元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

三峰川林道 2019 第四章

第三章からの続きです

 

またもや三峰川に架かる橋が見えてきました

これも渡って見ますw

f:id:poseidonttzr:20191117172015j:plain

場所こちら

f:id:poseidonttzr:20191117175659p:plain

こちら地図では手前より下りる道がありますが

現在はそんな道はなく、奥の方からしか下りて行けません

f:id:poseidonttzr:20191117175502j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117175908j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117175946j:plain

こちらもお名前がありませんので(仮)瀬戸峡2号橋とさせていただきます

幅は軽で一杯一杯な感じ・・・

f:id:poseidonttzr:20191117180127j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117180159j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117180230j:plain

橋を渡った先は広場・空き地となっておりまして、ポツンとそこに・・・

f:id:poseidonttzr:20191117180427j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117180354j:plain

雨量計があるだけなのでした・・・

 

実は予想なんですが、ここは分校跡ではないか?と思えます

(関連記事こちら

その記事(三峰川の奥地へ)に・・・

 

杉島から奥はダート道で普段ゲートが閉まっており普通車は入れません。
かつての廃屋、分校跡、段々畑、石垣などが森の中に現れます。

かつての生活の痕跡が残っています。

森林鉄道の跡もところどころに残っています。

 

↑こう書かれてます

雨量計ってわたくしの通った小学校にもありましたから

ここがその分校跡ではないか?と睨んでおります

てか?こんなとこに橋なんて意味がないんですよね

分校があったとすれば納得が行きます

f:id:poseidonttzr:20191117181301j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117181339j:plain

そして次に現れるのが、その森林鉄道跡の橋です

f:id:poseidonttzr:20191117181424j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117181505j:plain

こちらは林道脇すぐに橋が架かっておりました

f:id:poseidonttzr:20191117181618j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117181700j:plain

さあこれも渡ってみましょうw

ってか!めっちゃ橋の幅が狭いんですが・・・

こんなとこ本当に鉄道が走っていたんでしょうか?

(注 この橋が森林鉄道跡とはもちろん帰ってから知りました

先ほどの関連記事にこの橋も紹介されてます)

f:id:poseidonttzr:20191117181947j:plain

床はレールがそのまま使われていますよ

f:id:poseidonttzr:20191117182055j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117182132j:plain

こちら紅葉も良くって最高でしたね

f:id:poseidonttzr:20191117182234j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117182312j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117182520j:plain

橋の先は右に折れて、その先、沢のところで道がなくなっていました

f:id:poseidonttzr:20191117182735p:plain

地図ですとこのまま先ほどの分校跡まで破線で道がつながってるようですが

今は完全に廃道と化したようです

f:id:poseidonttzr:20191117183000j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183043j:plain

こちら一応(仮)瀬戸峡3号橋と呼ばさせていただきます

f:id:poseidonttzr:20191117183242j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183319j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183401j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183425j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183505j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117183546j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117155258j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117155336j:plain

そして今回の目的のひとつ

こちらにあったとされる小瀬戸ノ湯の存在を確認いたしまして

(これは拙山神のブログ2改にてすでに記事にしてます)

いよいよ三峰川第二発電所に到着です

 

続く・・・

 

三峰川林道 2019 第三章

第二章からの続きです

 

(仮)瀬戸峡1号橋((仮)浦桃ノ木橋))を後にしまして

本線、三峰(みぶ)川林道を進みます

f:id:poseidonttzr:20191117164601j:plain

林道から見えたアルプスの山

もう雪が積もっておりましたよ(10月の終わり)

f:id:poseidonttzr:20191117164738j:plain

走っていますと、林道入り口で見たパジェロミニが停まっておりました

こんなとこで何をしているんでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20191117164916j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117164952j:plain

その先に小さな橋(塩沢橋

この辺りは塩平(しょべら)地区となるようです

f:id:poseidonttzr:20191117165217j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117165315j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117165412j:plain

