元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

秋町隧道 村道岩瀬秋町線 2017 秋 後編

前編 中編からの続きです
イメージ 1

ついに見えました!秋町隧道です
歩き始めて一時間20分ほど
念願の秋町隧道にたどり着いたのです
イメージ 2

イメージ 3

隧道前に流れ込んだ土砂がⅤ字のようになっており
どなたかが掘り起こした感もいたします
イメージ 4

イメージ 5

その証拠となるような一輪車(猫車)も現場に残ってます
(ここに一輪車があるのは有名な話です)
噂ではこの隧道内にある水を抜こうとして一輪車をここに持ち込み
土砂を除こうとしたとのことですが
ここを見れば一目瞭然 そんなことは到底無理ですw
一人でやろうとされたのかは不明ですが
そんなこととても一日仕事ではどだい無理
一体何日要するやら・・・
と言うかその発想自体がすごいです
いやいや世の中にはすごいことを考える人もいるようです
(一輪車をここまで持ち込むことさえ大変なのに・・・)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

その隧道の中はもちろん真っ暗け
5メートルほど先からは浸水状態
そのすぐ先が急に深くなっており、とても長靴ごときでは入れません
イメージ 9

やはりここを行くにはボートが必要だと思われますね
この方のように・・・)

ではこの隧道の上、山越えは出来ないか?と隧道上部を見ますと・・・
イメージ 10

↑こんな感じ
山のてっぺんが見えないくらいにめちゃくちゃ急な山肌になっており
おっさんの足では絶対無理
と言うかルートらしきものも一切なし
秋町隧道反対側を見るのは余程の強者(つわもの)でもないと無理なようです
イメージ 11

イメージ 12

いつもの決めポーズを撮り、ここをあとにすることといたしました・・・
イメージ 13

イメージ 14

念願の秋町隧道を見ることが出来、非常に嬉しく楽しかったです
これも夏に失敗したこそでしょうか?w
あの敗退があったからこそ、ここに来れたのかも知れません
非常にお疲れさまでした
あの黒谷自然公園(全四話)同様楽しむことが出来たのも
みなさんのお陰です
ありがとうございました

またこの日都合がつかず、残念ながら参加出来なかった
みなさんの分まで頑張って来ましたよw
是非機会があったら行って見て下さいね
時期を間違えなければ必ず到達出来るはずですから
ぬまさん当日朝の応援メールありがとうございました)


おまけ
探索帰路途中どこかで昼食をとるつもりでしたが
思いのほかいい場所がなく
結局RKパパさんの別荘で遅めの昼食となりました
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

みんなで暖を取りのんびりさせていただきました
RKパパさん長居をして申し訳ございませんでした・・・

なお、この別荘の前で続・インド人事件が発生したのですが
関係各位のみなさま、それは記事にする予定はございませんので
ご了承のほどお願いいたしますw
(この日は別の場所で東南アジア事件が発生しておりますから
わたくしのは大した事件ではありませんw 霞ますw)