元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

茨川林道

前回の坂下峠 神大滝林道 三重県側の帰りに大回りして

立ち寄ったのが茨川(いばらがわ)林道です

 

こちらは廃村茨川があるとこで有名な林道

が、個人的には廃村には興味がなく

この林道がピストンのため

これまでその林道の入り口を見た以外

一度も足を踏み入れたことのない林道でした

今回神大滝林道が消化不良だったこともあり

始めてこの林道を走ってみました

 

その入り口はこちら

f:id:poseidonttzr:20190319151432g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319151452g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319151513g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319152553j:plain

国道421号のちょうど登坂(とはん)車線の始まるあたりに

林道への入り口があります

ここを入りますと

f:id:poseidonttzr:20190319152811j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319152841j:plain

茨川林道の起点がすぐにあります

これを左に行き川を越えると道はダートに変わります

f:id:poseidonttzr:20190319153015j:plain

で、これがひどい穴ぼこだらけの道なのであります

多分工事車両が頻繁に出入りしてるのでしょうね

お陰で車が汚れることは間違いありません

泥だらけになることを覚悟してお進み下さい

f:id:poseidonttzr:20190319153635j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319153705j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319153756j:plain

橋を渡った先に案内板

ここよりおおよそ10キロ先に廃村茨川があるようです

で、ここより川沿いに走って行くのですがほぼフラットダートの道

これと言った景色もなく単調な道が続きます

(むしろ道の凸凹を避けることに夢中になります)

 

2キロほど進みますと・・・

f:id:poseidonttzr:20190319154136j:plain

橋の先に突如、隧道が現れます

f:id:poseidonttzr:20190319154243j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319154312j:plain

折戸隧道であります

わたくしこの林道に隧道があったなんてちっとも知りませんでした

これはちょっとした喜び

f:id:poseidonttzr:20190319154522j:plain

その後もいくつもの谷を越えて行きますと・・・

f:id:poseidonttzr:20190319154625j:plain

先に一台の軽トラが見えて参りました

これてっきり釣り人か?なんかなのか?と思っておりましたら

その軽トラのすぐそばまで来たら突然道がなくなっていたのであります

f:id:poseidonttzr:20190319154827j:plain

そう!ここが茨川林道の終点だったのであります

f:id:poseidonttzr:20190319154935j:plain

わたくしいつの間にやら気づいたら10キロも走っておりました

この川の先にちらりと見えますのが廃村茨川なのであります

f:id:poseidonttzr:20190319155121j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319155150j:plain

残念ながらその川の向こうに行くべき橋は架かっておらず

川を歩いて渡る以外方法がありません

f:id:poseidonttzr:20190319155327j:plain

夏場なら少々濡れても構わないかも知れませんが

まだ寒いこの時期に冷たい川に入る気はわたくしには毛頭ありません

と、言いますがそこまでして廃村を見たいとも思いませんものですからw

f:id:poseidonttzr:20190319155551j:plain

もしかしたらこの軽トラはその廃村の元住民の方のものだったかも知れません

 

茨川林道、やっぱりピストンでありました

帰りには観光(?)であろうパジェロミニジムニーに乗ったお二方とすれ違いました

やはりここは地味に人気があるようです

林道好き・廃村好きには知られた場所のようです

平日は工事してる可能性が高いので

日曜に行かれることをお勧めします

でも行ってもまた戻るだけの道ですよw

 

坂下峠 神大滝林道 三重県側 2019

これまでこちらのブログ、新・山神のブログ4としてきましたが

今回よりタイトルを元祖・山神のブログと一新して

主に林道ブログとして再スタートいたします

よろしければ見てやって下さい

 

その第一回目は三重県滋賀県を結ぶ坂下峠 神大滝林道であります

その坂下峠 神大滝林道の過去記事はこちら

坂下峠 神大滝林道 2019 前編 後編

 

その滋賀県側は前回の後編記事で紹介いたしております

今回は前回には入り口だけ確認した三重県側を走ろうと言うものです

 

