元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

旧・国道148号 湯原洞門+湯原覆工

前回からの続きです

 

旧・国道148号の反対側に回ってみました

その入り口はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

新潟県側から長野県側に湯原トンネルを抜けた先に

鋭角に曲がるように入り口があります

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201109061807j:plain

↑この湯原温泉 猫鼻(ねこはな)の湯の看板が目印です

f:id:poseidonttzr:20201109062110j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109062145j:plain

こちらを入って行きますと、すぐに洞門が現れます

f:id:poseidonttzr:20201109062424p:plain

f:id:poseidonttzr:20201109062502j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109062538j:plain

湯原洞門なんですが、ご覧の通りここより先は通行不可

f:id:poseidonttzr:20201109062717j:plain

右は温泉へと続く下り坂

f:id:poseidonttzr:20201109063126j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109062814j:plain

しかしこちらは脇が甘く、人間様は簡単に通れます

(バイクでは段差があって厳しい)

では、こちら側から歩いて向かってみましょう!

f:id:poseidonttzr:20201109063009j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109063041j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109063159j:plain

こちらもやはり小谷(おたり)村の資材置き場となっておりました

(ナンバー付きの2トンダンプ 一応鍵が掛かってました

これって村所有のダンプなんでしょか?)

f:id:poseidonttzr:20201109063436j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109063511j:plain

緩やかに坂を上って行き、大きなカーブを曲がると・・・

f:id:poseidonttzr:20201109063614j:plain

f:id:poseidonttzr:20201109063641j:plain

先ほど探索した国界洞門へと通じるのでした

 

旧・国道148号、一応今でも通ることは出来ます

現道の非常時用に残してあると思われるのですが

まあ見た通りほぼ放置状態となっていたのでした

旧道好きならここは一度は拝んでおきましょうね

なかなかの楽しい道ですよ

わたくしのお勧めは初代・国界橋です 必見です!

 

 

さて帰りに気付いたこと・・・

f:id:poseidonttzr:20201109064052j:plain

この湯原洞門、反対側はお名前が違いました

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201109064340j:plain

湯原覆工(ふっこう)だったのです

と言うことはここは湯原洞門+湯原覆工が正しいかと?

f:id:poseidonttzr:20201109064708j:plain

工事のために開いた部分を、一時的にもとに戻し、

に使えるような状態にすることを、覆工という。

たとえば、地下工事で土を搬出した後を、通れるように仮に覆うこと。

この時に使う鋼鉄製の部材を覆工板という。

 

↑この説明で考えると、湯原覆工はの状態のままだと思えるのですが・・・

大丈夫?w