元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

(仮)折越峠作業道 天空の作業道 前編

河内谷林道から戻り、今度は反対側
折越峠側入口へと向かいます

念のため申しておきますが、今回この反対側をわたくしも走破したのですが
近江のおっさん記事のことに気づいたのはこの走破後のことです
あれ?そういえば以前この辺りを二人で走ったと言っていたよな・・・
もしかして・・・調べてみたら・・・
ええ!やっぱ先を越されてました
悔しい!
ただただその一言でありますw
林道好きのおっさんの考えることはやっぱ一緒だったのですw

ではその
岐阜県根尾 名もなき絶景林道
へと向かってみましょう

根尾越波(おっぱ)地区集落を抜けて行きます
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

一年で夏の時期しか住人が住まないというこの秘境の越波地区
この集落を抜けると折越林道へと入って行きます
イメージ 5

舗装されたこの折越林道 根尾上大須へと続く道です
その根尾上大須との境にあるのが折越峠であります
イメージ 6

イメージ 7

峠にはお地蔵さまが祀ってあります
その先に絶景林道入口があります 地図ではこちら
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

その入口からいきなりダートの楽しい道であります
入口には消えそうな文字で注意事項が書かれてありました
イメージ 11

ええ!正しくはここは作業道なんであります
なので今回はこの道を(仮)折越峠作業道とさせていただいてます

さてここを突入いたします
わたくしの予想では河内谷林道方面へと向かうのですから
一方的に下り道だと想像していたのですが
なんと走るとほぼ上り道一方となります
あれ?なんか違う気がするんだけど・・・
イメージ 12

イメージ 13

なんかおかしいよな?・・・
そんなわたくしの感想とは別に右手には山頂へと向かう立派な道が見えて来ます
これは実はわたくしがいつか行きたいと思っている
のダム 川浦(かおれ)ダムへと続く道なのであります
ああ~~いつかあそこを走ってみたい!!!
(その道の入口にはゲートがあってどうあがいても入れませんがw)
イメージ 14

そんなこと考えながらどんどん進んで参ります
イメージ 15

イメージ 16

道中には伐採作業をしているのでしょうか?
それらしきトラックも停まっておりました
(注 ここは平日・土曜は作業してる可能性あり)

この辺りから遥か山の向こうに道が見えて来ます
イメージ 17

イメージ 18

おお~~~あんなとこに道があるじゃないか?
あそこへは一体どうやって行くのだろう?
走ってみたいものだが・・・

そう!これが絶景林道なんです
この時はこの道がそこまで続いているとは夢にも思っていませんでした・・・
イメージ 19

イメージ 20

その後も道はまだまだ続き、ついには尾根付近までやって参ります
そして尾根伝いに下って行くと・・・
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

下った先に分岐個所が見えて参ります
ええ!そこが絶景林道との分岐でございます 
そこを右に行けば天空の作業道でございます
(もちろん勝手にわたくしが命名しておりますw)
続く・・・



肝心なところで次回に持ち越していますが
実はこの尾根道に入ったあたりでついにわたくし遭遇しました
わたくしいろんな林道走ってますが、これだけには絶対会いたくはなかった!
あの黒い物体に出会ってしまったのです
それはほんと一瞬だったのですが
わたくしの目の前でその黒い物体が雑木林へと逃げるように入って行ったのです
うん?今の黒い物体は・・・

そう!紛れもなくだったのです!!!
あれはタヌキではありません それより大きかった
でも小柄でした 多分子熊だと思われます
子熊がいるということは近くに親熊もいるはずです
いやいやめっちゃ怖いです この辺り・・・
しばらく恐ろしくて停まっていたのですが
何もその後、姿を現すことはありませんでした
一応こちらは車ですから少しは安心なんですが
これがモンキーだったらビビって引き返したかも知れません・・・

猿・鹿・カモシカあたりはよく見かけます
タヌキ・キツネも見たことがあります
でもこいつだけは見たくもなかったw

ここ非常にお勧め林道ですが、命の保証はしませんw
死ぬまでには一度は走りたい林道ですが
ほんと死ぬかも知れません ええ二度と帰ってこれないかもです
お気を付け下さい
無責任ですがそれしか申し上げれませんw