元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

日進市 宗教公園 五色園

黒谷自然公園探索の昼食中に参加された皆さんとの会話中に出てきた
愛知県日進市にある宗教公園 五色園
B級スポットとしてはかなり有名なところなんですが
わたくしまだ行ったことがなかったので早速その気になって行って来ました

1934年昭和9年)に、森夢幻(後の大安寺初代管主)が、
多くの人の助力とともに建設したもの。
後に正式名称が「宗教法人五色山大安寺」となった。
園内には、親鸞の教えを視覚的に感知させることを目的とした塑像が多数配されているほか、大安寺本堂や五色園墓地、宿坊などがある。
なお塑像の作者は、コンクリート像作家として知られる浅野祥雲である。


こちらに紹介されてる浅野祥雲さんの作品は有名でして
この五色園の他に犬山市桃太郎神社 
岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原ウォーランドにもその作品が飾られてます

桃太郎神社にはわたくしも行ったことがあり
ブログにて紹介させていただいてます その記事こちらはてなブログ
イメージ 1

五色園の場所はこちら
密集する住宅団地の中に入口があります
イメージ 2

ここを入りますと守衛所があるのですが、誰もいません
どうやら出入りは自由なようです
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

こちら嬉しいのはそのまま車で入れること
で、喜んで入りますともうすぐ目の前にコンクリート塑像が見えてます
おお!これだ!これだ!
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

早速車より下りて撮影です
月見の宴とタイトルされたもの
説明文を読んでも余り意味はわかりませんw チンプンカンプンですw
やはり宗教施設ですからその手の内容が書かれており
途中から読むのも面倒になります

で、次へと向かうわけですがほんのちょっと進むとまた塑像が建ってます
また進むと塑像・・・
いちいち車から降りるのが面倒ですw
とは言え一応全部見ようとするわけなんですが
これがこの公園の中にはあちこちに非常に多くの塑像がありまして
途中からもうどれを見ても感動も驚きも何もなくなってきます
もう惰性で見ることになるわけです
やはりネタが宗教物ですから暗い内容が多く意味もよくわかりませんから
途中から飽きてくるのです

で、もうこの日どんだけ写真を撮ったかわかりませんが
この後はその中からピックアップして紹介します
とりあえず面白そうなものだけです・・・
そんなん手抜き過ぎる!と思われる方はご自分で行かれるのがよろしいでしょう
多分わたくしと同じように途中で絶対飽きるはずですw

ではダイジェストで御覧ください
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

どうです?もう見飽きたでしょ?ゲップが出ませんか?
こんなんばっかがいっぱいあるのです
わたくしがすぐに飽きてきたのおわかりいただけますでしょうか?
でもまだ続きますw
イメージ 20

イメージ 19

イメージ 18

イメージ 21

唯一笑ったのがこれ↓
イメージ 22

イメージ 23

この二人の女性像
方や名前が鈴虫 もう一方が松虫です 
なんちゅう名前だ!!!
こんなんなら水虫もいてもおかしくないんじゃあないの?w

さてここにはこれは浅野祥雲さんの作品ではないと思われるものも
飾られています
イメージ 24

↑これはどう見ても作風が違う感じがしたのですが・・・

どうです?皆さんもここに行ってみますか?
はっきり言って一回行けばもう十分です
余程のマニアでないと二度と行かないでしょうね・・・

さてわたくしちゃんとオチは用意してありますよ
こんなB級スポットに置かれている飲み物と言えば・・・
イメージ 25

やはりチェリオでございます
さすが!としか言いようがありませんね
イメージ 26

チェリオのお兄さんはお仕事中
塑像なんかには目もくれていませんでした・・・

さてわたくし的にはあと目標がひとつ
そう関ケ原ウォーランドをここまで来たら見ておかなくてはなりません
どなたか興味ある方見えません???
ご一緒にいかがでしょう?
絶対ここよりは面白いはずです
お暇な方はご連絡下さい お待ちしております

なおここもちろんおっさん探索団名誉会長さんも行かれてみえます
その記事はこちらです