元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

室兼林道

ブログ初の林道記事です
ほんとはこれがメインのはずなんですがw

あのおっさん探索団名誉会長さん記事を見て今回行ってきました
(実は黒谷自然公園にてお会いした時にもこの林鉄跡の林道のことは
お話しされていたのですが・・・)

岐阜県加茂郡七宗(ひちそう)町 県道64号を走り途中橋の先より
イメージ 1

↑この七宗遊園の案内看板に従い右へと町道を走ります
(七宗遊園もちょっとしたB級スポットですよw)
で、町道を走り室兼(むろがね)地区へと入って行きます
イメージ 2

イメージ 3

その室兼地区の外れあたり 場所はこちら
イメージ 4

ここに室兼林道の入口があります
イメージ 5

イメージ 6

町営バス・福祉バスのバス停ともなってるこちら バス停名は林道口 
入口には七宗国有林の案内と共に室兼林道の案内もあります
さあここから林道にGO!であります
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

林道そのものは完全舗装済み 
本谷と呼ばれる清流に沿って緩やかに上って行きます
名誉会長さんも書かれていますようにこの林道は林鉄跡なんですが
残念ながらほとんどその形跡は残っていません
イメージ 10

イメージ 11

で、徐々に林道脇の岩壁が迫ってくるわけなんです
そしてこの林道一の見せ場
空ふさがりと呼ばれる個所に辿り着きます
イメージ 12

イメージ 13

↑どうです?これいいでしょう
林道両脇から岩壁が迫りまくってます なかなかの迫力です
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

こんな狭い岩壁の間を鉄道が走っていたようです
岩が崩れ落ちたらぺチャンコ間違いなしです
横には谷が流れてますがガードレールはありません
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

ここ一度はみなさんにも行っていただきたい場所であります
是非自然の力の脅威を感じてみて下さい
イメージ 21

イメージ 22

その先にある唯一林鉄跡だとわかる場所
七宗国有林の看板下に不自然にコンクリート跡が残っているのです

ここ水は大変綺麗ですからソーメンツーリングにもよろしいのではないかと
思われますよ

が、しかしここは国有林 案の定この先には・・・
イメージ 23

黄色いゲートが待ち構えているわけなんです
あ~~あ これでお終いか?と思うわけなんです
イメージ 27

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

こちらゲート両脇とも非常に厳しくバイクでも通れません
鍵はダイヤル錠であります

で、次回はこのゲートの先のお話しです
えっ?このゲートどうしたんだ?!とお思いの方
お手数ですがファン登録もしくはお気に入り登録して続きを御覧ください
次回はファン限定記事とさせていただきます
まだの方、急いで登録をw