元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

養老BBQ林道(柏尾谷林道) 後編

前編からの続きです

 

[http://:title]

後半は↑この部分を走ります

コンクリート舗装された

養老BBQ林道(柏尾(かしわお)谷林道)を行きます

f:id:poseidonttzr:20200810134644j:plain

こちらしばらくは舗装済ですから快適に走れますが

ところどころに水路の為の段差があるのが曲者

スピードを出すとそこで一旦減速&振動

どうにもこうにもスピードに乗れないのが欠点

f:id:poseidonttzr:20200810135012j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810135037j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810144836j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810144909j:plain

坂の途中、振り返ってみればこんな濃尾平野の風景が見えますよ

で、コンクリート舗装の終点部分に近づきますと

例の激坂が見えてくるのでした

f:id:poseidonttzr:20200810135305j:plain

おお!あそこか?寿さんモタ郎さんの言ってた個所は?

f:id:poseidonttzr:20200810135429j:plain

画像では大したことがないように見えるが、実際にこの場に立つとこれはきつい!

何がきついかと言うと、最後の最後だけが未舗装状態

なんでここだけ残したのか?は工事業者のみが知ってるはず

 

一気にここを登ってやろう!と思うのだが

コンクリート舗装最終部分に例の段差があるのだ!

f:id:poseidonttzr:20200810142331j:plain

ここで一旦どうしてもスピードが落ちる

で、フルスロットルで上がろうとするのだが

ダートでタイヤが滑る・・・

なにくそ!と踏ん張るのだがタイヤは空転するばかり

で、挙句の果てにエンスト

畜生!と再度チャレンジするのだが

ほんのちょっと進んでまたストップであった

f:id:poseidonttzr:20200810140112j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810140142j:plain

結局は激坂の半分も行かない個所で、諦めの早いわたくしは諸手を上げて万歳

もうここからはひたすらモンキーを押して登ったのでした・・・

炎天下の中、汗をかきかき、必死に頂上に・・・

f:id:poseidonttzr:20200810140411j:plain

この頂上の先はいきなり下り

モタ郎さんはここをジャンプ台と呼んでいる

エンジンをかけたままここを一気に登れば確かにジャンプ台だが

わたくしのようにただ必死に押して上がったらそこはただの頂上なのであるw)

f:id:poseidonttzr:20200810140749j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810140819j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810140846j:plain

その下った先で道はジ・エンド

柏尾谷にぶち当たって道は終わっているのだった

ちなみに車でここまで来れないことはないが

最後は軽でもない限りUターンが厳しいのであった・・・

f:id:poseidonttzr:20200810141130j:plain

切り返すように谷沿いに細い道が続いているが

これは堰堤工事の時の道

f:id:poseidonttzr:20200810141241j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810141313j:plain

↑この堰堤と更に最初のグーグル航空写真の

この場所の更に奥に見える堰堤を造った際に利用されたのであろう

まあこれ以上は行っても無駄であることは明白である

 

噴き出した汗を柏尾谷の水で洗い、一休み・・・

おや?ここってそうパやBBQにもってこいの場所ではないか?

などと考えてみたが

よくよく考えると資材・食材をここまで運ぶのが容易ではないことに気付いた

いい場所なんだが、みんなで集まるにはやっぱり場所が悪いのだったw

(おひとり様用キャンプ地か?)

f:id:poseidonttzr:20200810141933j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810142023j:plain

↑この切通の上からも撮影してみました

この激坂の雰囲気おわかりいただけるだろうか?

f:id:poseidonttzr:20200810142151j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810142223j:plain

f:id:poseidonttzr:20200810144727j:plain

こうしてわたくしの激坂チャレンジは終わったのでした

宜しければみなさんもここにチャレンジしてみて下さい

希望を言えばカブ・ポッケ・モンキーの方にお願いしたいですw

 

 

 

余談

この林道は適度に荒れているので車は四駆でないと無理では?と考えていたのだが

帰りになんと!プリウスとすれ違った!

