元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

喜撰山ダム 後編

前編からの続きです

やっと目的のダム専用道路に出ました
あとはダムを目指すのみ
イメージ 1

こちらは快適なアスファルト道路
先ほどまでいた猟友会のメンバーの姿は見えません
今のうちに見学しなくては・・・
イメージ 2

イメージ 5

↑本来は国土地理院の地図にも出てる
イメージ 3

イメージ 4

この倉庫の脇に出てくるはずだったのですが
猟友会のお陰で回り道することとなったのです
(帰りはこの倉庫の裏から進んだら登山道のにやっぱり出ましたよ)
イメージ 7

イメージ 6

発電所の姿がぼんやり見えて来ました
喜撰(きせん)山ダムはもうすぐです
こうなると自称ダムマニアのあの方の歩くのが必然と早くなりますw
(もとい!ダム好きでしたw)
先頭を切って猪突猛進状態w
イメージ 8

道の先にはゲートが見えてます
右にはロックフィルのダムが・・・
イメージ 9

イメージ 10

もう!ダム好きのおっさん興奮状態ですw
これではどっちが首謀者なのか?わかりません

わたくしの予定ではこのゲートまで行って、速攻引き返す予定だったのですが
ダム好きのおっさんそんなことお構いなしにゲート先に突入しますw
(どうやらこのゲートは開けっ放しのようです
過去にここまで行かれた方の記事でも開放中でした)
ゲートの場所ここ
イメージ 13

↑この地図にあるゲート手前の左へと続く脇道
これが実は現在は廃道となってまして登山道へとつながっています
(登山道手前で道は消滅してますが・・・)

さて、連られてわたくしたちも中へと踏み込みます
イメージ 11

イメージ 12

↑これが念願の喜撰山ダムです これが見たかったのです!
これが一応誰も見たことがないと言われる喜撰山ダム
(正しくは一般者立入禁止のダム 
でも遠望でも見えますし過去にここに行った人もいるようです)
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

ダム好きのおっさんの興奮もどうやら収まったようですから
我々速攻退散いたすことに・・・
(ダム管理署では車も動いており、どうやらここは常駐してる模様、つまり危険w)
イメージ 17

いやぁいいもの見せてもらいました(ってお前が主犯だろw)
是非みなさんも機会があったらどうぞ・・・(って勧めていいものか?w)




最後に後に続く方のために喜撰山ダム攻略の秘策中の秘策を伝授します
猟友会の恰好・振りをして下さい これなら大丈夫w
犬も連れているとなおベスト
ただしチワワのような小型犬は問題外ですがw