この橋の先に分岐があるのです

f:id:poseidonttzr:20191117165750p:plain

f:id:poseidonttzr:20191117165602j:plain

この分岐、左側が田城原高原から抜けて来た道

f:id:poseidonttzr:20191117165926j:plain

こちらがKさん林道浪漫さんたちが走ってきた道です

f:id:poseidonttzr:20191117170055j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117170143j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117170219j:plain

柏木地区から延々約17キロほど大回りしてここに抜けたようですが

林道入り口からですとたったの約4キロほど・・・

この差は大きいですよね

f:id:poseidonttzr:20191117170507j:plain

この先、本線は工事中の案内が出ておりましたが

この日は日曜日w

予想通り工事関係者さんはお休みでした

f:id:poseidonttzr:20191117170701j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117170737j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117184631j:plain

↑バイクが途中に隠してありました 使えるのかな?w

 

そしてまたもや分岐

f:id:poseidonttzr:20191117170942p:plain

f:id:poseidonttzr:20191117171029j:plain

左手、まっすぐに進むのが丸山谷林道

林道浪漫さんによればダート1.5キロ以上あるとのことです

(地図ではやはりピストンです)

f:id:poseidonttzr:20191117171613j:plain

(ちなみにこの丸山谷林道も田城原市ノ瀬林道(仮称)

今回は走っておりません 次回の宿題とさせていただいてます)

本線は右に橋を渡って行きます

f:id:poseidonttzr:20191117171535j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117171745j:plain

そしてまた三峰川に架かる橋が見えて参ります

f:id:poseidonttzr:20191117171902j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117171940j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117172015j:plain

はい!もちろんこの橋も確かめに渡っておりますw

今回はひとつひとつ橋を確かめておりますので

記事が長くなることをご了承下さいw

 

次回第四章(仮)瀬戸峡2号橋3号橋となります

 

 

今回もサービスショットをお届け

地区の更に奥にある奥浦林道へと進む途中から見た三峰川林道です

f:id:poseidonttzr:20191117172523j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117172602j:plain

↑こんなとこを走ったのです いいでしょ?w

(一番最初のアルプス画像はこの林道の個所から見上げたものです)

 

三峰川林道 2019 第二章

第一章からの続きです

(その第一章、一部画像を手直ししておきました 

はい!また実は再訪したのですが詳しくは後々の記事にて・・・)

 

では改めまして林道にGO!

f:id:poseidonttzr:20191117111153j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117111231j:plain

舗装された三峰(みぶ)川林道を進みます

(舗装区間は林道入り口から約2キロほど先まで)

舗装はされてはいますが、余り手入れはされていないようで

ところどころ陥没していたりもします

f:id:poseidonttzr:20191117111525j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117111559j:plain

しばらく進みますと桃ノ木地区に・・・

f:id:poseidonttzr:20191117111708j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117111817j:plain

この桃ノ木地区は現在はもちろん廃村

誰も住んではおりませんが、一部養蜂園の場所として使われているようです

(夏だとこの辺りもしかして蜂が飛んでいるかも知れません)

f:id:poseidonttzr:20191117112050j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117112137j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117112218j:plain

しばらく走りますと右手下に三峰川に架かる橋が見えてきます

実はこれが前回書いたその③の裏ルート!

 

こちらの橋、国土地理院地図には出ておりません!!!

f:id:poseidonttzr:20191117112736p:plain

f:id:poseidonttzr:20191117112838p:plain

航空写真ですとこの橋を見ることが出来るのです

おお!もしや対岸の地区よりこの橋を渡って三峰川林道に入れるのでは?