今回、同行するメンバーはモンキー仲間のお二人

セロ尾さんakatora-nekoさんであります

今回のセロ尾さんの記事はこちら

f:id:poseidonttzr:20190318150013j:plain

道の駅関宿に集合ののち、寄り道亀山市関町の〇っそり堂

目的の神大滝林道 三重県側入り口にたどり着きます

場所はここ

f:id:poseidonttzr:20190319105832g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319105905g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319105923g:plain

f:id:poseidonttzr:20190319110115j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319110158j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319110501j:plain

こちらのゲートのやらしさに付きましては前回の記事を参照に・・・

尚、やはりこちら監視カメラありとされてますが

セロ尾さんもそれははったりだと申してました

みなさんご安心下さいw

f:id:poseidonttzr:20190319110428j:plain

さて3台のモンキーで林道にGO!なんですが

この時雨がパラパラ降りだしまして非常にやばい状況

それでも特攻隊長セロ尾さん、突進です

f:id:poseidonttzr:20190319110704j:plain

が、やはり山の天気をなめては行けません

案の定、上に行けば行くほど雨脚がひどくなる一方

f:id:poseidonttzr:20190319111012j:plain

2キロほど走った先、アスファルト舗装終了地点まで行ったところで

これ以上は無理、降雨ノーゲームと判断したのでした

f:id:poseidonttzr:20190319111305j:plain

f:id:poseidonttzr:20190319111334j:plain

本当はここからが坂下峠の最大の難所、一番面白いとこの始まりなのですが

お天道様にはやはり勝てません

やむなく3人、この場でリベンジを誓い引き返したのでした

f:id:poseidonttzr:20190319111545j:plain

本来、山で食べるはずだった昼食を河岸(かし)を変え

国道1号線脇の東屋でいただくことに・・・

大変美味しかったのですが、やっぱりこれを山でいただきたかったですね

 

と言うわけで今回は消化不良のゲームでした

次月必ず3人でリベンジする予定であります

待ってろ!坂下峠

なにこれ珍百景 その19 道の駅 『十郎太』

長野県下伊那郡平谷(ひらや)村 

国道418号線沿いで見つけた看板です

f:id:poseidonttzr:20161222171333j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222172047j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222172530j:plain

 

ここのとっちゃいけねえだ

道の駅『十郎太』店に連絡しまっしよ!

 

へっ!?栗ってどこに成ってるの?

この日はすでに初冬でしたから、栗の収穫等はすでに終わっており

栗の木らしき木も今は見当たりません

看板の内容から誰か勝手にこの辺りの栗を取る

輩(やから)がいるのだと思えるのですが

一体?道の駅『十郎太(じゅうろうた)』ってどこにあるの?

 

わたくしも色んな道の駅にお邪魔してますが

さすがに道の駅『十郎太』は存じません・・・

丁度この場所が平谷村十郎太ですから

勝手に道の駅と名乗ってる店でもあるのかな?と思うのですが

この看板の先には国道沿いに古い民家があるのみです

f:id:poseidonttzr:20161222174653j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222174928j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222173744j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222174310j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222185219j:plain

 

どうやらこの道沿いに養魚場五平餅あまご塩焼のお店が

あったようですが、現在はやってないようです

そこが勝手に道の駅と名乗っていたのか?と思うのですが・・・

(ただし道の駅の看板などはありませんでした)

 

で、まあおかしなこともあるもんだと

このまま先にある道の駅 信州平谷に立ち寄ってみたところ

なんと!十郎太というお店がこちらにありました!

f:id:poseidonttzr:20161222175900j:plain

f:id:poseidonttzr:20161222180143j:plain

 

それもなんと道の駅の敷地内ではなく、道の駅のお隣りにありました

そう!正しくは 道の駅の隣りの十郎太 だったのです

なんと紛らわしい看板の書き方でしょうねw

場所こちら

どうやらこの十郎太というお店は田舎料理のお店らしいです

 

のちのち調べてみると、田舎料理の十郎太は文字通り十郎太の住所にあったのですが

現在は移転してこの道の駅のそばで営業されてるようです

参考 

まつのやのつまさん 

記事こちら 平谷村の田舎料理【十郎太】引っ越してOPEN!

