元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

茶畑の神殿 笹間渡発電所跡 Bコース

先回下見前編後編)をした
茶畑の神殿 笠間渡(かさまど)発電所
ついに歩いて行って参りました
(巷(ちまた)では雪中の神殿なるものもあるようですがw
詳しくはこちら

下見で見つけたBコース
ご近所のガソリンスタンドの店員さんに詳しく教えてもらい
笠間川までは下見しておきました

尚、この時店員さんからお聞きしたところによりますと
茶畑の所有者もあそこへは大井川を歩いて渡って行ってるそうです(Aコース
その所有者もどうやらこの茶畑の管理をおやめになられたそうで
現在は茶畑は放置状態となってるそうです
この先、益々茶畑が荒れ、本当の廃墟の茶畑の神殿となりそうです・・・
イメージ 5

さてこの日、車を大井川鉄道川根温泉笠間渡駅に停めさせていただき
イメージ 1

イメージ 2

いざ出発!
イメージ 3

イメージ 4

笠間川の浅瀬を長靴を履いて渡ります
無事渡り切り、土手を上がり土手沿いに川下へと・・・
イメージ 6

ところが、なぜかその先行きどまり
あれ?道がないんですけど・・・?どうして???
最初から道が存在していなかったのか?
いや!そんなことないはずだ!
そうだ!渡れなくなった吊り橋の主塔付近に行ってみよう!
そこに道があるはずだ!
おっさん方向転換してこの上流にある吊り橋主塔へと向かいます
イメージ 7

その途中で上を見上げますと、何やら道があるような・・・(石垣が見えます)
おっさんここをよじ登りますと・・・
イメージ 8

目出度くあの茶畑の神殿へと続くであろう道に出たのでした
ちなみにこの道を戻りますと・・・
イメージ 9

イメージ 10

今はもう渡れなくなった吊り橋の主塔の袂へと行けたのでした
さてやっと見つけた道を喜んで進みますとすぐに
イメージ 11

切り通し
ここを抜けると・・・
イメージ 12

イメージ 14

イメージ 13

大井川沿いに茶畑の神殿へと続く道に出ます
あとはここを北上するのみ
ところが実はこの道、ハッキリ言って廃道なんであります
イメージ 15

イメージ 16

↑こんな崩れて道の無くなってる個所や
落ち葉で埋もれて全く足元のわからないとこが何か所もあります
おっさん滑り落ちないように慎重にここを歩いて行きます(マジに危険です)
そして駅から歩き始めて20~30分ほど
ついに目の前に茶畑の神殿が現れます
イメージ 17

イメージ 19

イメージ 18

大井川河川敷・Aコースから来るとそこには梯子も用意してあるようです
ついにたどり着いた茶畑の神殿!!!
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 35

建物すぐ右手にはあの貨物運搬装置もございます
では中へと入ってみましょう
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

イメージ 37

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

内部はざっとこんな感じ・・・
おっさん発電所には詳しくないので画像だけで済まさせていただいてますw
詳しく知りたい方はここへ行かれたほかの方の記事をお読みくださいw
(完全手抜き!w)
イメージ 36

イメージ 38

茶畑の神殿 笠間渡発電所
簡単にはたどり着けない遺構であります
大井川を濡れて渡るAコース(一度濡れ)・Cコース(二度濡れ ↓の画像コース)
(帰りを入れると濡れるのは二倍になります)
イメージ 39

イメージ 40

そしておっさんがたどり着いたBコース
どこから行っても間違いなく苦労します
さて貴方はどのコースで行きますか?
 どのコースもすべて自己責任でお願いします