元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

秋町隧道 村道岩瀬秋町線 2017 秋 中編

前回からの続きです

無事に入り江を脱出
ここからは御母衣(みぼろ)湖湖岸に沿って進みます
イメージ 1

尾神橋から見たその湖岸沿い(過去画像より)
こを歩いて行くわけです
イメージ 3

イメージ 2

藪の状態も比較的軽くなりほぼ平坦な道を歩き続けます
イメージ 4

イメージ 5

↑このもみじが非常に綺麗でした
イメージ 6

イメージ 13

イメージ 7

イメージ 8

↑画像4枚上から尾神橋方面(2枚) 御母衣ダム方面 
そして飛び出た感じの半島が・・・
この半島の向こうに六厩(むまや)川森茂(もりも)川が合流して
御母衣ダムへと流れ込んでいます
この半島の手前奥に目指す秋町隧道があるはずです
この場所を対岸の国道156号側から見るとこんな感じ・・・
(もちろん過去画像よりですが・・・)
イメージ 10

イメージ 11

まだまだ道は続きます
イメージ 9

イメージ 12

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

二つのコンクリート橋を渡り、そして↑これが道中で一番の難関箇所
倒木が行く手を思いっきり邪魔してます
ここは無理やり倒木の下を抜けるのですが
体格のいいメンバーお二人さんは非常に苦労したようですw

この先に地図で見られる分岐箇所 こちら
イメージ 19

イメージ 20

左手にも道があるのですが、これは言わずもがな廃道
秋町隧道方面は右です
イメージ 21

すぐそばの木には森のくまさんのひっかき傷が・・・
この辺りは森のくまさんの生息地
なものを見てしまいました

そして右へと進むとついに例のものを発見!
イメージ 22

荘川林道の看板です
もちろんこれはここを訪れたものしか見られないもの
この看板が見えるとあの秋町隧道はもう近くです
(実は地図で見るとここは岐阜県大野郡白川村なんですよね
高山市(旧・同郡荘川)ではなくなっているんです)

さあラストスパートです
イメージ 23

道が坂道へと変わり、湖岸から離れて行きます
脇には石垣も現れて参ります
イメージ 24

この先に大崩落の跡が・・・
一瞬道がわからなくなりますがそのまま突進
さあいよいよご対面のはず・・・
おお~~~ついに見えました 秋町隧道が・・・
イメージ 25

美味しいとこですが本編は次回後編に続きますw