ねばろぐ ~長野県根羽村から平谷村、そして阿智村~

さん

記事こちら 平谷村「十郎太」のおばあちゃんは今日も元気

 

折角、栗泥棒を見つけても、看板に番号等が書いてありませんので

お店の情報記載しておきます

 

お食事処十郎太
ボリューム満点の田舎料理の味わえるお店

418号線沿いの郷土料理屋「十郎太養魚店」が移転したお食事処。

十郎太のおふくろの味はそのままに、

地元の野菜をたっぷり使ったさまざまな料理が自慢です。

ボリューム満点の定食をどうぞ。

電 話  0265-48-2801

営業時間 11:00~21:00

定休日  月・火曜日

おすすめ 十郎太定食、唐揚げの甘酢がけ定食、トマト煮込みスープ

f:id:poseidonttzr:20161222182252j:plain

 

↑ ぴーかん.netより

 

出来れば看板もっとわかりやすくしてくださいねw

(ちなみにこの看板すぐ近くにもう一枚あります)

 

南木曽町 南木曽温泉 貴泉館

2015年の3月をもって閉館した

長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町

南木曽温泉 貴泉館(きせんかん)

 

こちらは施設への入口である木曽路が閉館したとともに閉鎖になりました

このことはブログ2でも書いてます 記事こちら

貴泉館の場所はこちら

国道256号を走るとホテル木曽路の先の山の上に貴泉館が見えてきます

f:id:poseidonttzr:20161202183055j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202183203j:plain

 

こちらへ行くには木曽路館の敷地内からゴンドラで施設のある山の上まで
行くようになってました

f:id:poseidonttzr:20161202175328j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202175025j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202175157j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202175459j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202175612j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202175719j:plain

 

もちろん今はそのゴンドラは稼働してませんし

肝心の木曽路館にも入ることは出来ません

なんとかして貴泉館が見れないかと考えた末に見つけたのが

近くにある鳥居から山へと延びる散策道

f:id:poseidonttzr:20161202180456j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202180637j:plain

 

ところがこの散策道は山の上まで来たらその先はありません・・・

で、仕方なく山の中を草をかき分け突進したのでしたw

その先に貴泉館がありました

f:id:poseidonttzr:20161202181011j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202181134j:plain

 

もちろん中に入ることは出来ません

玄関前にはゴンドラがぽつんと停まってました

f:id:poseidonttzr:20161202181422j:plain

 

とりあえず外観だけでも見ておこうとぶらり散策します

f:id:poseidonttzr:20161202181623j:plain

 

ここは一応エステも出来る高級温泉施設だったらしく

それらしい建物が残ってました

ちなみにこの奥、右手にはなぜか鳥居があり、場違いな感じがすごいですw

起丘稲荷大明神と呼ぶらしいです)

f:id:poseidonttzr:20161202182414j:plain

 

眺めのいい場所だったことも確認し、戻ろうとした時

f:id:poseidonttzr:20161202183633j:plain

 

ふと気になる個所を発見 壁越しに覗いてみたら・・・

f:id:poseidonttzr:20161202183827j:plain

 

露天風呂を発見!

