元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

女鬼隧道 度会町側

前回からの続きです

 

新女鬼(めき)トンネルを抜けまして

今度は三重県度会(わたらい)郡度会町側から

女鬼隧道を目指します

 トンネルを抜けても実際には同県多気多気内なのですが

便宜上、度会町側とさせていただきます)

[http://:title]

反対側は県道119号よりトンネル右手の旧道奥を覗きますと

すでに女鬼隧道が見えております

f:id:poseidonttzr:20210114133742j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114133812j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114133844j:plain

その旧道への入り口にはやはり車止めがありまして徒歩で向かうこととなります

f:id:poseidonttzr:20210114134017j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114134047j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114134114j:plain

トンネルを横目に歩いて行きますと、すぐに入り口前に・・・

f:id:poseidonttzr:20210114135053j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114135313j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114135346j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114135421j:plain

こちらは驚いたことに封鎖されたはずの扉が開いておりました

見るからに近所の糞餓鬼どもがいたずらをして

この扉を開けたのでは?と思えます

(この手前に花火がいくつか落ちてましたので奴らっぽい

下手・馬鹿ないたずら書きも奴らの仕業?

もしかしたらその連中の中にがいたかもw)

 

こちら変わっておりまして縦の閂(かんぬき)で封鎖されていたのですが

よくぞこんなのを奴らは開けたものです

こう言うことには奴らは知恵が回るのでしょうw(←ほかに使え!w)

とは言え、勝手に(お陰で!とも言う)扉は開いてますから中を伺うことに・・・

f:id:poseidonttzr:20210114140249j:plain

中はもちろん真っ暗気ですからライトを持参して突入です

f:id:poseidonttzr:20210114140625j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114140347j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114140411j:plain

路面は舗装済 壁には電灯跡とその配線がめぐらされてました

f:id:poseidonttzr:20210114140557j:plain

↑途中、地面に落ちていたバンパーらしき部品

何でこんなものが落ちているのでしょう?

(これには正直ドキッとした)

f:id:poseidonttzr:20210114140821j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114140849j:plain

こちらは距離は大したことがありませんので簡単に反対側に到達

 

  • 全長:103m
  • 幅:4.0m
  • 高さ:4.6m

参考ウィキペディア

もちろん反対側は完全に閉まっておりますから開くはずがありません

こちらトンネルとしての役目を終えて約15年ほど

今でも利用しようと思えば使えそうな女鬼隧道なのでした

 

 

さてこちら後から調べたら心霊スポットとして

有名な場所だったようです

しかし鈍感なのか?そう言った霊感を全く感じないわたくし

ここが心霊スポットだと言われても『えっ?これが?』状態でした

まあわたくしに言わせればそうと知ってなければ

これはただの廃隧道ですから

知らぬが仏だったんでしょう(幸いとも言うべきか?)

今回は逆に下調べしなくて正解でしたでしょうか?

 

尚、こちらにうさ★ネコサンドさん2008年に訪れてみえます

記事こちら

その時はわたくしとは全く逆で

多気町側の扉が開いてまして、度会町側が閉まっていたようです

 

女鬼隧道 多気町側

こちらのブログのメインである林道ネタは今は時期的にございません

どなたかのような林道馬鹿ではわたくしありませんものですから

冬のこの時期は林道には足も向けず・・・

 

と、言うわけでのネタであります

 

今回訪れたのは三重県多気多気にあります

女鬼(めき)隧道であります

(と、言っても偶然走っていて見つけただけですが・・・

よって下調べなどは一切しておりませんでした)

 

場所はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

県道119号多気町中心部から

同県度会(わたらい)郡度会町に向けて走り

伊勢自動車道を抜けますと目の前に

新女鬼トンネルが見えて来ます

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20210112060549j:plain

f:id:poseidonttzr:20210114135126j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112060624j:plain

そのトンネル手前、左手にあります道が女鬼隧道へと続く旧道であります

こちらいきなり通行止めとありますが・・・

f:id:poseidonttzr:20210112060848j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112060919j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112060945j:plain

