元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

金華山(岐阜城)登山 前編

おっさん、何を思ったのか金華山岐阜城に登って来ました
年を取れば誰しも足腰が弱くなるもの
元気なうちに一度チャレンジしておこうかな?などと思いながら・・・
(我ながら年寄り臭い発想ですがw)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

金華山自体は我が家から比較的近くにあります
まずは山麓にあります岐阜公園の有料駐車場に車を停めます
(一回300円
で、そこに停めて現地案内図を見たところ・・・
イメージ 3

おっさん、全く知らなかったのですが、金華山に登るには3コースあるようです

めい想の小径(こみち)
馬の背登山道
百曲がり登山道

(実はまだこのほかにいくつかコースがありましたけど)
ちなみに事前に調べて見たのがこの記事
行きは1時間 帰り20分とのこと
この記事がどのコースで行ったのか?全く気にせず見ていたので
現地についてびっくり あれ?一本ではないのか?
さてさてどのコースで行くべきか?
イメージ 4

めい想の小径コースは名前からして簡単そうに思えます
(実は帰りに歩きましたが、名前とは裏腹に厳しいコースでした)
馬の背コースは上級者向けか?
と思い百曲がりコースを選択
イメージ 6

イメージ 7

岐阜公園内を横切り、それらしき登山道入り口を探します
イメージ 8

で、見つけたのがこれ↑
この矢印に従って進みましたところ・・・
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

なぜかここで別のコース、七曲り登山道コースに進路変更
(そりゃ100回曲がるより7回の方が楽だからw)
その先、民家を抜けて行くとその七曲り登山道入り口がありました
イメージ 12

イメージ 14

場所ここ
イメージ 13

イメージ 15

↑車を停めた場所からここはかなり離れてます
これならもっと近くに停めれば良かったと思ったけどそれは後の祭り・・・
イメージ 16

イメージ 17

坂を上って行くと森の中へと入って行きます
イメージ 18

よくよくこちらの看板を読みますと、この七曲り登山道はファミリー向けコース
ちょっと優しいコースを選びすぎたかな?とは思いますが
これはこれでおっさんには十分厳しい・・・
イメージ 19

ちなみに山頂までは1,6キロあります(約40分とされてます)
金華山自体は標高329メートルです
イメージ 20

案の定、道中にはお子様連れの方も見えまして
こんなとこで息を切らしてるおっさんちょいと恥ずかしいw
イメージ 21

イメージ 22

こんなとこバイクで走ったらどんなに楽(楽しい?)なのか?などと
変態ライダーのようなことを考えますが、それはさすがにご法度
イメージ 23

600メートル進んだところで、タイムは約15分
おっ!これはおっさんにしてはなかなかではないのか?
(リュックを背負った背中は熱くなってきてます)
イメージ 24

このコース、道幅は広いので大変歩きやすいのが特徴
なるほどファミリーコースであります
イメージ 25

イメージ 26

趣(おもむき)のある石の階段を上ると分岐箇所
イメージ 27

右は唐釜ハイキングコース
山頂へと続く本線を登山慣れしたような老夫婦の後をおっさん付いて行きます
イメージ 28

で、そこをトレイルランしてる方が簡単に我々を追い抜いて行くのです
歩くのさえ辛いのに、こんなとこ走るとは?
ある意味わたくしにするとこの方は変態ですねw 変態ランナーですw
イメージ 29

で、ここからがきつかった!
急坂がず~~~~と続くのです
イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

対向してくる方々は楽しそうに降りて行きますが
こっちは全く楽しくないw うっすら汗も噴き出して来ます
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

↑この奥さんはめっちゃ楽しそうに飛び跳ねるように降りて行きましたよ
(幼い子供を旦那に任せてねw)
イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

ここを必死に登り切りますと金華山ロープウェイ山頂駅
リス村の真横にたどり着くわけでございます
イメージ 39

イメージ 40

続く・・・