元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

大又上橋

今回は大又佐渡(さわたり)林道おまけ編です
こちらの橋は以前の記事でも触れてましたから
クイックさんは前回の予告にてすぐにピンと来たと思われます
その通りでございますw
イメージ 1

奈津子のパトロールさん記事からお借りしたこの画像
見ての通り、軽でもぎりぎりのこの橋
この橋がどこにあるかと言えば
今回の大又林道入り口のすぐ上手(かみて)にございます
場所はこちら
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

この大又川に架かる橋、大又上(かみ)橋でございます
その幅、約180センチほどです
イメージ 6

おっさんの車、デッキバンの車幅が150センチほどですから
計算上はぎりぎりこの橋を通ることが出来るはずです
と、言うわけでチャレンジしようと思ったのですが・・・
イメージ 7

イメージ 8

この橋の先が非常に気になります
先に歩いて確かめに行ってみたところ・・・
イメージ 9

イメージ 10

橋の先には民家が一軒あるのみ
その民家の先の道は更に狭くなっており、到底その先へは車では進めません
と、なるとその民家の軒先でUターンとなるのですが
こちらの民家のおばちゃんがさっきからじろじろこちらを見てます
ちょっとやばい雰囲気
イメージ 11

イメージ 12

ここはやはりノーリターンノークレームでお願いしたいところ
ということは橋を渡り切ることは実質不可能と判断
おっさん、とりあえずデッキバンの頭のみ突っ込んでみることにいたしました
イメージ 13

ちなみにデッキバンに乗り込んだら自分では撮影は出来ませんので
(ドアが開きません)
撮影はakatora_nekoさんにお願いしております
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

この通りやはり手の平分以下しか隙間はございません!
この間も民家のおばちゃんがうろうろ見張っておりこれ以上は無理
『さっきからあの馬鹿たれどもは何をしてるんだ?』
と、言う目でこちらをチラリチラリと見ているのものですから・・・
これにて終了となったわけです
頭しか入っておりませんが、一応なんとかなりました・・・

一番最初の画像は果たしてUターンしたものなのか?
はたまたバックで入ったものなのか?
実に不思議なんでありました・・・
イメージ 18

イメージ 19

↑こんなひねくれた駐車をする、すましたおばはんの方が意外に平気に
大又上橋を渡れるのかも知れませんw
イメージ 20

ひっくりかえっても当方は知りませんが・・・