元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

遠山森林鉄道跡 2号・1号隧道

遠山森林鉄道 遠山線 終点北又渡(きたまたど)から攻め
コンクリート橋で休憩したおっさん二人
再び歩き始めます 場所こちら
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

コンクリート橋から少し下るとありました 2号隧道です
一瞬道がなくなったかのように思えますが
右にその隧道が穴を開けて待ってました
イメージ 4

こちらRKパパさんが調べた事前情報では水没しているかも知れないとのこと
恐る恐る隧道を覗き込みますと幸い水没はしていませんでしたが
ところどころ水たまりがあります
RKパパさんペンライトの光を頼りに隧道へと入って行きます
隧道の中には風で吹き込んだ落ち葉が絨毯のように敷かれています
実はこの落ち葉が曲者でしてうっかり踏み込みますとその下はぬかるみ
思いっきり足元が沈みます
慌てて飛び跳ねるのですが時すでに遅し・・・
 ここを歩く際には左端を歩くと良いでしょうw
隧道を抜けて見ると・・・
イメージ 5

警笛鳴らせの看板が隧道入り口上に貼り付けてありました
そしてこの先も事前情報では崩落とのこと
イメージ 6

その情報は間違っておらず、2号隧道先は見事崩落しておりました
ここで躊躇されるRKパパさん
RKパパさんの予定ではここまでは歩くつもりだったようです
ブログにもそう書かれてます この先は予定になかった模様)
が、そこにはこの崩落個所を渡れられるように一本のロープが張られています
いやいや
これ行くしかないでしょ!
躊躇されるRKパパさんを尻目にわたくし勝手に進みます
↓渋々付いてくるRKパパさん
イメージ 7

イメージ 9

↑偶然にもピンボケ画像です おっかなびっくりのRKパパさんです
イメージ 8

イメージ 10

イメージ 11

この先が梨元(なしもと)から8.5キロ地点です
で、このまた先が崩落・・・
イメージ 12

イメージ 13

ええ!ここも意地で乗り越えてます
もうここまで来ると簡単には引き返すわけにはいかないのですw
イメージ 14

バスのおっさんはと言うとしきりに足元をチェック
どうやらヒルに取りつかれたご様子
その山ヒルにも相手にされないわたくしは一人先を進みます
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

林道入口梨元から8キロ地点 この先に1号隧道がありました
長さ28メートルの1号隧道 地図にも出てない短い隧道です
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

↑かすかに残る遠山森林鉄道跡
鉄道が間違いなくこの隧道を通り抜けていた証拠です
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

そして切り通し そして木橋と抜けて行くとついに梨元から7.5キロ地点に到達
イメージ 25

この先は・・・
イメージ 31

あの大崩落の現場です
そうです!我々二人ついに遠山線全線走破です
やりました!おっさん二人見事達成であります
いやあこれは嬉しかった
でもこれ二人いたから達成出来たようなもの
多分一人だったら途中で引き返したことでしょう
RKパパさん こんな面白いとこご案内いただき感謝です
めっちゃ楽しかったです
イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

証拠写真を数枚撮ってここより引き上げます
北又渡まで戻り、今度は遠山本谷線を行くことにします
続く・・・
この続きは明日16時アップ予定です