これは旧道に入ったすぐの脇の道の水道工事の為に通行止めというもの

本線・旧道を行くことには基本問題はないのですが

旧道自体、結局はすぐに車止めがあるため、通行止め状態と何ら変わりはありません

f:id:poseidonttzr:20210112061305j:plain

基本この旧道は誰も通りませんから

工事業者(ベルテクノ)は平気のよっちゃん

ここに仮設トイレを設置してる有様です

 ベルテクノってキッチンメーカーだと思っていたのですが

  水道工事もしていたのですね?

f:id:poseidonttzr:20210112061640j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112061737j:plain

その旧道を歩きだせば、すぐに倒木登場

まぁこの道はに近いものがあると言う証拠か?

 

  • 1932年昭和7年)三重県道119号松阪度会線として整備開始。
  • 1934年昭和9年)-女鬼トンネル(女鬼隧道)開通[1]
  • 1996年(平成8年)-新女鬼トンネル開通。これにより、旧女鬼トンネルは役目を終える。

ウィキペディア参照

f:id:poseidonttzr:20210112062215j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112062935j:plain

緩やかに上りながら軽くカーブを曲がると、ついに・・・

f:id:poseidonttzr:20210112062247j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112062443j:plain

女鬼隧道が登場です

f:id:poseidonttzr:20210112062533j:plain

しかしながらその入り口はしっかり閉ざされてまして

更には土砂まで入り口を覆ってまして隧道内に入ることは不可能

f:id:poseidonttzr:20210112062622j:plain

f:id:poseidonttzr:20210112062837j:plain

残念無念、こちら側からは隧道内は確認することが出来ないのでした

f:id:poseidonttzr:20210112063247j:plain

ちなみにこの扁額に書かれた文字は・・・

(この書くことを揮毫(きごう)ふでふるう」)

呼ぶそうです)

 

 余談

よく他人様の穴の記事を読みますとこのような難読文字が出てくるのですが

意味がわからぬことが一杯

も少し優しく書いていただけませんかね?w

せめてフリガナでもふっていただきますと

こちらも調べることが出来るのですが・・・

まぁそうは言ってもその記事を読むのは

同じの貉(むじな)さんばかりですから

わざわざ素人読者に向けてふりがな・説明文は付けないでしょうがw

 

トンネル入り口に掲げられている「女鬼隧道」の文字は

当時の三重県知事である早川三郎の筆。

 

達筆なのか?汚れているのか?はっきりとは読めませんね

 

普通ですと穴好きの方々はこの隧道を目の前にして

この造りはどうだ!こうだ!とおっしゃいますが

わたくしはただの下手の(穴の)横好き

ふ~~~んでお終いでありますw

 

では今度は反対側に回ってみましょう!

続く・・・

 

阿寺タツガヒゲ林道 長野県側ゲート

前回からの続きとなります

 

岐阜県中津川市付知(つけち)

長野県木曽郡大桑村阿寺(あてら)をつなぐ

阿寺タツガヒゲ林道

前回お知らせした通り、残念ながら県をまたいではつながっておりませんでした

 

では長野県側のゲートはどうなっているのでしょう?

林道浪漫さん記事には2012年当時のゲートが撮影されておりますが・・・

(勝手にコピペするのは失礼なので、各自記事をご覧下さい)

 

ゲートの場所はこちら

f:id:poseidonttzr:20210106133710p:plain

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

国道19号から木曽川を渡り

ひたすら阿寺川に沿って舗装路を突き進みますと

阿寺渓谷キャンプ場に突き当たります

[http://:title]

残念ながらストリートビューはここまで・・・

肝心のゲートはこの先、キャンプ場の駐車場入り口にあります

f:id:poseidonttzr:20210106135157j:plain

この左手がキャンプ場の駐車場でして

まっすぐ進んで阿寺タツガヒゲ林道に入ろうとすると

鉄壁のゲートがあるのです

(これは林道浪漫さんが見られた時と変わっておりませんでした)

f:id:poseidonttzr:20210106135427j:plain

木曽森林管理署お得意のディンプルキーですね

右側は・・・

f:id:poseidonttzr:20210106135611j:plain

の字に曲がる、人専用通路

これではモンキーでも通れません(自転車も無理)

f:id:poseidonttzr:20210106135926j:plain

ゲート下の隙間もわずか40センチしかなく、これもモンキーでも無理

f:id:poseidonttzr:20210106141521j:plain

左側は側溝になっているのですが、しっかり金網が施されてます

畜生!やるな!木曽森林管理署!と言った具合ですw

 