 

はい!この情報は実はKさんに以前に教えられていたのです

そのKさん、すでにこれを浦地区より確かめられているのですが・・・

記事はこちら(2017年8月)

しかし残念ながら浦地区からは途中で道がなくなってるようです・・・

(実はこれを今回再訪して確かめて来たのです)

 

と、言うわけでこの橋を林道側より確かめに行ってみました

f:id:poseidonttzr:20191117114638j:plain

↑この先を右へと下りて行き、九十九折(つづらおり)を下って行きますと・・・

f:id:poseidonttzr:20191117114821j:plain

川岸に出まして目の前に橋が見えるのです

が、しかし橋の袂にアプローチする道が今はなくなっているのです

無理やりそれらしい道にモンキーで上がりまして、無事袂に到着

f:id:poseidonttzr:20191117115253j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117115130j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117115209j:plain

はい!バイク一台が通れるだけの木製床の橋

残念ながらこの橋にはお名前がございません

(この後もいくつか三峰川沿いに橋が出てくるのですが、どれもお名前がないのです)

ここではとして瀬戸峡1号橋別名、浦桃ノ木橋とさせていただきます

f:id:poseidonttzr:20191117115630j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117115706j:plain

↑橋から見た下流

f:id:poseidonttzr:20191117115815j:plain

↑同じく上流

三峰川の水は周りが粘土質の土なんでしょか?

汚く灰色になっております

 

で、問題の対岸側ですが・・・

f:id:poseidonttzr:20191117120047j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120133j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120234j:plain

何となく道が右方向に続いているのです

が、実はこの先はこの時は調べていないのです

実に惜しいことをしました!

この先を確かめておけばその③ルートがあるのか?ないのか?が

判明したのですが・・・

f:id:poseidonttzr:20191117120459j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120540j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120609j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120648j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120719j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120753j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117120832j:plain

この橋、折角架けられたのですが一体何のためだったのでしょう?

普通に考えれば浦地区と桃ノ木地区を結ぶ橋だったと考えられるのですが

今はその桃ノ木地区には誰もいませんから用無しとなったのでしょうか?

何とももったいないような・・・

でも裏ルートとして現在も使えるのなら役に立つのですがね?w

 

 

ちなみにこの辺りに群生してる草

これがめっちゃ服に付くのです

これが付くとやたら痛くて痒いのです

f:id:poseidonttzr:20191117121220j:plain

↑これです

ほんと出来るだけ近寄らないようにしましょう!

付くとあとがほんと大変ですw

 

 

 

サービスショット

f:id:poseidonttzr:20191117121403j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117121444j:plain

↑これが浦地区の林道終点から見たその瀬戸峡1号橋

Kさん、あの林道を行くと随分上流方向に出てしまうのですよ!

これだと橋を渡ったら左に行かなくてはいけないのです

でも道は右方向に続いていたのです

あの道からは行けないのか???

これにつきましてはまたいつか紹介いたします

 

第三章に続きます

 

三峰川林道 2019 第一章

長野県伊那市にあります三峰(みぶ)川林道

こちらを昨年訪問したのですが、その頑強なゲートを見て突入を諦めております

f:id:poseidonttzr:20191113163649j:plain

(詳しくはこちら 三峰川林道 ゲート編

こちらを今回(今年)も訪ねたのですが、その頑強さは何ら変わっておりませんでした

(優しくなることなんて有り得ませんがw)

f:id:poseidonttzr:20191113164445j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113164527j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113164601j:plain

↑ちなみに数年前に初めて来たときは共通キーでした

それがいつの間にかデインプルキーに変わったのでした

 

昨年と今年変わったことと言えば、今回はモンキー仲間の

akatora-nekoさんが同行していることです

一人より二人、三人寄れば文殊の知恵とばかり

文殊の知恵には一人足りませんがw)

二人でこの頑強ゲートを何とかしようという計画です

 

 

さてさて、その前に実はこの三峰川林道、裏ルートが存在するんですよね

 

その① 中尾桃ノ木林道です

三峰川林道の西側を走るコースなのですが実は・・・

f:id:poseidonttzr:20191113165824j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113170246j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113170337j:plain

こちらは柏木地区を抜けてどんどん進みますと途中で大崩落しているのです

(詳しくは中尾桃ノ木林道 前編 後編をご覧ください)

これは今年、三峰川林道へと続く県道212号から中尾桃ノ木林道を見上げた時にも

やはり手付かずの崩落したまんまでした

残念ながらこの中尾桃ノ木林道の裏ルートは現在も使えません

 

その➁ 田城原市ノ瀬林道(仮称)

