元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

猿並橋 後編

よしゃいいのに登山道を登り始めたおっさん
すぐに後悔しますw
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

↑こんな険しい山道が延々と続いていたのです
上り始めてすぐにふくらはぎが痛くなります
痛いからちょっと休憩 また登るのですがすぐにまた痛くなります
何度も何度も休憩しながらおっさん意地で上がります
イメージ 4

登り始めて20分ほど・・・
なかなか林道にたどりつかないな・・・と思ったところに・・・
イメージ 5

びくに坂の看板が・・・
これ!この坂がびくに坂と名付けられてるとのことですが
これ見た時、おっさん怒りを覚えましたね
こんな名前いらねぇよ
ってか最初の登山道入り口に立てておけ!!!
名前なんか今更どうでもいいんだよ!!!

で、この看板を越えるとやっと林道にたどり着きます
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

冬なのにしっかり汗をかいたおっさん
イメージ 9

↓たどり着いた寸又(すまた)(川)左岸林道の入り口側
イメージ 10

↓まだまだ続くであろう寸又(川)左岸林道
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

林道に出たそのすぐ先に朝日岳への登山案内図
イメージ 15

案内図通りにそのすぐ先、右側に朝日岳への登山道が続いてました
もちろんおっさんは行きませんw
イメージ 16

で、驚いたのがこの林道、寸又(川)左岸林道だったはずなのに
そこに表示されていたのはなぜか南赤石(あかいし)林道
これ山さ行がねがヨッキれんさんによれば

「南赤石林道(寸又左岸)」と書かれているが、
これは南赤石林道シリーズの寸又左岸線といったニュアンスだ。
昔は単に寸又川左岸林道であったが、今はこれが正式名である。

記事こちら
らしいです
よーわからんですw

で、おっさんここで引き返せばいいものを・・・
イメージ 17

イメージ 18

対岸奥に大間ダムらしきものを見てしまった・・・
もっと良く見える場所はないか?と更に林道を歩くことに・・・
イメージ 19

イメージ 20

100メートルほど歩くと絶景ポイント発見!
イメージ 21

ど~~~ん!これがそう!
イメージ 22

手前に大間ダム 奥には夢の吊り橋
イメージ 23

イメージ 24

夢の吊り橋を渡っている観光客も見えます
更にはこの奥にある飛龍橋(ひりゅうきょう)も・・・
イメージ 25

ここはいい!ほんと絶景ポイントです
おっさんここでこの絶景を見て疲れを癒します
イメージ 26

イメージ 27

↑久しぶりの決めポーズw
で、ボーとしていると、なんと飛龍橋を渡る車を発見!
イメージ 28

↑わかりにくいですが木々の合間に白い車がいます
ええ~~あそこは一般車両進入禁止なのに・・・
多分これはダム関係者か森林管理署の車
いいなぁ~~~w
わたくしも走ってみたいのですが・・・

流れる汗も止んだことですからおっさん帰ることとしました
イメージ 29

ちなみに↑これがびくに坂の全貌
右下の猿並橋から左上に見える崖あたりまで・・・
この坂をおっさん登ったのでした
健脚に自信のある方のみお進みくださいw

おまけ
遅れましたがずっと気にされていた栗代(くりしろ)林道の入り口状況です
場所ここ
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 33

イメージ 32

このように当分ここは工事の為、(日曜日以外)通れませんよ・・・w