元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

奥板山真寄勢林道 2018 後編

前編からの続きです

奥板山真寄勢(まきせ)林道立体交差を抜けて行きます
イメージ 1

イメージ 2

ここより少し下ると、森氏さん記事にされた崩落現場がありました
イメージ 3

イメージ 4

森氏さん8月に見られた時は崩落直後だったのでしょうか?
バイクは抜けられないとのことでしたが
現在はバイクも抜けれるような感じに軽く工事してありました
(車はさすがに無理ですが・・・)
おお!これなら!と有難く通らさせていただきます
イメージ 6

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

本来なら探索はここまでの予定でしたが
ここが通過出来たのでこのまま国道256号まで下って行ってみることに・・・
イメージ 10

イメージ 11

下って行きますとこちらも中美濃(なかみの)林道同様
道が陥没しておりました
イメージ 12

イメージ 13

そして岐阜県関市洞戸高賀(こうか)地区が見えて来ます
イメージ 15

高賀神社の大鳥居が見えたら林道終わりであります
イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

こちらの林道入り口はA型ゲートで軽く封鎖してあるだけであります
場所はこちらです
イメージ 21

ちなみにここにあります大鳥居
日本一幸世(しあわせ)大鳥居と呼ばれているそうです
イメージ 18

イメージ 19

御影石で造った鳥居としては日本最大だとか・・・
イメージ 27

イメージ 20

イメージ 22

さてここより国道へと更に走りますと・・・
イメージ 23

↑こんな変わった建物を横目に見ながら・・・
イメージ 24

イメージ 28

イメージ 25

イメージ 26

神水(しんすい)庵の横を通り、国道に出ることが出来ます

この神水庵はあのQちゃんこと高橋尚子さんが給水とした水として有名

シドニー五輪女子マラソンで金メダルに輝いた高橋尚子選手が給水に使用し、
一躍有名になった「高賀の森水」
その取水口となる場所が「高賀神水庵」です。
平成8年に地元の高賀神社氏子さんたちが、高賀神社参道わき(高賀谷戸)で、
地下約50mの井戸を掘り宮水として利用したのが始まり。
毎年20万人以上の人がこの水を汲みに集まるという、
高賀癒しの郷自慢の吊水の庵です。
入庵の時、初穂料100円をお支払ください。

1回に2個(1個に付き、上限20リットルの容器)まで汲んでいただけます。
土日は終日行列ができるほどの大盛況で、
大きなポリタンクを抱えた人で賑わいます。
(参考こちら

昔は無料だった気がするのですがね・・・
100円でも多くの人が汲みに来てましたが
もしかしたらQちゃんのようにパチンコ依存症になるかもしれませんよw
イメージ 29



奥板山真寄勢林道、基本通行止めではありますが現在バイクなら通れます
面白みは少ないですがお暇な方は一度どうぞ