元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

朝日トンネル・旧廃道 前編

寸又(すまた)峡・旧遊歩道探索の後はまたもや廃道へ・・・
県道77号にあります朝日トンネル・旧廃道を歩いてみたのです

もちろんここは先回紹介した通り
山さ行がねがヨッキれんさん2010年)と
HETIMA DIARYさん2016年)が行かれております
またしてもここでも他人様(ひとさま)の真似をさせていただいたのであります

まずは入り口の場所 地図ではこちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

朝日トンネルを寸又峡温泉へと抜けた先
寸又峡との境寸又川沿いに旧道が存在します
(注 国土地理院の地図では旧道が消去されてます)
イメージ 4

その下流側を見ると目的の旧道は↑このようにガードレールで
現在は封鎖されております
イメージ 5

朝日トンネルが開通してから30年余り
その年月の間に旧道は御覧の通りになってます
草木が生えコケも道に生えております
では早速ガードレールを飛び越え廃道にGO!
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

歩き始めますといかにも廃道らしい廃道
わけのわからない建物や看板が寂れた状態で残ってます
で、見えてきたのが丸い標識
イメージ 10

これがヨッキれんさんによるとブック式の標識なんだそうです
イメージ 11

上部半分がめくれるようになっており、その裏には

専用林道 この林道の通行には十分注意して下さい 千頭(せんず)営林署

と書かれているそうです
わたくしもこれをめくってみようと思ったのですが
上部が錆びた針金で留めてあり、いかにも針金を外したら壊れそうだったので
無理をすることはやめておきました
こんなブック式の看板なんて非常に珍しいと思われます

で、この先からが旧県道77号部分になります
このブック式看板から朝日トンネルまでは寸又(川)左岸林道
いうことになるのです
イメージ 12

この先、右手には以前までは橋が架かっていたようですが
今は取り壊されて残っていません
イメージ 13

イメージ 14

現在、その橋の袂はガードレールで封鎖されており
対岸には同じような景色が見えてます
尚、ここにあった橋は大間橋と呼ばれていたようです
イメージ 15

ここを対岸から渡ってくると道路案内標識が今も残ってます
イメージ 16

↑左方向は今歩いて来た寸又(川)左岸林道
イメージ 17

右方向に行けば島田69キロ 千頭15キロと案内されてます
このまま旧県道を進みます
イメージ 18

イメージ 19

ここから一応舗装路
寸又川沿いに進むのですが、川が氾濫した時に
ガードレールまでもひし曲げてしまったのでしょうか?
無残な状態でガードレールが行く手を邪魔しています
イメージ 20

イメージ 21

↑今来た道を振り返っての画像二枚
イメージ 22

イメージ 23

ストレートなコンクリート舗装の道を行きますと
目の前、上部にはわたくし完抜の寸又(川右岸)林道が見えてます
イメージ 24

そしてこの先大きくカーブを曲がるとついに例のあれが見えてきます
イメージ 25

イメージ 26

恐怖の崩落個所出現です
中編に続く・・・

蛇足 わたくしの記憶では30年ほど前にここを車で走ってます
   この寸又川沿いのコンクリート舗装にわずかに記憶があるのです
   このように確か狭い道でした
   その時は男女四人で夢の吊り橋に行ったのでした
   遠い遠い昔の話ですけれどもw