

羚羊橋を渡るのですが、さてこの”羚羊”って何と読むのでしょう?

はい!かもしかと読むのです

f:id:poseidonttzr:20190619121051j:plain

これは読めないでしょ?

★《羚羊(れいよう)》
偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の哺乳類のうち、ウシ亜科・ヤギ亜科(俗に言うカモシカを含む)を除いた、シカに似た姿のものの総称。
草原にすみ、脚は細長くて走るのが速い。
草食性。
日本ではカモシカと混称されてきたが、ヤギ亜科であるカモシカとは、全く別の種類。

参考 こちら

f:id:poseidonttzr:20190619121326j:plain

そして大きなカーブ

f:id:poseidonttzr:20190619121425j:plain

f:id:poseidonttzr:20190619121508j:plain

f:id:poseidonttzr:20190619121546j:plain

f:id:poseidonttzr:20190619122022j:plain

ここも登山道との合流地点 場所ここ

堂倉坂と呼ばれているようです

f:id:poseidonttzr:20190619122154j:plain

f:id:poseidonttzr:20190619122230j:plain

黄色い線は大台ケ原へと続く登山道

このすぐ先に堂倉避難小屋があるようです

本線は見みにくいですがこの先、右へと曲がり

粟谷(あわだに)小屋を通り過ぎるようです

f:id:poseidonttzr:20190619123050p:plain

さあいよいよ大台林道、佳境へと入って行きます

続く・・・