元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

銚子谷林道 2017 幻を求めて~

ファンの方は某林道の続きをお待ちでしょうが
それ以外の人のためにおっさん探索団ネタを先に披露させていただきます

この日の前日に岐阜県郡上市絶景日本一 発想の森を訪ねて
大汗をかいたおっさん
(これはブログにてアップ済み たまにはブログ5も見てねw)
その翌日にも懲りずにまたも連日で大汗をかいております

その翌日に向かった先は関市板取の奥にある
銚子(ちょうし)谷林道であります
実は昨年も来てます 昨年の記事はこちら
この銚子谷林道の奥にあると言うのトンネル 銚子滝トンネル
そして更にその奥にあると言うこれまたもっと銚子滝
これを昨年は様子見で伺ったのですが、残念!手前でゲートに阻まれております
昨年のリベンジとばかり今回再チャレンジでございます

元々はこれ、林道・廃道探索の先駆者
艨艟棲処

~穆如清風 ボクトシテセイフウノゴトシ
さん2013年に行かれ記事にされてます
その記事こちら
艨艟ノ棲処(もうどうのすみか)さんは歩いてその滝まで行かれているのですが
あれからもう4年の月日が経っております
果たして今はどうなっているのでしょう?

ちなみにネットで検索すると、この銚子滝まで行かれた方は二人のみ
艨艟ノ棲処さん滝マニアこちらの方瀑好さん 2010年
銚子滝まで詳しく書かれているのは艨艟ノ棲処さんです

関市にも銚子滝の情報があるのですが・・・
よくある質問
銚子の滝へ入れますか?
冬の雪害により、落石防御ネット等の破損があり、
災害復旧工事が終了するまでは入ることが出来ません。
現在小谷付近から通行止めとなっております。
なお、工事終了予定は未定ですが、平成23年秋以降になると思われます

これ平成23年(2011年)以降が全く情報公開されていない状況
板取の人気スポットモネの池の情報は更新されてますが
この銚子滝については完全に放置されてます



県道52号から板取キャンプ場方面へと入り
キャンプ場入口を横目で通り過ぎて行くと川浦(かおれ)渓谷が現れます
(これも昨年ブログ5にて記事にしてます
昨年は通れなかった遊歩道も無事修復され
今年は散策出来る状態になってました)
その川浦渓谷を過ぎると銚子谷林道第一ゲートです
イメージ 1

こちらは冬季以外は解放されてますので安心して通過出来ます
この先に新深山(みやま)トンネル
イメージ 2

実はこの新深山トンネルの旧道側・川浦谷川沿いに
西ヶ洞谷川という支流がございます
イメージ 3

この支流こそが川浦ダムへと行ける裏ルートなんでございます
ええ!この辺は幻だらけなんでございますw
イメージ 4

イメージ 5

ダムに行くにはその支流沿いに沢登りすると言った難コース
様子伺いに行ってみたものの、肝心のその支流は全く見えず
山の切れ目のみ見えるだけでした
この川浦ダムもいつか行ってみたいと実は目論んでいるのであります
イメージ 6

↑ここで辛うじて見つけたのは川浦谷川に下りれる道
ここから向かい沢登りするのはさすがに上級者でしか無理でしょうね・・・
これだけは悔しいですがわたくしには真似できません

さてこの先にありますのが吾妻(あずま)清水
イメージ 7

イメージ 8

先日ぬまさんもれしゃんさんも訪れた場所です
もれしゃんさんが訪ねた時には
ここで洗車をしていた馬鹿がいたというとこですw
何を考えていたんでしょうね?その馬鹿は?w
この日は普通に軽トラに乗った老夫婦が水を汲んでみえました
これがありのままの姿なんですが・・・
わたくし帰りにここで大汗をかいた顔を洗わせていただきました
冷たい水が非常に気持ち良かったです

さてここを通り過ぎると昨年同様ゲート(第二ゲート)が待っておりました
場所こち
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

非常に厳重なゲートでして車はもちろんバイク・自転車も入れません
ええ!歩き以外このゲートを突破することは出来ません
この横には非常に不思議な中電のトンネル
イメージ 12

一体どこに抜けれるのか全くわからないトンネルです
地図にも出ていない不思議なトンネルなんでございます
あの川浦ダムへと通じているのでは?と密かに思ってはいるのですが・・・

この日はなんとこのトンネル前でバーベキュー(BBQ)
してるおっさんが二人
これまた変わった方々ですw
なにゆえこんな場所でBBQされるのか?不思議です
この辺りほかにもBBQするいい場所があるにも関わらず
トンネル前でBBQです
確かに雨が急に降ってきても屋根部分がありますから大丈夫なんですが
それにしても変わった場所で楽しんでおみえです
洗車される方といい、この辺り変人も多いようですw

さてこの前に車を停め、わたくし探索準備です
リュックに飲み水・タオル・着替え等を入れ込み
か弱いお肌に虫よけスプレーをして虫刺されに対処
熊鈴もリュックに取り付け、さあ出発です
この時BBQのおっさんのひとりがわたくしに会釈してくれます
『頑張って行ってこいよ!』
の意味だったのでしょうか?
はたまた心の中で
『馬鹿じゃないか!こんな糞暑い中、歩いて向かうとは・・・』
と思っていたのでしょうか?
そのおっさんの気持ちは測りかねますが
こちらも軽く会釈を返し、さあ秘境にGO!であります
果たしてネット上三人目の銚子滝到達者になれるでしょうか???
続く・・・