林道浪漫さん記事

(林道名は林道浪漫さん命名 正しくは市ノ瀬ではなく市野瀬と思われるが・・・)

f:id:poseidonttzr:20191113171614g:plain

尻木宇豚堂さん記事

 

実は過去にこのお二人が国土地理院の地図にも出てないコースから

三峰川林道へと抜けて見えるのです

これを今年は是非確かめようと思っていたのですが

このコースを盟友Kさんに先駆けされたのでしたw(今年5月)

その記事こちらこちら

 

ちなみにその田城原市ノ瀬林道(仮称)の入り口はこちら

f:id:poseidonttzr:20191113172917p:plain

f:id:poseidonttzr:20191113172958p:plain

柏木地区の入り口に・・・

f:id:poseidonttzr:20191113173308j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113173337j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113173404j:plain

仙丈ヶ岳の登山道の駐車場の案内が出ております

そう!この裏コースは登山道を行くコースなのです

ここを入って上って行きますと・・・

f:id:poseidonttzr:20191113173607j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113173644j:plain

その駐車場が右手にありまして、奥に水道施設らしきものがあります

更に奥に進むと森林部分になり

f:id:poseidonttzr:20191117110416j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117110454j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117110528j:plain

f:id:poseidonttzr:20191117110557j:plain

田城原高原へと抜けられるようなのですが・・・(バイクのみらしい)

実は現在はこのコースも通り抜け出来ないようです

(これはKさんの記事のコメントにおーたなさんが書かれています)

f:id:poseidonttzr:20191117110646j:plain

↑この看板は今回訪れた10月末には掲げられてました

Kさんが行った5月にはありましたか?

おーたなさんもこれを今回ご覧になられたのでしょうか?

 

と言うわけで現在三峰川林道を攻略するには正面突破しか方法がないようです

(実はその③ルートも鋭意調査中なんですが・・・)

f:id:poseidonttzr:20191113175049j:plain

で、この日来てみたらゲートの先に電動自転車が二台置いてありました

これ山梨多摩から見えた三人組の方々のもの

なんと偶然にも我々と同じ目的でこの三峰川林道に見えていたのです!

三人寄れば文殊の知恵がいきなり五人になったのですw

もうこうなれば簡単ですw

f:id:poseidonttzr:20191113175437j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113175557j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113175525j:plain

はい!なぜかモンキーが一台増えて三台になってます 

と三色揃ってますw

(三人の方のお一人がモンキー乗りでした)

f:id:poseidonttzr:20191113180054j:plain

f:id:poseidonttzr:20191113180128j:plain

では林道にGO!

 

第二章へと続く!

 

 尚、このダイジェスト版は拙山神のブログ8アメーバブログ)にて

すでに記事にしてます

 

 

おまけ

f:id:poseidonttzr:20191113180752j:plain

ゲート前であれやこれやしていた時、パジェロミニが一台

ゲートを鍵で開けて奥へと進んで行きました

この方、その後も出会ったのですが森林関係者でもなく

奥のダム関係者・工事関係者でもありませんでした

釣りっぽかったのですがなぜに合鍵を持っていたのでしょう?

実に不思議なんでした・・・

でも『君たちも通ってもいいよ!』とは決して口にはされませんでしたw

これを我々は羨ましく見ていただけなのでしたとさ・・・w

 

(仮)杉ノ谷林道 後編

前編からの続きです

 

間違えた分岐から本線を進みます

f:id:poseidonttzr:20190929125511j:plain

坂を上り続けやっと峠らしき付近に・・・

f:id:poseidonttzr:20190929125626j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929125703j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929125738j:plain

ここよりは天生(あもう)峠に向けてやや下り気味にトラバースして行きます

この辺り標高は1400メートルほど

この日はご覧の通りの快晴、やや暑い日だったのですが

さすがに高所、日陰部分に入りますと肌寒いのでした

 

そして再び分岐個所

f:id:poseidonttzr:20190929130159p:plain

f:id:poseidonttzr:20190929130241p:plain

f:id:poseidonttzr:20190929130657j:plain

右に支線があるのですが、ここもやっぱり鉄塔の保守道でした

f:id:poseidonttzr:20190929130805j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929130836j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929130901j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929130935j:plain