ゲート右は川で無理、左に雑木林があるのですが・・・

(↓の画像はゲートの先から見てます 雑木林は逆、右側になります)

f:id:poseidonttzr:20210106140329j:plain

f:id:poseidonttzr:20210106140456j:plain

キャンプ場の駐車場から雑木林の中を人なら簡単に通れるのですが

ここをバイクで通るのは正直厳しいです

段差がありますのでそう簡単には行きませんね

 

と言うことで、長野県側ゲートはやはり鉄壁でした

とは言え、林道愛好家としてはいくら岐阜県につながっていないと

わかっていてもやはりここは何とか攻略したい

 

はい!来春(来年)の記事を楽しみにして下さいw

f:id:poseidonttzr:20210106142136j:plain

f:id:poseidonttzr:20210106142254j:plain

f:id:poseidonttzr:20210106142327j:plain

この阿寺川沿いに林道入り口まで続く道

(一応サファイアロードなどと名付けられている

誰がこんなくだらない名前を付けたのか?)

その道中には森林鉄道跡の橋も現存しております

[http://:title]

森林鉄道好きの方、橋好きの方、よろしかったら訪ねて見て下さい

 

阿寺タツガヒゲ林道 岐阜県側 2020 後編+細桶林道

前編からの続きです

 

阿寺(あてら)タツガヒゲ林道 岐阜県

いよいよ佳境に!

f:id:poseidonttzr:20210104051142j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104051217j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104051524p:plain

小さなを渡り、大きく右へと曲がって行くと・・・

(ちなみに手前にある分岐道は現在は存在いたしません)

その先、鋭角なカーブに出るのですが

f:id:poseidonttzr:20210104051828j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104052230j:plain

実際にはここには鋭角に曲がらずに、そのまま進む道が存在するのです

f:id:poseidonttzr:20210104052035p:plain

この国土地理院地図にも出てない道が

実は本当の阿寺タツガヒゲ林道なんです

では鋭角に曲がる地図に書かれている道は?と言いますと・・・

f:id:poseidonttzr:20210104052349j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104052424j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104052457j:plain

細桶林道なんであります

ほそおけ、もしくはほそけと読むのでは?)

f:id:poseidonttzr:20210104052653p:plain

↑この林道入り口にあった案内図も実は間違ってる

細桶谷の支流へと続く林道(細桶林道)が

阿寺タツガヒゲ林道とされているのです

 

では本当の阿寺タツガヒゲ林道を進んで見ますと・・・

f:id:poseidonttzr:20210104053118j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104053156j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104053230j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104053315j:plain

300メートルほど進みますと、ジ・エンドなんでした 呆気なかったです

f:id:poseidonttzr:20210104053607j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104053640j:plain

谷に突き当たって阿寺タツガヒゲ林道は終了しているのでありました

林道浪漫さんが県境を越えてつながるか?と期待されていたこの林道

8年経ってもつながっていないのでした

記事3枚目に写っております風景を見ていただくとわかるのですが

まだこの先に大きな山がそびえたっております

これを越えない限りは長野県には到達いたしません

どう見てもこの先、つながるような希望は正直見い出せません

阿寺タツガヒゲ林道

残念ながら県境越えでつながることは多分ないでしょう・・・

[http://:title]

地図には出ておりませんが

航空写真ではこの阿寺タツガヒゲ林道の末路を見ることが出来ます

これを見ると長野県までまだまだ距離がありますね

 

では一方の細桶林道はどうなっているでしょう?

f:id:poseidonttzr:20210104054843j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104054915j:plain

笹・熊笹の生い茂る道を突き進んで行きますと・・・

(この笹だらけの中を走ると、ほんとに熊が出てくるのでは?と言う

不安に駆られるのはわたくしだけでしょうか?)