ええ!?プリウスでも行けるんだ!?

f:id:poseidonttzr:20200810143518j:plain

なんと!変態野郎であろうか?w

もしかして鹿の死骸を捨てにいったのでしょうか?w

 

 

次回予告

またもやパクりネタ

Kさんの行った林道です

 

養老BBQ林道(柏尾谷林道) 前編

久々の林道ネタです

でも、期待しないで下さいw

距離にして1、5キロほどのピストン林道ですので・・・

 

一応こちらの売りは林道最後にある激坂

これは正味えげつないですよ!

これだけのために行く価値は十分にありますよ

 

さてこの林道は元々は寿さんのネタ(その記事こちら


養老バーベキュー林道

↑動画では8分あたりからがメインの個所です

これを見てパクったのがモタ郎さん(記事こちら

なんとモタ郎さん、この激坂をカブで登りきってみえます!!!

 

と言うわけで、わたくしもパクらせていただきましたw

 

まずは目的の養老バーベキューへと向かいます

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

岐阜県養老郡養老町 県道56号 石畑信号交差点の一本南の筋から

養老バーベキューへと向かいます

f:id:poseidonttzr:20200809141249j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809141313j:plain

その入り口には養老バーベキューこっち→と出てますから迷うことはないでしょう

あとは看板に従い向かうのみ・・・

f:id:poseidonttzr:20200809141450j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809141519j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809141551j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809143347j:plain

そして養老バーベキューに到着

で、ここに林道に入る分岐があるのですが

わたくし全く気付かず通り過ぎてしまいました

この先いくら行ってもそれらしき林道入り口がなく

一体どこなんだ?とこの店の前まで戻って来て初めて気づきました

f:id:poseidonttzr:20200809141902j:plain

そう!よく見るとカーブの内側に林道入り口があったのです

おお!ここか!?

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20200809143025p:plain

f:id:poseidonttzr:20200809142738j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809142703j:plain

早速モンキーに乗り換え、林道にGO!

ちなみこちら寿さん命名により養老BBQ林道と名付けられていますが

正式名称は

f:id:poseidonttzr:20200809143529j:plain

柏尾(かしわお)谷に沿って上って行くので柏尾谷林道と呼ばれると考えられる

 

で、寿さんの動画をご覧になればわかるが

しばらくは適当に荒れたダートが続きます

f:id:poseidonttzr:20200809143950j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809144018j:plain

↑ここはモタ郎さん命名養老ストレート

このストレートを鼻歌気分でこの曲↓を歌って走りましょう!


ARABESQUE Billy s Barbeque

アラベスク ビリーズ・バーベキュー

f:id:poseidonttzr:20200809144241j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809144322j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809144347j:plain

こちらの林道、途中までは東海自然歩道の一部でもあります

稀(まれ)に登山者・ハイカーもいますから気を付けて下さい

そしてヘアピンカーブを曲がりますと・・・

f:id:poseidonttzr:20200809144617j:plain

道が二手に分かれております

f:id:poseidonttzr:20200809144800p:plain

こちら左に進むのが、国土地理院に出てる道

f:id:poseidonttzr:20200809144910j:plain

こちらは東海自然歩道のルートでもあります

でもこの道はすぐに行き止まり

f:id:poseidonttzr:20200809145041j:plain

柏尾谷のそばまで行くと道はなくなり

東海自然歩道のみが谷を渡ってその先へと続いております

f:id:poseidonttzr:20200809145210j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809145240j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809145309j:plain

こちらが元々の柏尾谷林道のコースだったのです

f:id:poseidonttzr:20200809145413j:plain

f:id:poseidonttzr:20200809145442j:plain

で、この分岐から新たに延伸されたのが、このコンクリート舗装の道

(多分これはこの先の堰堤工事のために造られたと思われる

いつもながらこれは国土地理院に地図には出ておりません)

さあ問題はここからです

[http://:title]

後編へと続きます

 

 

余談

この柏尾谷に鹿の死骸を捨てた不届き者がいました

記事こちら2015年

 

常神岬灯台 その3

その2からの続きです

 

f:id:poseidonttzr:20200805143103j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807045914j:plain

