元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

関市 関善光寺

岐阜県関市善光寺に行って来ました
こちら数年前にブームになったお寺
イメージ 2

ラグビー五郎丸選手 
その五郎丸ポーズ仏像があるとして人気になった場所です
場所はこちら
イメージ 3

安桜(あさくら)山の麓にあります関善光寺
ちょっと場所がわかりにくいですが、近くまで行くと案内看板も出ております
イメージ 1

イメージ 4

駐車場に車を停め、境内へと上って行きます
イメージ 5

イメージ 6

ブームはとっくに去ったはずですから大して参拝者もいないだろうと思ったら
意外に多くの方が見えたのでした

境内に入ってすぐ左手にその五郎丸ポーズの仏像があります
イメージ 7

↑こちらの大日堂の中にその仏像が・・・
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 11

実のところ、ラグビーに全く興味のないおっさんはこれを見ても
『ふ~~~ん』でおしまいw
『ああ!これがそうなのね・・・』

おっさんの目的はこちらにあるB級スポットと呼ばれるものに興味があったのです
イメージ 24

イメージ 10

その目的はこの目の前の本堂にあります
イメージ 12

↑こちらの卍(まんじ)戒壇です

全国の寺院には戒壇巡り(胎内巡り)が54ヵ寺あると言われており、その中でも卍字型戒壇巡りとしては日本に唯一のもので長さ四十九メートルに及び、古くは僧侶の修行の場として作られたと云われております。
此の暗所の道をたどることによって人間の心身を清め弥陀に導かれて必ず極楽へ往生することが出来ると言われています。
また戒壇巡り内にある仏性の鍵を触ると幸運に恵まれると言われ、その鍵に触れ心の中でお願い事を唱えると信心に依り一切の罪が消滅しお願い事がかなうとも言われています。
さまざまな御利益を求め、戒壇巡りを巡る人々が後を絶ちません。
HPより拝借
イメージ 16

イメージ 13

イメージ 14

本堂の右手に地下へと続く道があります
この中が真っ暗気でして壁だけを頼りにぐるりと一周出来るのです
これがこちら自慢の卍戒壇です
ほんと真っ暗で全く前が見えませんからちょっとビビります

ちなみに料金(拝観料)300円取られますw
撮影も禁止(ってか真っ暗気だから撮影しても意味がありませんが)
あと騒ぐのも禁止です
おっさんの前にいた餓鬼3人は騒いで住職さんに怒られてました

中は迷路のようになっていて暗闇の中から錠前を探し触れるのが目的
肝心の中は実は卍の形をしていません(参考こちら
戒壇と言いながら実は卍ではない・・・
まあそこはご愛敬ということにしておきましょう

でも面白いですよ お勧めです
おっさんは昔、京都清水寺の胎内巡りも経験してます
個人的には清水寺の方が面白かったのですが・・・
彼女を連れて一度はどうぞ 
暗闇の中ですから間違って体に触っても許されますw
(決してそんなこと勧めているわけではありませんよ
わざとそんなことしたら罰が当たりますよw)

本堂横の十王堂には閻魔(えんま)大王がいます
イメージ 21

イメージ 15

イメージ 17

ちょっと色あせて手入れのされていない閻魔大王
色はカラフルですが埃だらけで迫力がありません・・・

この横にあったのが
イメージ 18

イメージ 19

おびんづるさま なで仏
このおびんづるさまを撫でたあとに
自分の体の悪いところをさすると治ると言われているようです
おっさん体中さすっておきました(もちろん頭も)
おびんづるさま、ちょっととぼけた顔をしてみえるので
その効果がちと不安です
イメージ 20

イメージ 22

イメージ 23

尚、境内に犬は連れて行けませんからご注意のほど・・・
今回のB級スポット参考記事はこちら