行ってみたら案の定、行きどまりでしたw

この辺りまで来ますと飛騨市河合(かわい)町宮川町

遥か向こうに見渡すことが出来ます

これはなかなかの景色

ここまで来た甲斐があったというものです

(天生峠に行ったことのある人はご存知でしょうが

天生峠からは何にも景色が見えないんですよね

少し峠から離れればこんな景色が見えるのでした)

f:id:poseidonttzr:20190929131450j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929131532j:plain

本線を走りますと↑こんなでっかい落石

(これはKさん記事のトップ画像として使われてますね)

そしてやっと終点、天生峠に到着です

f:id:poseidonttzr:20190929132003p:plain

f:id:poseidonttzr:20190929131851j:plain

はい!Kさんが抜けることの出来なかったゲートがそこに待ち構えているのでした

f:id:poseidonttzr:20190929132145j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929132225j:plain

もちろんゲートには鍵が施してあります

f:id:poseidonttzr:20190929132332j:plain

右脇にはロープが二本・・・

f:id:poseidonttzr:20190929132435j:plain

これを外して失礼したいのですが、この駐車場先左手には・・・

f:id:poseidonttzr:20190929132756j:plain

天生湿原へと向かう遊歩道のところに監視員・係員がいるのです

丁度そこからこのゲート右脇が丸見えなんです

流石に丸見えの中をここを突破するのは難しいw

f:id:poseidonttzr:20190929133059j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929133242j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929133954j:plain

かくしてわたくしもKさん同様、ここの突破は諦めたのでした・・・

f:id:poseidonttzr:20190929134125j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929134155j:plain

(仮)杉ノ谷林道、最後の最後、天生峠ゲートがどうにもなりません

結局はピストンになることをご理解下さいw

 

おまけ

下小鳥(しもおどり)ダムです

f:id:poseidonttzr:20190929134540j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929134937j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929134606j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929134648j:plain

f:id:poseidonttzr:20190929134841j:plain

こちらのダム湖畔の対岸林道も興味を持ったのですが

その入り口からして草ボーボーでした・・・

廃道かも知れません(地図上ピストンですが・・・)

 

(仮)杉ノ谷林道 前編

さて今回は盟友Kさんパクり記事ですw

その記事はこちら 河合PA~天生峠林道(仮)

 

この記事を見ましてあの天生(あもう)峠に通じる道が

国道360号以外にもあったことを始めて知りました

これは是非行ってみなきゃ!とチャレンジです

 

まずはその入り口 場所はこちら

f:id:poseidonttzr:20190927115630p:plain

岐阜県飛騨市河合(かわい)町保(ほ)地区 県道478号

下小鳥(しもおどり)(ダム)湖、その湖畔から入って行きます

f:id:poseidonttzr:20190927120327j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927120404j:plain

県道途中にあります栗ヶ谷橋の袂より東海北陸自動車道 飛騨河合PA方面に入ります

栗ヶ谷川に沿って上がって行きますとそのPAが見えてきます

f:id:poseidonttzr:20190927120825j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927120903j:plain

高速の下まで来ましたら川を渡りPA 上り線側へと向かいます

f:id:poseidonttzr:20190927121151j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927121226j:plain

その上り線側出口には飛騨市街・天生峠→の看板が出てるのですが

これは正式なルート案内(県道478→国道360)

これから目指すのは同じ天生峠に向かうその裏ルートでありますw

 

ちなみにですね、このPAに車を停めて(デポして)モンキーに乗り換えて

ここから行くのが簡単ではないか?と当初考えたのですが

f:id:poseidonttzr:20190927121700j:plain

このPAからは車・バイクはもちろん人さえ出ることは出来ないのでした・・・

(下り線側PAも同じでした)

いいアイデアだと思ったのですが、NEXCOさんが許してくれませんでしたw

 