たどり着きました常神(つねがみ)岬灯台

こちらの建物のてっぺんに上って見たかったのですが、入れるはずもなく・・・

f:id:poseidonttzr:20200807050131j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807050348j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807050209j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807050312j:plain

四方を回って見ましたが無駄でした・・・

こちらの少し離れたとこに・・・

f:id:poseidonttzr:20200807050540j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807050621j:plain

↑こんな方位図もありましたが、長年の風化ではっきり見えず・・・

で、期待してた風景ですが、灯台の周りには低木がありまして

これも期待通りとはならず・・・

f:id:poseidonttzr:20200807050920j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807051045j:plain

南西方向

f:id:poseidonttzr:20200807051341j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807050958j:plain

方向

f:id:poseidonttzr:20200807051434j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807051650j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807051509j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807051539j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807051613j:plain

方向 ボケた画像が例の建設中の(仮)常神トンネル

 

この日は曇ってたこともありこれが精いっぱいでした

(梅雨時期に訪問 雨が降らなかっただけでも幸いか?)

f:id:poseidonttzr:20200807052013j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807052040j:plain

有難かったのがこのベンチ

ここに座りまして流れ出す(止まらないw)汗をぬぐったのでした

わたくししばしここでボー然と佇(たたず)んでおりましたよw

 

ちなみにここが常神地区の地震及び津波の時の避難個所

いやいや、もしもの津波の時にここまで果たして無事に逃げおおせるのでしょうか?

軽く40分はここまで掛るとされているのですがね?

 

この日はもちろん道中誰にも会わず

地元の方がおっしゃった鹿にも会うことはありませんでした

(鹿の糞はいくつか見たが・・・)

一応こちら年間50人~100人ほどの方が登られるようです

地味に人気のこちら、道に迷わず貴方も登れるでしょうか?

お暇ならチャレンジしてみて下さい! いい汗かきますよw

f:id:poseidonttzr:20200807053443j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807053509j:plain

f:id:poseidonttzr:20200807053614j:plain

さて次回は久々の林道ネタです お楽しみに・・・

 

 

 

おまけ

そんなに汗をかいて息切らしてまで山に登って何が楽しんだ?お前?

と、誰もが思いますよね

ええ、わたくし自身も実はそう思ってますw

なのにわたくし行くんですよね

もしかしてわたくしってMっ気があるのでしょうか?w

 

常神岬灯台 その2

その1からの続きです

 

まずは国土地理院による登山ルート図

f:id:poseidonttzr:20200805132439p:plain

地図では常神(つねがみ)地区よりまっすぐ北西方向の登って行くように

登山ルートは書かれているが、もちろんこんなまっすぐはあり得ないのだ!

大抵は道を九十九折(つづらおれ)にジグザグに登って行くのが通常

f:id:poseidonttzr:20200805133130j:plain↑こんな道らしくないとこを多分これだろうと思いながらジグザグに進んだのである

f:id:poseidonttzr:20200805133302j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805133337j:plain

で、歩き始めて10分ほどで初めての案内看板を発見!

燈台まで820m 

おお!やった!どた勘ルートは間違ってなかったぞ!

我ながら凄いと自画自賛

f:id:poseidonttzr:20200805134053j:plain

で、実はここからが騙されたと言うか?道に迷ったのである

f:id:poseidonttzr:20200805134229j:plain

↑看板の矢印方向に進んで振り返っての図(右端に先ほどの看板があります)

左上にピンクリボンの目印がある

f:id:poseidonttzr:20200805134533j:plain

そう!ここで曲がってリボン方向に行くのが正解だったのだが

道なりだと曲がらずまっすぐ行けるのだ!

と言うか?ここは十中八九みんな間違えるはず!

どこにもここで曲がれ!とも何も書いてないから!

