元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

津市 ルーブル彫刻美術館

こちらは以前拙ブログ5でも取り上げたことのあるB級スポット
その時は施設周りにある大きな彫刻の銅像を見ただけだったです
入場料がいるためと怪しすぎたのでやめました)

で再訪の今回はお金を払って見学してきました
以前の陶芸空間 虹の泉はチンプンカンプンでしたが
ここは見たことがあるものもありまして
芸術には疎いおっさんでも十分楽しめたのでした

場所はこちら
イメージ 2

イメージ 1

近鉄大阪線 榊原温泉口駅近くまで行くと↑このような看板が
あちこちに立っております
純金大観音はお隣の施設にあり)
県道28号より入って行きますとミロのヴィーナスほかの
大きな銅像が待ち構えてます
イメージ 3

イメージ 4

これを見てなんだ?ここは?と思うわけなんです
そうここが有名なB級スポット 
三重県津市にありますルーブル彫刻美術館なんです
イメージ 5

イメージ 6

奥に向かいますと大きな駐車場
駐車場の奥には世界一の高さ33メートルの純金大観音も見えております
イメージ 7

開館時間は上の通り(年中無休)
駐車場に車を停めますとこちら側にも巨大彫刻像があります
イメージ 10

イメージ 8

イメージ 9

自由の女神もありますね
イメージ 28

イメージ 11

イメージ 12

さて意を決して入場です
こちらルーブル彫刻美術館だけの見学ですと大人1,500円ですが
お隣の大観音寺とセットで見学しますと大人2,000円であります
おっさんもちろんお隣の大観音寺も見ておこうと思っておりますから
セットで共通券を購入です
(このルーブル彫刻美術館は大観音寺が経営しているのです)

HPこちら 

B級スポット扱いされることがあるが
ルーブル美術館から公式に許可を得て運営している
先代館長で現館長の父である竹川勇次郎が私財を投じ建設した、
ルーブル美術館の世界唯一の姉妹館である
「姉妹館」であって「分館」ではないため、
ルーブル美術館の公式サイトには掲載されていない
ウイキペディアより B級スポットではないようですw)
イメージ 13

イメージ 14

ちなみに撮影は自由です
順路もありますし係員(美術員?)もおみえになります

館内の作品はルーブル美術館にある、
彫刻作品約1300点を本物から直接型をとり作成したレプリカを展示している

この後は画像ばかり御覧下さい
イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

イメージ 18

↑このばかでかい千手観音が不思議でした
なんでこれがここにあるの?これって本家にはないですよね?
ここは和洋折衷かい!と思わずおっさん突っ込んだ!のでした
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

イメージ 27

ざっとこんな感じであります
おっさんでもわかりそうなものだけを写してみました

さてここがB級スポットではないと言い張るのですが
どう見てもこれはおかしいだろうと感じたのがこちら↓
イメージ 29

イメージ 30

↑この人形たち
チャップリンなんて本家おフランスに飾ってあるんですか?
これはおかしいでしょ???
ってか人形なんて飾りますかね?
これも芸術品なんでしょうか?
(左はレーガン大統領?ジョン・ウェイン?右は誰?)

わたくしには立派なB級スポットだと思えたルーブル彫刻美術館でした

次回はお隣の大観音寺に進んでます