もちろん湯は張られていませんが

露天風呂からの景色はなかなかではなかったか?と思われる造りでした

ちなみにこちらは男女入れ替えだったようで

露天風呂は男湯になったり女湯になったりしたそうです

もちろんそれを教えていただいたのは

いつも温泉記事でお世話になってる  さん記事です

 

泉質 アルカリ単純温泉

効能 冷え性/関節痛/神経痛/筋肉痛/疲労回復/慢性消化器病/五十肩/運動麻痺/健康増進/ 

   病後回復期/関節のこわばり/くじき/打ち身/

営業 通年 10:00~20:00(冬期は~18:30、受付は~閉館50分前)

料金 大人1、500円(高っ!さすがは高級温泉ですw)

 

さて目的を果たしたら今度は施設へとつながっていた道から帰ることにします

もう山の中をかけ入りながら歩くのはゴメンでしたw

f:id:poseidonttzr:20161202184732j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202184900j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202185042j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202185206j:plain

 

鋭角に曲がるカーブのところには

展望台(ホワイトガーデン)薬師堂がありました

カーブの先は急な下り坂

f:id:poseidonttzr:20161202185527j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202185656j:plain

 

立入禁止の山道は多分木曽路館へと続くであろう道です

f:id:poseidonttzr:20161202185947j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202190536j:plain

 

道路脇には桜の記念樹も植えてありました

↓ は猿田彦神社です

f:id:poseidonttzr:20161202190750j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202190934j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202191200j:plain

 

で、この道どこに辿り着くか?と言えば・・・

f:id:poseidonttzr:20161202191406j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202191500j:plain

f:id:poseidonttzr:20161202191700j:plain

 

ホテル木曽路のちょっと先(別館さくら苑の先)に行ったところへと出ました

残念ながらここからは貴泉館には行けないようゲートがしてあります

実はホテル木曽路内からも貴泉館への道があるようなんですが・・・

f:id:poseidonttzr:20161202191935j:plain

 

やはり車での通行は出来ないようでした

 

今回は廃業温泉探索と言うより廃業温泉への冒険のようでしたw

恵那市 鹿の湯温泉 料理旅館 鹿の湯

岐阜県恵那市にある非常にマイナーな温泉です

あまりこちらの温泉記事を見たことがなく

わたくしも偶然近くを通って発見しました

鹿の湯温泉 料理旅館 鹿の湯です

 

で、こちら一応HPには日帰り温泉の案内がプラン・料金のところに

案内してあるのですが、電話して伺ってみたところ、

残念ながら食事込みでしか日帰り入浴は出来ないとのことです 残念

やはり料理旅館ですから、料理が必須なようです

(これは以前紹介した同県中津川市栗本温泉 料理旅館 藤

一緒です)

 

こちらの場所はこちら

県道72号和田川沿いに進むと宿への入口があります

f:id:poseidonttzr:20161127170001j:plain

f:id:poseidonttzr:20161127170851j:plain

f:id:poseidonttzr:20161127171134j:plain

 

ここより私道のような道を進んで行くと、突き当りが宿になります 

f:id:poseidonttzr:20161127171409j:plain

f:id:poseidonttzr:20161127171533j:plain

f:id:poseidonttzr:20161127171635j:plain

 

こちら駐車場に車を停めますと、宿の犬が吠えて来ますから驚きます

 

さてこちらはラジウム温泉です

恵那市中津川市にはラジウム温泉が非常に多いです

 

薬師如来様に守られた霊泉(ラジウム泉)にゆっくりとつかって
旅の疲れを癒してください。

(湧き出でた霊泉(15・5度)は、沸かし湯にしております。)

 

霊泉=冷泉ですw

f:id:poseidonttzr:20161127172048j:plain

f:id:poseidonttzr:20161127172112j:plain

 

↑ 一応上段のお風呂が女湯 下段が男湯だそうです

どう見ても女湯の方がいいですよねw

HPのようこそのコーナーには屋上に露天風呂があるとしてあります

非常に興味が湧くのですが、のみは不可なようです・・・

こちら一日三組限定の霊泉の湧き出る素朴な宿だそうです

 

お隣り長野県木曽郡南木曽(なぎそ)町

滝見温泉 滝見の家

一日一組しかダメだったので、こちらの方がキャパが大きいですw

 

こちらの宿のブログ 毛鹿母便り 毛鹿母って何と読むのでしょうか?

