元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

津市 賽殊山 大観音寺

三重県津市 ルーブル彫刻美術館見学のあとは
お隣にある賽殊山 大観音寺へ・・・

まずはその入り口前にあるカエルのオーケストラ
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

いきなりお寺とは全く関係がなさそうなものが出迎えてくれます
正式名称 お宝蛙
イメージ 5

これでもかと言うくらいに強引にカエルに引っ掛けてあります
そして入り口へ・・・
イメージ 6

イメージ 7

お土産コーナーの先に受付
ルーブル彫刻美術館で購入した入場半券を渡しますと
願い事を書く護摩と自分の干支の
イメージ 8

↑こんなんがもらえます
護摩木をどこかに奉納せよと教えられたのですが
おっさん適当に聞いていたので、結局持ち帰ってしまいました
おっさんの願い事は叶う予定はありませぬ・・・
イメージ 13

さて受付を出て左手に大きな下駄が・・・
イメージ 12

イメージ 9

というより、やはり前の猫のオーケストラに目が行ってしまいます
ここでもお寺にはアンマッチなものがあるのです
大観音仏足下駄金運招き猫だそうです
やっぱここも変なところで間違いなしと確信いたします

反対のトイレ前には
イメージ 10

にっこりお
いやこれってお寺と関係あるのか???
イメージ 11

参拝順路に従い進んで行きます
正面には世界一高さ33メートルの純金大観音が見えておりまする
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

いくつかの怪しげなものを見ながら進むと純金大観音に到着
イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

残念ながらこちらの胎内巡りは出来ませぬ
イメージ 24

この純金大観音前の右・左に階段があるのですが
左側が厄除坂 右側が女極楽坂とされてます
おっさん一応厄除坂だけは上っておきました
御利益あるでしょうか?

この純金大観音の裏手には
イメージ 25

イメージ 26

天狗様もお見えです
イメージ 27

イメージ 28

この手のひらは何を意味するのか???
イメージ 29

イメージ 30

と、ざっとこんな感じでおかしなものがこれでもかとこちらにはあります
イメージ 34

今回、実は痛恨の失敗がありまして・・・
こちらで有名なカラオケ観音を見るのを忘れました
イメージ 31

帰り際、お土産コーナーで↑これを見て思い出した次第
でもわざわざこれだけを見に再訪する気にはなれませぬ
一度行けば十分満腹です
イメージ 32

イメージ 33

HPこちら こちら単体での入場は大人800円です
あの黒川紀章さん設計監理のこの大観音寺
是非ルーブル彫刻美術館とセットで一度ご覧下さい