(この記事の方もここで間違えたと書いてみえる 2011年)

 

何とか道らしきところを辿(たど)って灯台まで820mの標識までたどり着きましたが,

ここで矢印に従って左のほうへ進んでいったのが大間違い

そのうち道がなくなって山の中で迷子になりそうになりました

 

わたくしもまっすぐ進んでみたらやはり道がそこでなくなっていたのでした

ここで斜めに無理やり折り返したらさらにドツボにハマったw

もうどれが道なのか?さっぱりわからなくなったのだ

と言うか?どれもそれらしく見たら道に見えるから困ったもの・・・

で、ヤバいなこれ!と思いつつ上部を見たら

先ほどとは違うピンクリボンを発見

たぶんあれがルート表示なんだ!と考え

もうそこから無理やり垂直(?)登坂であるw

f:id:poseidonttzr:20200805135736j:plain

足を滑らせながら無理やりよじ登ったのだ!

こうして更に次に見えるピンクリボンを探し登って行ったところ

f:id:poseidonttzr:20200805135952j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805140022j:plain

ついに燈台まで600mの看板を発見!やったぞ!ルート復活!

なんとこの間たった220m

これを進むのに20分も要したのだった

これは絶対誰もが間違えます!迷います!必死になりますw

f:id:poseidonttzr:20200805140248j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805140323j:plain

上の画像2枚は灯台からの帰りに写したもの

文字の見えなって落ちていた案内看板と

道が無くなってしまった原因とも思われる倒木

(これによって雨水・沢の流れが変わり、道を消し去ってしまったと思われる)

f:id:poseidonttzr:20200805140713j:plain

ここから登山ルートが復活

尾根が見えた!と思ったその先に・・・

f:id:poseidonttzr:20200805140849j:plain

尾根沿いにあと450mの看板があったのでした

この間、距離にして150m 

これをたったの3分で征服

このさっきとの要した時間の違いは一体何なんだ!と自分にツッコミを入れてみたw

 

もうここからは楽勝であった やはり道がはっきりしてれば進むのも楽なのだ!

f:id:poseidonttzr:20200805141726j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142259j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142334j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142407j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142447j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142522j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142557j:plain

頂上に近づいてきますと、木々の隙間から時折海も見えます

 

そしてついに頂上に・・・

f:id:poseidonttzr:20200805142728j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142756j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142911j:plain

f:id:poseidonttzr:20200805142834j:plain

↑頂上付近に落ちていた看板

そしてついに常神岬灯台にたどり着いたのでした

f:id:poseidonttzr:20200805143103j:plain

標高240m弱のこちら 

歩き始めて約1時間での到達となりました

 

その3に続きます

 

 

おまけ画像

f:id:poseidonttzr:20200805143418j:plain

こんな派手に赤いのはやっぱり毒キノコ

 

常神岬灯台 その1

 福井県常神(つねがみ)半島へと来たわたくし

その先っぽを確かめるはずでしたが

f:id:poseidonttzr:20200731061927j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731062003j:plain

その場所、最後は公園となっておりまして、ここからは徒歩

この公園の駐車場に車を停めたら

なぜか地元の方が怪訝な顔をしてこちらを睨んでます

これって何か気分悪いですし

まあこの先公園ならほどが知れてるのでこれ以上は中止としたのでした

 

で、実はもひとつ違う目的があってここまで来たのでした

その目的はこれ↓

f:id:poseidonttzr:20200731062654j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731062438j:plain

この目の前に見える山のてっぺんに・・・

f:id:poseidonttzr:20200731062534j:plain

灯台常神岬灯台があるのです

こちらをグーグルマップで調べてましたところ

[http://:title]

口コミにこんなことが書かれていたのでした

 

常神の蘇鉄(そてつ)から約1㎞くらいの道のり。
案内看板には所要時間40分とあるが、健脚の方なら30分もかからないでしょう。
頂上は木がソコソコ生えているので全周を見渡すことはできませんが、
青空のもと見渡す景色はとても美しい。

 

この文面に惹かれたわたくし、この灯台へと行ってやろうじゃないか!

ただし平面地図だとこれは大したことがないと思っていたのだが

5枚目の画像を見てびっくり!

ありゃ!?思ってた以上に高い山の上にあるはないか!?

