元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

酷道418号 2017 いい大人の水遊び 前編

以前一時期みなさんがこぞって訪れた酷道418号
岐阜県加茂郡八百津町 丸山ダム恵那市 笠置(かさぎ)ダムまで続くこの旧道
こちらが噂の酷道418号部分であります
わたくしも近江のおっさん名古屋のおっさんの3人で出かけたものでした
過去記事こちらから

その時はあの八百津町ゲートが解放されており
イメージ 1

我々3人車で笠置ダムまで行けたのは(不通区間走破)貴重な体験となってます
(現在は八百津町ゲートは封鎖されています 
なぜにあの時だけ開いていたのかは今もって不思議であります)

その時に3人で訪れたあの五月橋
イメージ 2

ここを訪れた際に名古屋のおっさんが言った一言
『ここをボートに乗って下から覗いてみたいですね』

これを今回実行してきました
題して酷道418号 2017 いい大人の水遊び編でございます

8月某日
ボートは我がおっさん探索団隊長のけんさんが用意してくれました
イメージ 3

イメージ 5

↑こちらの二人乗りの釣り用ボートです
これに乗って五月橋を目指そうと言う腹積もりであります

二人して酷道418号沿い木曽川へと降りれる場所へと向かいます
場所こちら
イメージ 4

イメージ 6

イメージ 7

そちらには多くのジェットスキーで遊ぶ若人(わこうど)
一杯お見えでした
そんな中へおっさん二人、恥も外聞もなく突入です
(この時の我々の存在の半端感はそれはすごいものでしたw)

ちなみにボートを木曽川に下せる場所はここ以外に
丸山ダム近くにもあるのですが
そこには残念ながら流木止めがあるため川へとは出れません
一応ダム関係者にも尋ねてみたのですが、ここしかないようです
イメージ 8

おっさん二人でボートを軽トラから下し、入水
ちなみにこのアルミ製ボートは30キロほどの重さです
二馬力のエンジンを取り付け、ライフジャケットを着こみ
いざ!出艇でございます
二馬力のエンジンまでは免許がいらないそうです 素人でもOKです)
イメージ 9

出だしはもうおっかなびっくりです
ほんの少しボートが揺れるだけでも我々ビビりまくり
すぐ近くをジェットスキーが波を立てて走りますから
その横波がボートを襲います
波がボートに入り込むのではないか?横波で転覆するのではないか?と
もうハラハラドキドキしまくりです
『もっとあっちで遊んでくれよ!』
と叫んだところで若者は耳を貸してもくれませんw

まあそれでも少し目的の上流へと進むと彼らもおらず一安心
のんびりと上流に向かって進んで行きます
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

時折後から追いかけてくるようにジェットスキーに乗った若者がやってきます
気持ち良く我々を追い越して行くと
その先で勢いよくUターンなどして戯れております
いやいや若者の特権ですな(意味不明)
イメージ 13

おっさん二人はのんびり目的地を目指します
こちらは深沢峡とも呼ばれる風光明媚な場所でもあります
川の周りは森で囲まれ物音もほとんどせず、静かなものです
川沿いを走る酷道もボートの上からはあんまり見えません
二股隧道もはっきりとは見えなかったのは残念でした・・・

そして出艇してから30分ほど
やがて目の前にあの茶屋いさまつ(伊三松)が見えて来ました
イメージ 14

イメージ 15

川から見る伊三松です
その昔はこの伊三松下の船着き場から舟遊びをして楽しんだ
イメージ 18

そんな昔の出来事を、今我々が体験しているのでございます
なかなか感慨深いものがございます
(おっさんこの時、とお~~い目をしておりますw)

そしてこの先に目指す赤い五月橋が見えて参ります
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 19

続く・・・