元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

大台林道(父ヶ谷大台線) その6 KEEP OUT+堂倉避難小屋

その5からの続きです

 

f:id:poseidonttzr:20190619181154j:plain

突然現れたKEEP OUT

まさかここが殺人事件現場とは思えませんw

これはどう見てもこの先に危険個所があると言うこと・・・

それは一体???

恐る恐る近づいてみることに・・・

 

その前に前述のりんぷーさん記事を読んだ方は

この先がどうなってるか?答えはご存知のはず・・・

りんぷーさん粟谷(あわだに)小屋にてゲート先の情報を

小屋の方からお聞きしてみえるのです

 

1.5kmほど先で140m上から大岩の大崩落があって道が塞がっているらしいです
崩落した岩壁はオーバーハングしていてまたいつ岩が落ちるかわからない
非常に危険な状態らしいです
行くのはオススメしない …と言うか行かないでほしいと言う事でした
まぁそうですよね

 

(わたくしはここに行ったあとにりんぷーさんの記事を知りましたものですから

この時は全く何も知りませんでした)

 

ではその大岩の大崩落、ご覧下さい

りんぷーさんもこれは見てないですよw

(今回はわたくしの行く手を止める人がいませんでしたからね)

多分これは本邦初公開ですw

ど~~~ん!

f:id:poseidonttzr:20190621091155j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621091304j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621091335j:plain

洒落にならないほどの大きな岩が落ちて、行く手を塞いでいたのです!

もうこれはダメとすぐにわかりました

到底バイクも人も進めっこありません

とんでもない大崩落です

f:id:poseidonttzr:20190621091932j:plain

まだ大岩の向こうに道が見えているのに

これではどうしようもありません

f:id:poseidonttzr:20190621092044j:plain

大台林道(父ヶ谷大台線)、ついに終焉となりました

丁度起点から約17キロ付近でした

場所この辺り

f:id:poseidonttzr:20190621093251p:plain

地図を見ますと林道終点までまだ12キロほどはありそうです

しかしその終点を見ることは今後も不可能かも知れません

りんぷーさんが行かれた2016年にはすでに大崩落していたようですから

すでに3年は放置状態のよう・・・

とてもここが簡単に治るとは予想しにくい

大台林道(父ヶ谷大台線)今後もこのままとなるのでしょうか?

 

大台林道(父ヶ谷大台線)、全線の3分の2ほどでやむなく撤退となったのでした

 

その帰りに堂倉避難小屋を覗いてみました

f:id:poseidonttzr:20190621093547j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621093620j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621093702j:plain

こちら2017年は諸問題があり施錠してあったようですが

現在は一応中に入ることが出来ました

f:id:poseidonttzr:20190621093845j:plain

↑ピンボケですが、小屋の中には二段ベットがあるだけ・・・

他はほんと何もありません

ただ寝るだけですw

f:id:poseidonttzr:20190621094019j:plain

ここにも公衆電話があったようですが

現在は電話線のみで本体がありません

線のみでどうしろ?と言うのでしょう?w

 

更に笑えたのが・・・↓

f:id:poseidonttzr:20190621094222j:plain

お困りの際の連絡先

ことぶきタクシーが呼べるのですが

 

お迎えに1時間程かかります。ご了承ください。

 

いやいや、こんな林道、タクシーは来れないでしょ?

最低でも四駆でないと無理

試しに呼んでみたかったのですが

肝心の電話機本体がないのでしたw

f:id:poseidonttzr:20190621094627j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621094658j:plain

f:id:poseidonttzr:20190621094808j:plain

ちなみにマジにここ、トイレがありません

 

一度入山をすると下山するまで用を足すことはできないため、入山する前に、

大台ヶ原ビジターセンター駐車場に設置されているトイレを御利用ください。

参考 吉野熊野国立公園 大台ケ原

 

大台林道(父ヶ谷大台線)を走る際には、事前に用を足しておきましょうw

f:id:poseidonttzr:20190621094728j:plain

この後は帰りの駄賃として

千尋(せんぴろ)支線林道に足を延ばしてみました

続く・・・