一瞬躊躇はしたが、頑張ることとした

 

余談 

三重県志摩市 安乗崎(あのりさき)灯台も訪ねたことがあります

f:id:poseidonttzr:20200731063924j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731063951j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731064209j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731064015j:plain

常神隧道を抜けると常神地区に入る

f:id:poseidonttzr:20200731064125j:plain

その漁港の駐車場に勝手に車を停め山登り開始である

(先ほどの常神潮風公園の駐車場に停めるのもありだが

地元の人(漁業関係者)に変な目で見られるので注意w)

f:id:poseidonttzr:20200731064507j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731064530j:plain

灯台へのルートだが、↑の現在地から常神集落の中を通り旅館長松をまず目指す

f:id:poseidonttzr:20200731064800j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731064835j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731064901j:plain

↑こんなめっちゃ狭い海抜2メートル以下の民家の裏道を通るのだ!

こちらの地元のみなさん、どこの家も裏口が開けっ放しなので家の内部が丸見え

そんなのをジロジロ見るわけにもゆかず

なるべくこんなとこでは地元の人には会いたくないのだった

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

そして↑この曲がり角で初めて出会った人に灯台へのルートを聞いてみた

『このまま坂を上り、突き当りを左に折れてその裏手に回れば

灯台への道がありますよ』

と、親切に教えていただいた

でもついでに一言

『山の中は鹿だらけですよw』

f:id:poseidonttzr:20200731065633j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731065710j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731065738j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731065806j:plain

坂を上った突き当りに初めて灯台への案内看板があったのでした

 

ここより常神灯台まで徒歩 約40分

 

実はこれ!灯台までちゃんとした道があっての話

f:id:poseidonttzr:20200731070120j:plain

f:id:poseidonttzr:20200731070147j:plain

民宿長松の裏手に回り鉄階段を上ってみたところ・・・

f:id:poseidonttzr:20200731070302j:plain

↑こんな風景であった!!!

なんじゃこりゃ?いきなり道がないじゃないか!!!

えっ?ここは斜めにつき進むのか???

f:id:poseidonttzr:20200731070511j:plain

半信半疑でこれを進んでみたところ、ロープがその先に張ってあった

どうやらどた勘が当たっていたようだ・・・

 

もう出だしからこの調子である これが苦難の道の始まりでした・・・

その2に続きます

 

 

 

おまけ画像

f:id:poseidonttzr:20200731071644j:plain

↑こんなブランコ、おっさんでも乗ってみたいですw

 

遊子トンネル 県道216号 旧道 後編

前編からの続きです

 

遊子(ゆうし)トンネル 県道216号旧道部分

反対側から見たところで答えは一緒ですが、それでも見て来ましたw

f:id:poseidonttzr:20200729131050j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131131j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131205j:plain

↑反対側の旧道入り口

入ってすぐにチェーンで封鎖されてます

ここより入って最初のカーブを曲がるともうあの崩落現場です

f:id:poseidonttzr:20200729131426j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131501j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131532j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131607j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729131636j:plain

実はこの場所、航空写真でも見て取れたのでした・・・

[http://:title]

↑はい!この通り 旧道がざっくり逝っちゃっているのがわかりますよね

この航空写真がいつ撮影のものかは不明ですが

これを見るとすでに数年前からこの状態であったことがわかります

ということは福井県もこれは完全に放置してることとなりますよね

まあ、所詮旧道ですからどうでもいいと言うことでしょうか?

でももし遊子トンネルに何かあったら困ると思うのですが

これは余計なお世話なんでしょか?

(”もし”があると常神(つねがみ)半島

完全に陸の孤島となるのだが・・・)

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

[http://:title]

さてこの遊子トンネルを抜けた先に遊子橋があるのだが

ここにも旧道があります

ストリートビューでも見て取れるようにポールとチェーンで

こちらの旧道も封鎖されてます

f:id:poseidonttzr:20200729135314j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729135357j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729134659j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729135443j:plain

旧道好きにはこれは面白くない傾向ですね

 

さらにこの先も面白くない傾向が・・・

この先にあります神子(みこ)トンネルの旧道

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

こちらも・・・

f:id:poseidonttzr:20200729140026j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729140548j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729140617j:plain

