元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

氷ヶ瀬小俣林道

真弓 長野県側から制覇したあとは
氷ヶ瀬小俣(こおりがせおまた)林道との分岐(こちらまで戻り
白川付知(つけち)併用林道まで続くこの林道を
走ってみることにしました
(その白川付知併用林道は白巣峠へと続く林道です)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

こちらも荒れたダート道 ガレ石だらけの道です
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 37

イメージ 6

イメージ 7

時折見える雲のかかった御岳山を横目に見ながらひたすら走ります
わたくしの予想では大した距離ではないと思ってたのですが
これがこれが長かったです 完全な予想違いです
やがて橋が見えて来ました
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

その橋の先に分岐道
イメージ 8

下入山沢林道です
この橋の下の小俣川の支流 流れる先を見ると吊り橋と滝が見えました
イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

この吊り橋行ってみたかったのですが、入口が全くわかりませんでした・・・
でもこれよく見ると森林鉄道の陸橋のようにも見えます
隠れた森林鉄道跡なんでしょうか???
この先、上入山沢林道との分岐
そして樋千沢林道との分岐
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 38

意外に支線の多いこの林道でした
そしてこの先に掘っ立て小屋があります
イメージ 19

イメージ 20

その掘っ立て小屋の前後にも支線があります
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

手前側が赤棚林道です
そう鯎(うぐい)川と小俣川との合流地点にあったあの林道と同じ名です
地図で見ますとつながってはいませんが、もしかしたら・・・
掘っ立て小屋の先には赤棚支線林道
こちらは地図で見ますと手前の赤棚林道にその先で合流します

そして御岳山の下に王滝村滝越地区が見えて来ます
そろそろ白川付知併用林道との合流地点も近そうです
イメージ 26

イメージ 27

そして最後は下りとなりコンクリート舗装の道に変われば
橋の先にゴールが待ってました
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

こちらにも踏切型ゲートがあります 場所こちら
何度も事前に見てますから百も承知ですw
イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 35

イメージ 36

イメージ 34

無事ゲートを通り抜け白川付知併用林道に合流
いやいや長い道のりでした 一回走れば十分でしょうか?w
このあとは滝越地区に向かい王滝林道(上黒沢併用林道)へと向かいました
続く・・・