その上り線側PAの横を抜けますと

f:id:poseidonttzr:20190927121931j:plain

その奥にダートの道が待ち構えていたのでした

おお!ここだ!ここだ!

f:id:poseidonttzr:20190927122119p:plain

ではここよりモンキーに乗り換えます

f:id:poseidonttzr:20190927122232j:plain

では早速林道にGO!

f:id:poseidonttzr:20190927122339j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927122425j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927122500j:plain

走り始めるとすぐに小さな橋

栗ヶ谷川の支流 杉ノ谷を渡ります

こちらの林道名はどこにも表示されておらず

Kさんは河合PA~天生峠林道(仮)とされてますが

わたくしはここを(仮)杉ノ谷林道と呼ばさせていただきました

Kさんごめんなさいw)

f:id:poseidonttzr:20190927123732j:plain

走り始めて100メートルほどでいきなりチェーンゲートが現れます

f:id:poseidonttzr:20190927123857j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927123924j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927123952j:plain

しかし大丈夫、脇は甘いですからw

f:id:poseidonttzr:20190927124055j:plain

この日はこのチェーンゲート手前にジムニーが一台

おや?同業者か?と思えたのですが・・・

(このジムニーの持ち主さんにはこの後、林道で出会いました

自転車に乗って林道を下ってみえまして

どうやら植物採集だったようです)

 

さてこのチェーンゲートを抜けますと、道は舗装されてます

ええ、未舗装区間はたったの100メートル強ほどだったのです

これには正直がっくり・・・

 

これも実は林道あるある

最初だけ未舗装であとは舗装済の林道って意外にあるんですよね

騙されて入って見たらがっくりって・・・

入り口だけ未舗装にしておけば一般の人は入ってこないだろう・・・

と、でも考えた造りなのでしょうか?

我々は逆に喜んで入るのですが、結果我々の方が騙されるのですw

 

さてその舗装された林道を上って行きます

f:id:poseidonttzr:20190927124906j:plain

なんと!またまたチェーンゲートです

なんだよ!ふたつも必要ないじゃないか!

f:id:poseidonttzr:20190927125017j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927125049j:plain

ここにSKCの鍵が掛かっていると言うことは

ここから国有林と言うことなんですね

飛騨森林管理署のテリトリーとなるのです(天生国有林

でもこちらも脇が甘く、簡単クリア

更に坂を上って行きます

f:id:poseidonttzr:20190927125847j:plain

ところどころに↑こんな路肩の崩れたところがありますから注意です

f:id:poseidonttzr:20190927130006j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927130030j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927130101j:plain

下小鳥湖も見えてます

この林道、舗装済みなのはいただけませんが景色がいいのが救いです

f:id:poseidonttzr:20190927130242j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927130317j:plain

気持ちよく晴れた天気の下、坂をどんどん上ります

f:id:poseidonttzr:20190927130446j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927130513j:plain

その山の先には鉄塔がいくつか見えてます

そう!こちらはKさんも書いてますが

この林道は鉄塔の為の保守道・保安道でもあるんですよね

その見えている鉄塔に近づいて行きます

f:id:poseidonttzr:20190927130817j:plain

その先、分岐にたどり着きます 場所こちら

f:id:poseidonttzr:20190927131030p:plain

こちら非常に紛らわしく、道なりだと右方向だと思えるのです

f:id:poseidonttzr:20190927131203j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927131242j:plain

道なりに正直に進んで見たところ、ダートに変わりまして

f:id:poseidonttzr:20190927131352j:plain

f:id:poseidonttzr:20190927131424j:plain

最後は鉄塔の下まで行って行きどまりでした

そう、この林道が保守道でもあることに

みなさんご理解いただけましたでしょうか?