両側ともポール+チェーンで通れない状況とされているのでした

(驚くことにストリートビューではこの旧道が見える(撮影されている)のです

ストリートビューカーが撮影した後にここは封鎖されてしまった模様

ちょっとストリートビューカーが羨ましい+悔しいですw)

 

ついでに申しておくと

この先、神子地区と常神地区の間に現在トンネルが造られてます

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

f:id:poseidonttzr:20200729141124j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729141151j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729141306j:plain

f:id:poseidonttzr:20200729141345j:plain

(仮)常神トンネルと言うのが令和3年末頃に出来るようです

と、なるとこの区間の旧道も封鎖される可能性大です

興味のある人はチャンスを逃さないように・・・

f:id:poseidonttzr:20200729141645j:plain

次回はこの(仮)常神トンネル工事現場を高台から覗いてみましたよ

またもや登山ネタとなりますが・・・

 

遊子トンネル 県道216号 旧道 前編

福井県常神(つねがみ)半島に行って来ました

f:id:poseidonttzr:20200723133045j:plain

常神半島の先っぽまで行ってやろうというだけのものなんですが・・・

(ちなみにここはたまごろうさん2013年に行かれております

記事こちら

 

さてこちらを下調べしてた際に気になったのが↓こちらである

[http://
大きい地図・ルート検索  ( powered by ゼンリン地図 いつもNAVI ):title]

この県道216号線 遊子(ゆうし)トンネル旧道部分

こういうのを見つけるとわたくしはその旧道個所を走ってみたくなる

性分なのである

これは確かめねば!と現地へ・・・

塩坂越(しゃくし)隧道を見た後にお邪魔)

[http://:title]

f:id:poseidonttzr:20200724183845j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724183948j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724184025j:plain

遊子トンネルの手前を左に折れ、入ってみたところ

そこにはチェーンでつながれたポール数本で入り口が封鎖されておりました

f:id:poseidonttzr:20200724184225j:plain

が、なぜか右脇ポール二本分のみ車が通れるように開けてあったのです

ストリートビューだと完全封鎖されてます)

これはラッキー もしかしたら旧道は普通に通れる状態なのかも知れません

ありがたく侵入です

 

道は廃の雰囲気もありましたが、やはりどなたかが通っているようで

楽々走れました(元・県道ですからもちろん舗装済です)

f:id:poseidonttzr:20200724184439j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724184509j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724184719j:plain

その先、大きなカーブ部分(展望台有)まできましたら、道路に網が・・・

どうやらこの旧道は地元の漁師さんが再利用してるようです

だから入り口が開放してあったのですね・・・

 

さてここを過ぎますと突然道は狭くなるのです

f:id:poseidonttzr:20200724185102j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724185132j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724185201j:plain

わたくしの軽でもいよいよ怪しくなってきましたので、ここ↑より歩きに変更

何とか無理したら軽でも行けないか?と様子を見に行きます

f:id:poseidonttzr:20200724190252j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724190334j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724190407j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724190441j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724190510j:plain

↑この木は邪魔だがいつものこぎりを車に入れているので切れば大丈夫!

(関連記事 交通違反で職質したら車からのこぎり

f:id:poseidonttzr:20200724191250j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191336j:plain

これなら行けるかも?あと少しだ!と思われたところで

無情のバリケードが現れました

f:id:poseidonttzr:20200724191522j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191627j:plain

その先にはでっかい穴が・・・

f:id:poseidonttzr:20200724191726j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191800j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191845j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191921j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724191952j:plain

はい!↑このようにぐっさりと道の路肩が海に落ちていたのでした

これでは歩くのも正直怖いです

いや俺なら平気だ!とバイクで行こうと思った方、止めておいた方がいいですよ

(関連記事 錦帯橋にバイクで侵入

 

遊子トンネル 旧道は残念ながら通行出来ないのでした・・・

こうなるとやはり反対側からも見たくなります

後編に続きます

f:id:poseidonttzr:20200724192622j:plain

f:id:poseidonttzr:20200724192646j:plain