下界に家が見えました

おお!大桑村の民家か?と思ったのですが

実はあとで調べたら付知(つけち)でした・・・

(長野県にまだ入っていないのだから当たり前と言えば当たり前w)

 

結局、この細桶林道も最後は雑草が生い茂り、モンキーでも進めず・・・

f:id:poseidonttzr:20210104060358j:plain

f:id:poseidonttzr:20210104060518j:plain

歩いてその先の様子を見に行くと

崩落もその先で起きており、あえなくお終いとなりました

阿寺タツガヒゲ林道本線との分岐から約1、5キロほどだったでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20210104060914p:plain

f:id:poseidonttzr:20210104061031p:plain

残念ながらこちらも長野県には通じておりませんでした

こちらも長野県に延長する可能性は低いでしょう

f:id:poseidonttzr:20210104053357j:plain

↑この日のログであります

長野県まであと少しにも見えますが

実際には近くて遠い長野県なのでありました・・・

 

さて次回はこの阿寺タツガヒゲ林道の長野県側ゲートの様子です

実はこの日、最初にそちらの様子を確認してきていたのでした

次回に続きます

 

阿寺タツガヒゲ林道 岐阜県側 2020 前編

これは以前書いた

夕森山(南)林道+東股田瀬林道(全5話)の

続編に当たります

 

東股田瀬林道から分岐します

f:id:poseidonttzr:20210103121738p:plain

阿寺(あてら)タツガヒゲ(漢字では竜ヶ髯林道

こちら林道浪漫さん記事によりますと

2012年の時点では

岐阜県長野県へと県境越えではつながったおりませんでした

 

それから8年余り 果たしてその後どうなったのか?

それを僭越ながらakatora-nekoさんとわたくしが調べて参りました

岐阜県中津川市付知(つけち)地区から

長野県木曽郡大桑村阿寺地区へと向けられるのか?

果たしてどうだったでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20210103123643j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103123719j:plain

まずは東股田瀬林道のゲートを抜けまして奥へとむかいます

f:id:poseidonttzr:20210103123904j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103123936j:plain

そして阿寺タツガヒゲ林道の始まり個所です

f:id:poseidonttzr:20210103125021p:plain

まっすぐ向かうのが阿寺タツガヒゲ林道

f:id:poseidonttzr:20210103125207j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103125356j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103125518j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103125433j:plain

道そのものは左程荒れてもおらず難なく進めます

f:id:poseidonttzr:20210103125754j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103125907j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103125956j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103130052j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103130500p:plain

でもそれもこの大きな九十九折(つづらおり)まで・・・

ここより先は多少荒れて参ります

(多分最近ここまで工事されていたようでした)

f:id:poseidonttzr:20210103131536j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103130801j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103131426j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103130833j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103131005j:plain

f:id:poseidonttzr:20210103131723j:plain

そして林道の最深部・佳境へと入って行きます

続く・・・

 

 

今回の画像は全てakatora-nekoさん撮影のものです

お陰で見苦しいおっさんが何度も写っておりますw

もちろんみなさまには目の毒・失礼に当たりますので

自主規制させていただきましたw

 

谷隧道 (仮)谷峠林道 福井県側 後編

前編からの続きです

 

ゲートを抜けてakatora-nekoさんと二人徒歩にて

谷隧道 (仮)谷峠林道 福井県側のへと向かって行きます

f:id:poseidonttzr:20201219170927j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219171003j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219171042j:plain

ところが歩けど歩けど穴が見つからない・・・

日は沈んでくるし、ここは熊も出ると言う

早く見つけて帰りたいのだが・・・

(一応熊鈴は身に着けておりましたよ)

そして大きな谷をふたつほど通り越したでしょうか?

f:id:poseidonttzr:20201219172708p:plain

三つ目の谷の最深部まで来たところで・・・

f:id:poseidonttzr:20201219172849j:plain

ついに穴を見つけました!