 

見事騙されたことに気付き、先ほどの分岐へと戻ります

後編に続きます

 

上高地乗鞍林道C区間 安房峠 中の湯温泉側 2019

前回からの続きです

 

上高地乗鞍林道C区間の今度は反対側

安房(あぼう)峠 中の湯温泉側を確かめに行きます

こちらも前回の2017年にも確かめております

(その記事こちら

前回はこちらにもありますゲートより進みましたところ

何とたったの300メートル先で工事が行われており敗退

 

さすがにもうその工事もあれから2年

終わっているだろうと思っておりました

(普通はそう考えるw)

 

肝心の場所はこちらです

f:id:poseidonttzr:20190920171520g:plain

f:id:poseidonttzr:20190920171606g:plain

ところが今回来てみたところ

f:id:poseidonttzr:20190920171644j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920171715j:plain

またしても工事中

あらま?また新たな工事でもしてるのか?

(普通はこう考えるw)

f:id:poseidonttzr:20190920171837j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920172014j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920171911j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920171941j:plain

とは言え、工事していようがしていまいが、ゲートがあることには

2年前と何ら変わっていないだろうことは百も承知

とりあえずはこのゲートを失礼いたします

f:id:poseidonttzr:20190920181531j:plain

で、実はこの時、ゲート先から歩いて戻って来た方々と遭遇いたしました

この先を聞いてみたところ

『崩落してるよ』とのお返事

これを聞いてまた新たな崩落が起きたのだ!と思ったのですが・・・

(多分この方々は植物採集の趣味の方か?)

f:id:poseidonttzr:20190920172222j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920172252j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920172323j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920172351j:plain

ここにはまだこちらの林道が現役で有料道路だった時代の

料金表がしっかり残っております

さあでは林道にGO!

 

と、やはり前回同様入り口から300メートルほど走りましたら・・・

f:id:poseidonttzr:20190920172610j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920172646j:plain

な・な・なんと2年前の同じ個所をまだ工事をしていたのです!!!

なんだ?まだ治っていなかったのか???

長野県及び工事関係者のみなさんには大変失礼な物言いですがw)

信じられない!

またもやここで今回もアウトだったのです・・・

f:id:poseidonttzr:20190920173302j:plain

↑2年前の状況

確かに工事は進捗はしているのですが

まだ完了はいたしておりませんでした・・・

 

でもここで簡単に引き返すのも悔しい

と言うわけで工事現場を失礼して、その先を確かめてみることに・・・

f:id:poseidonttzr:20190920173543j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920173627j:plain

工事現場を過ぎますとその先に大きな盛り土がされてました

あれ?道がなくなった???

近づいてみますと・・・

f:id:poseidonttzr:20190920173810j:plain

その盛り土の脇がどうにか歩けます

これならバイクでももしかして?などと考えながら進みますと・・・

f:id:poseidonttzr:20190920173947j:plain

2003以来放置されたままのC区間がやはり顔を出すのでした

ああ・・・やっぱダメだわ・・・

f:id:poseidonttzr:20190920174200j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920174233j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920174306j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920174340j:plain

ガードレールも簡単に折れ曲げてしまうような巨大な倒木がありまして

これは到底モンキーでは乗り越えれません・・・

f:id:poseidonttzr:20190920174542j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920174617j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920174647j:plain

その先は何とか普通に走れる感じではありましたが

いくら工事が終わってのあの盛り土を撤去していただき

ついでに倒木も片付けていただかないことには

結局はこちら側は工事終了後もバイクでは走ることは出来ません

どうか工事関係者のみなさんにお願いです

お手数ですが盛り土とついでに倒木の撤去を

ひとつよろしくお願いいたしますw

f:id:poseidonttzr:20190920174937j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920175009j:plain

f:id:poseidonttzr:20190920175042j:plain

きっとまた来年もこちらの工事状況を確かめに行くこととなるでしょうw

今度こそと願いつつ・・・

f:id:poseidonttzr:20190920175203j:plain

ちなみにですね、この崩落個所

C区間を制覇されたこちらの記事を読みますと

2013にはすでに崩落していたようです

と、言うことで2017年より工事が始まったと思われます

一見、廃道なのか?と思われるC区間ですが

なぜか長野県はこの崩落工事に着手しております

C区間=廃道ではないということなのでしょうか?

とは言え全線通ることが出来るようにするには無茶な話

どこまで手を付けるのでしょう?長野県さん?

 

また来年それも含めて確かめたいと思います