元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

遠山森林鉄道跡 5号・4号・3号隧道

さて今度は北又渡(きたまたど)側より
遠山森林鉄道 遠山線を進んでみます
場所はこちら
イメージ 1

イメージ 45

イメージ 2

こちらはもうその林道入口からいきなり荒れた状態
車では到底無理 バッタモンにして大正解だと思われたのですが
そう思ったのは早計でした
イメージ 3

イメージ 4

300メートルも進まない内にいきなり道がなくなってました
ありゃま!これでは車でもバイクでも進めません
計画ではバイクで行けるとこまで行くつもりでしたが
いきなりその計画が頓挫します
イメージ 5

イメージ 6

その先をよく見るとトンネルがあります
そのトンネルの前が崩れていてどうにもなりません
もういきなり徒歩の始まりです
意を決し二人のおっさん歩くことに・・・
イメージ 22

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

そのトンネル入り口には倒れていた看板が・・・
それを読みますとこの先ここを含め
五つの手掘りトンネルがあるようです
それもノミで掘ったと言う信じられないような手掘りトンネル

5号隧道 梨元(なしもと)から9.8キロ
     北又渡より下流300メートル
4号隧道 梨元から9.3キロ付近 長さ78メートル
3号隧道 梨元から9.0キロ付近 長さ115メートル
2号隧道 梨元から8.7キロ付近 長さ122メートル
1号隧道 梨元から7.9キロ付近 長さ28メートル

この情報を頼りにここより下って行くことに・・・
まずはこの5号隧道を抜けると・・・
イメージ 10

イメージ 17

イメージ 11

イメージ 12

やはり道は荒れています
森林鉄道跡と銘打ってるのものの実際は放置の状態
まあこれは途中が崩落してるから仕方ないのですが
これが返って廃道好きには堪りませんw
意地でも行ってやろうと言う気になるのですw
さすがは頭のおかしいおっさんふたりであります
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

5号隧道から500メートルほど進みますと4号隧道が見えて来ました
ここが実は先回の赤石大橋から見えた場所でもあります
対岸の山の上を覗きますと・・・
イメージ 18

イメージ 19

真っ赤な橋がよくぞあんなとこに橋を架けたなと思われるところに
架かってます
さてこの先の4号隧道 素掘りと言う割にはトンネル内は
一部コンクリートで固めてあるのです おや???
イメージ 20

イメージ 21

まあこれは林道化した際にコンクリートを打ったのではないかと
言われているようです
ここを抜けますと廃車天国であります
イメージ 23

イメージ 27

イメージ 46

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

オープンジムニーもありました
無鉛ガソリンのステッカー久しぶりに見ましたよ
イメージ 28

↑わたくしの後をマイペースで付いてくる
バスのおっさん
腰に付けた熊鈴の音がカランコロンと隧道内に響きます

一応今回二人でこの廃道探索したのですが
やはりお互いの歩くペースが異なります
相手に合わせて歩くとどうしても余計に疲れますから
お互いマイペースで!と言うことでわたくし先を歩かせていただきました
とは言え二人でいるとやはり心強いです
一人だったら簡単に諦めるとこですが、二人だとその先に進む勇気も湧いてきます
いつもは単独行動の二人ですが、同じ趣味と有って非常に頼もしかったです
RKパパさんありがとうございました

さらにここより300メートルほど進むと3号隧道です
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

イメージ 32

115メートルの真っ暗な隧道を出口の光だけを頼りに抜けて行きます
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

その先カーブを曲がりますと遠山川にコンクリート橋が架かってました
なぜかその上には流木が乗ったままです
イメージ 36

イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

橋の上は心地よい風も吹いていました
ここで川に下りておっさん顔を洗ってみたりして小休止
イメージ 40

イメージ 41

イメージ 42

イメージ 43

非常に気になったのがこの流木↑
これは人工的なものなのか?偶然の産物で挟まっているのか?
非常に不思議な状態で流木が橋と岸の間に挟まってました

このあとここでRKパパさんと遅めの昼食
わたくし食い物は何も持ってきておらずRKパパさんにパンを御馳走になります
すいませんでした RKパパさん
今度何かおごらせていただきますw
一宿一飯の御恩忘れませんw(←一宿はしてないが・・・w)
イメージ 44

昼食後再びこの廃道を歩き始めます
続く・・・
続きは本日16時アップ予定です