歩き始めて約15分、1キロほどのところでした

f:id:poseidonttzr:20201219172939j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219173013j:plain

しかし見つけた穴はこちらも石川県側同様完全封鎖されていたのでした

f:id:poseidonttzr:20201219173331j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219173359j:plain

それもガードレールを数枚重ねて封鎖と言う雑なやり方w

その雑な隙間から内部を覗いてみたところ・・・

f:id:poseidonttzr:20201219173552j:plain

こんな感じ↑・・・(akatora-nekoさん撮影)

正に静まり返った暗闇そのものでした・・・

完全にこの中だけ時間が止まっているみたいです

f:id:poseidonttzr:20201219174001j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219174030j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219174100j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219174125j:plain

f:id:poseidonttzr:20201219174151j:plain

見るものを見ましたから急いで帰路についたのでした

f:id:poseidonttzr:20201219174418j:plain

↑この日のログです(こちらもakatora-nekoさん提供)

谷隧道、残念ながら石川県側・福井県側両県とも現在は封鎖されております

過去にこちらを訪ねたマニアの方々の記事を読みますと

以前は福井県側のみ開いていたそうです

ここを訪ねるのが遅すぎたようでした・・・

 

参考

車輪部さん記事 

ジムニーで穴の中まで入られてます

林道・ダム・鉱山の勝手な記録さん記事

石川県側の入り口には祠と竣工が書かれてあったようです

(悔しい、全くきづきませんでした!)

くるまみちさん記事

あの電話ボックスは登山者用の登記所として使われていたようです

 (不法投棄ではなく再利用として置かれていたようです)

 

谷隧道 (仮)谷峠林道 福井県側 前編

前回からの続きです

 

谷隧道 (仮)谷峠林道 石川県側を見た後は

反対の福井県側へと回ってみました

その入り口はこちら

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20201217141723j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217141757j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217141834j:plain

現・谷トンネルの手前から

未舗装の旧道(こちらも(仮)谷峠林道とさせていただきます)へと

入って行き、現トンネルの上を越えて行くと大きな分岐に出ます

f:id:poseidonttzr:20201217142248p:plain

f:id:poseidonttzr:20201217142356j:plain

目的の方向はまっすぐですが、目の前に予想外のものがありました

f:id:poseidonttzr:20201217142517j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217144121j:plain

なんとそこにゲートが設けてあったのです

これでは車で先へと向かうことが出来ません・・・

f:id:poseidonttzr:20201217142630j:plain

バイクだったなら楽々ここの脇を抜けることが出来るのですが

こう言った時に肝心のモンキーを積んでいないのですよw

 

ちなみに鋭角に曲がる分岐道にもやはりゲートが・・・

f:id:poseidonttzr:20201217142848j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217142921j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217142955j:plain

f:id:poseidonttzr:20201217143025j:plain

こちらにはご丁寧にも”鍵の貸出しは致しません”とまで書いてあります

これはあの林道馬鹿さんに対する警告なんでしょうか?w

まあこのゲートならモンキーだったら合鍵は必要ありませんけれどもね・・・

f:id:poseidonttzr:20201217143547j:plain

こちらの分岐道、お名前が消えていて読み取れません・・・

谷林道なのか?(多分林道谷線と書かれていたのでは?)

から谷源流付近まで行きますからから谷林道なのか?

この真相はいつかあの林道馬鹿さんに調べていただくことにして

我々はこの本線のゲートを抜けて歩いて行くこととしました

f:id:poseidonttzr:20201217144337j:plain

 

 

ちなみにこの分岐広場に異様なものがありました!

f:id:poseidonttzr:20201217144444j:plain

電話ボックスがポツンとこんなとこに置かれていたのです

もしかしてこれはまだここに往来があったころの遺物なんでしょうか?

しかしながらボックスの中にあるべき電話機本体は外されてありません

でもよく周りを見ると電線・電柱が近くにありません

もしかして不法投棄されたものなんでしょうか?

このままですとNTTさん

管理者責任を問われるんじゃないですかね?

 

 

後編に続きます