非常に気になるのですが、調べてもわかりません・・・

 

なおお隣りの中津川市加子母(かしも)にも鹿の湯がありますが

どうやらこちらは温泉はないようです

HPにも何も書かれてません・・・

いつかそちらも調査してみたいです

 

中津川市 湯の洞温泉 薬師の郷 湯の洞温泉

岐阜県中津川市にあった湯の洞温泉

数年前に休業したままとなってます

その理由等は不明ですが、のぞきに行ってきました

 

こちらはなんと言っても非常にわかりにくい場所にあります

その場所こちら

場所の悪さから休業になったのではないか?と思えるほどです

f:id:poseidonttzr:20161118181121j:plain

 

現在は温泉への入口はチェーンで封鎖されております

見るからわかる通り林の中に施設はあります

f:id:poseidonttzr:20161118181346j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118181446j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118181607j:plain

 

建物は今も現存してますが、玄関前には雑草が生えている状態であります

建物が残っていると言うことは再開の芽があるのでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20161118181940j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118182055j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118182207j:plain

 

建物の廊下沿いの窓から中をのぞくと

男湯・女湯の入口 休憩所を見ることが出来ました

まさか未だに暖簾(のれん)が掛けっぱなしとは思いませんでしたw

う~~んまだ再開する気があるのでしょうか?

 

こちらは

ラジウムを堪能できる温泉!

浴槽は内湯一つと、とてもシンプルな造りになっており、

浴室は締め切られラドンの水蒸気を吸うことが推奨されています

だったそうです

 

いつも温泉記事でお世話になってる  さん

ここが営業中の時には訪れてレポートされてます

記事こちら

なんと温泉マニアの  さん

ここを訪れていたとは驚きでしたw

その記事はこちらです

 

ちなみにここは先に述べた通りここ数年休業中なんですが

なんとエキテン口コミが一件寄せられてます

なんとその日付 2016年2月 記事こちら

いやいやはいけませんよw 違反もいいとこですw

営業してないのによく感想が書けたものですねw

口コミ投稿でポイントがもらえるようですから、それ目当てでしょうか?

五つも点けて満点扱いですが、もしや身内の方でしょうか?w

ここは間違いなく数年前から休業してますw

 

ちなみに湯の洞温泉で検索すると

同じ岐阜県美濃市湯の洞温泉もヒットするのは紛らわしいです

美濃市の方は立派に営業中でありますw

 

なにこれ珍百景 その18 芸術の秋

あちこちで見かけた芸術の秋の作品です

(別に秋でなくても見ることは出来るのですが・・・w)

 

まずは国道256号 岐阜県中津川市で見かけたもの

f:id:poseidonttzr:20161118163102j:plain

 

国道沿いに軍人さんらしき肖像が立ってます

で、よく見るとあたりにいっぱい肖像があります

f:id:poseidonttzr:20161118163332j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118163429j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118163546j:plain

 

妙にリアリティのある作品ばかりです

↑ 最後の一枚は小屋の中をのぞくヘルメットをかぶった軍人さんでしょうか?w

実はここ3年前にも前を通っております

その時には・・・

f:id:poseidonttzr:20161118163956j:plain

 

↑ 雪をかぶった軍人さんバージョンw

ほかにも

f:id:poseidonttzr:20161118164111j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118164146j:plain

 

こんなんがあったのですが、今回は見当たりませんでした

作品として売れたのか?はたまた壊されたのかは一切不明です

 

さてところ変わって、次は滋賀県高島市より

f:id:poseidonttzr:20161118164551j:plain

 

熊さんに乗った金太郎です

ここにはいっぱい動物の肖像が置いてありました

f:id:poseidonttzr:20161118164804j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118164920j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118165037j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118165154j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118165322j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118165443j:plain

f:id:poseidonttzr:20161118165632j:plain

 

果たしてこれらがどこかの園地から引き揚げたものなのか?

はたまた売れ残ったものなのか?詳細は一切不明です

放置されてるから持ち帰ろうとしても、くそ重たいから止めておきましょうねw