元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

ホハレ峠 恒例 秋の紅葉ラーツー Cさんの呪いの巻

毎年恒例(平日限定)の秋の紅葉ラーツーに行って参りました

が、その前に一言お詫び申し上げます
Cさん(もちろん仮名)ごめんなさい

折角、今年の参加を希望されてみえたようですが
肝心の主催者発表に依(よ)りますと
なんと事前告知を忙しさの余り忘れたようです
(あくまでも主催者側の一方的な発表ですw 
沢田研二さんのように事情があったかも知れませんw)

Cさん、今年は有休の取りやすい職場へと移動され
いつでも参加出来る状態だったのに、肝心の主催者側がポカしたようです
これにはさぞかし無念でしょう、悔しいでしょう
その心中、深くお察しいたします
心苦しくはありますがわたくしが主催者に成り代わりまして
深くお詫び申しあげます


さて本題
11月某日(もちろん平日であります
主催者は雨男を自認するAさん
(Cさんに配慮して今回の参加者は全て仮名とさせていただきます)
同じく主催者であり同じ雨男のBさん
今回参加予定だったCさん
わたくしと同じ毎年参加(あくまでも参加者のポジション←これ大事w)Dさん
Dさんはすでに今回の紅葉ラーツーを記事にされてますが
Cさんのことを思い、リンクは遠慮させていただきました)
そして今年初参加のEさん

過去ラーツーは鳥越峠鳥越林道に行っていたのですが
今年はその滋賀県側・岐阜県側ともども崩落があり通れず
そのためツーリングの場所を今回はホハレ峠に変更したのでした

当日の集合場所は岐阜県揖斐(いび)郡揖斐川町
道の駅 夜叉が池の里 さかうちに朝9時半でした
わたくしは徹夜明けでしたので、その時間には間に合わないものですから
直接ホハレ峠入り口に向かうこととしてました
イメージ 1

途中、その道の駅に立ち寄ってみますと
AさんBさんEさんの車が停めてありました
彼らはホハレ峠に行く前に鳥越林道岐阜県側を視察すると聞いてましたので
遅れたわたくしはそのままホハレ峠入り口に向かいました

そこに向かい国道を走っていますと一台のスクーターを見かけます
イメージ 4

イメージ 2

Dさんでした
おや?どうしたのか?と伺いますと、どうやら集合時間に遅れた模様
約束の道の駅に誰もいませんものですから
仕方なく独りホハレ峠入り口に向かっていたようです
『あれ?彼らは鳥越林道に崩落を見に行ってますよ
知りませんでした?』
なんとここでも主催者側の連絡ミス Dさんにそのことを伝えていなかったのです
偶然にもわたくしと出会ったものですから事情がわかった次第
もしかしたらDさん、怒って帰っていたかも知れませんよ
主催者さん、報・連・相(ほうれんそう)は大事ですよw
イメージ 3

さて、ホハレ峠入り口↑にてみんなの到着を待つ二人 場所ここ
イメージ 12

ところがいくら待っても彼らが現れません
待てど暮らせども・・・
Aさんのことだからまたよからぬ橋等でも見つけて
寄り道(迷走)してるのではないのか?
そんないらぬこともで考えてみたりもしますw
ようやくその彼らがやって来たのは1時間余り経ってから・・・
(いやあ 待った!待った!ほんと待ちくたびれましたよ)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 10

イメージ 5

イメージ 8

やっと参加者全員揃ったところで目的のホハレ峠に出発
が、空の雲行きが何となく怪しくなってきます
それまで晴れていたのにも関わらず雨がポツリ・ポツリと・・・
(ここはさすが雨男の面目躍如ですw)
まあそれでもみんなで峠に向かって見ることに・・・
 ここでなぜかAさんが車で行くと言い出したのです
はあ???Aさんのバイクではホハレ峠は難しいのだとか・・・
なんと主催者さん、勝手に今回の趣旨を変える始末w
これではラーツーのツーの意味がないんでは???w)
3台のモンキー+スクーター+なぜか車?
で峠に向かったのはいいのですが・・・
イメージ 9

イメージ 11

1キロほど進んだ個所で無情の通行止め
何だ?何だ?こんなの聞いてないんですけど・・・
イメージ 13

イメージ 14

BさんEさんがこれを無視して突っ込むのですが、あえなく撃沈
工事のおっさんが出て来て
『大型(トラック・ダンプ)が通るからダメだ!』
とお叱りを受ける羽目に・・・
イメージ 18

のある同じ揖斐川町内ではありましたが
ここはその看板ではなかったのにマジで通れませんでした・・・
(そう言えばいびがわマラソン今週末です 工事間に合ったのでしょうか?)

なんとも消化不良の今年の紅葉ラーツー
肝心の紅葉もイマイチでして画像はありません

それでも気を取り直し、みんなでお食事タイムとすることに・・・
河岸(かし)を変えまして、坂内バイクランドの屋根下に移りました
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

みんなで楽しくお食事タイムでしたが・・・

でも・・・今回の紅葉ラーツーの敗因、わたくしだけはわかってます
それは・・・

Cさんに声を掛けなかったからです

これぞ!Cさんの呪いに相違ありませんw
ホハレ峠に行けなかったのも、雨が降り出したのも多分Cさんの呪い・・・

来年は主催者さん、このようなことのないようよろしくお願いいたします
みんなで楽しくラーツーしましょう!

今回参加されたみなさんお疲れ様でした
byただの参加者の立場の者より(ああ気が楽だw)

AさんBさんの各記事はまだでしょうか?w
AさんCさんより罰ゲームを受けたようですね 
ご愁傷様ですw チーン・・・


追記
この記事は未来記事で書いてます(すでに4日ほど前に書き上げてます)
その時間差でBさんがやっと記事にされたようです
(もちろんリンクはしませんが・・・)
でもその内容を読むと、肝心のCさんのことには一切触れておりません
Cさんからの報復を恐れてのことでしょうか?w
その証拠にその記事のコメント欄までわざと閉じております
(翌日にはなぜか開放すると言うトリックを用いてますw)
Cさん、どうぞ彼にも罰ゲーム与えて下さいw 構いません
でもわたくしには罰ゲーム、どうかご勘弁願いますw マジ勘弁・・・
(どうせ彼らと同類だ!と多分わかってお見えでしょうけれどw)

Aさん、次はあなたの記事のアップの番ですよ 重い腰上げて記事書きます?
それともこのままボツにしますか?
これ、美味しいネタなのはご承知でしょうけれど・・・
下見などと申しても無駄な足搔(あが)きですよw
(いくら友達限定記事にしたとしてもどうせバレますよw)



わたくしはBさんのようにコメント欄は閉じません
(だって後ろめたいことはないから!←きっぱりw)
でも初めに申した通り、今回の登場人物は全て仮名にしております
みなさん、それが誰だか?あいつに間違いない!と
かったとしてもコメントにはご配慮いただきまして
その仮名のままお書きくださいますように・・・
また参加されたメンバーの方々も
あたかもそれはご自身のことではなく
あくまでも他人のこと・別人のことだとして
しら~~とコメントいただきますように
よろしくお願いいたしますw



最後にCさん
今年は非常に残念でしたので来年に是非期待していただきたいのですが
実は今年より一部ルール変更がございましたのでご報告しておきます
今年よりバイクでの参加は基本50CC限定となりました
なんだ!そりゃ?と思われましょうが
これはBさんがモンキーを購入されたことが大きいのです
期せずしてみなさん50CC乗りとなりましたので
このようにルールが変わった次第です
来年までにご用意いただきますようによろしくお願い申し上げます 敬具