元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

尾鷲隧道

今回最後に見てきたのが隧道マニアには有名な尾鷲(おわせ)隧道
この尾鷲隧道、今や国土地理院の地図からも消えていると言ったところ
イメージ 1

↑現行の国道42号尾鷲トンネル 紀北町側入口付近に
その尾鷲隧道入り口があったのですが
イメージ 2

地図を拡大すると↑この通り
分岐らしき道はあるのですが、その先はトンネル表示されてません
もしや入口はすでに埋められてしまったのでは・・・?
と、早合点したのが大失敗でした
イメージ 5

イメージ 3

イメージ 4

尾鷲トンネル手前あたりを入口がないか?と探したのですが
それらしい入口が見つからず
代わりに見当違いの場所を見つけて
ああ埋められてしまったんだと勘違いしました
どうやら上に見えるラジオ局案内板先
防護壁の裏に隧道入口があったようです
草だらけですからここではないと全く違う場所を見てました
残念またここへ出かけなくてはいけません・・・

一方、尾鷲側入口はと?
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 6

国道42号から県道778号へと入り
熊野古道 馬越(まごせ)峠の案内に従い、狭い道へと入って行きます
その先住宅街を抜けて行くと未舗装に変わります
いきなり住宅街から雰囲気が変わりますから楽しくなってきます
実はこの道が旧・国道42号なんですから驚きます
イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

が、喜んだのも束の間
しばらく走ると封鎖ゲートがあります
あら!行けないじゃん!
で、車より降りて歩いてゲートを越えると・・・
イメージ 12

今度はガードレールでその先が封鎖されてます
尚も粘りこのガードレールを越えると・・・
イメージ 13

イメージ 14

その先にあったであろう谷を渡る橋が見事になくなっており
対岸に渡ることは出来ません
尾鷲隧道はどうやら紀北町からしか行けないようです
イメージ 15

ちなみにこの橋、丑(うし)の谷橋だそうです
しかしまあ見事に廃道となってます
これ見る限り益々わたくし興味が湧いてきます
またいつか今度こそ紀北町側からこの隧道を抜けて
この壊れた橋のたもとまで歩いて調べたいものです