元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

一宮市 浜湯

金華山(岐阜城)登山の後に向かったのがこちら
登山でかいた汗を流しにお邪魔しました
いつもならこんな時は日帰り温泉に向かうのですが
この日は久しぶりに銭湯なんぞに行ってみようかと・・・


おっさん、実は銭湯に行くのはなんと30年ぶりでございます
まだ二十歳(はたち)ぐらいの青臭い頃
名古屋市内の風呂なしオンボロアパート
その名も福寿荘に住んでいた頃以来であります 
6畳+4畳半(キッチン・トイレ付) 陽当たり最悪の一階でした
その頃は毎日足蹴に近くにありました銭湯に通ったのですが・・・
(すでに今はその銭湯も無くなりマンションが代わりに建った模様)

あの頃、好きなテレビ番組を23時番組終了ぎりぎりまで見て
急いで銭湯に走ったものでした(その銭湯は23時まででした)
そこの銭湯のおじいさんが番台にいる時は多少23時を過ぎても
何も言わず入れてくれたのですが
そこの孫娘が番台にいると絶対入れてくれませんでした(頼んでもダメ)
あの絶対入れてくれなかった憎たらしい孫娘の顔、なぜか今も覚えていますw


で、この日向かったのが愛知県一宮市内にありますこちら 浜湯さんです
場所はこちら 代表HPこちら一宮浴場組合
イメージ 4

イメージ 3

イメージ 2

営業時間 16:00~22:00
毎月7日・17日・27日休み P有り
入浴料金 420円

HPには駐車場有りとされてますが
実際に行って見たらそんなとこいくら探しても見つからず・・・
仕方なく近くの某薬局の駐車場をお借りしますw
その浜湯さんは御覧の通り、ちょっと年季が入っております↓
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 1

↑こちらが男の憧れ、浜湯さんの番台であります
死ぬまでに一度は番台に座ってみたい殿方は多いのではないでしょうか?
残念ながら浜湯さんの番台からは女湯は覗けませんw
料金を支払いまして、脱衣所で汗をかいた服を脱ぎ・・・
イメージ 5

イメージ 6

銭湯にGO!であります
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

こちら一応中央にジャグジー風呂、壁際に電気風呂・薬風呂
さらにミストサウナ・水風呂付きであります
ジャグジーは適温でよろしいのですが
薬風呂は熱めでしてぬるま湯好きのおっさんにはちと辛い・・・
電気風呂は個人的に昔から苦手
あのピリピリする体感が耐えられないのであります
ミストサウナは好きなのですがここのはちっとも熱くなく
ぬるま湯ミスト・・・早々に退散いたしました

壁には定番の富士山の絵が・・・と言いたいのですが
残念ながらこちらはわけわからん山と湖が壁に描かれてます

もちろんここにはシャンプー等のアメニティー類は置いてありません
各自御持参いただきますように・・・

自宅のお風呂より大きいのですが
近頃流行りのスーパー銭湯よりは小さい・・・
これが銭湯が無くなって行った原因なんでしょうね?
(今時、風呂なしのお宅なんてないのが当たり前でして
昔とは時代が大きく変わったのが最たる要因ですが)
常連らしき人以外はこう言ったとこにはお見えにならない
これでは大した利益も出ず、燃料代のみが掛かり
いつの間にか廃業と言うパターンなんでしょう
年々こうした小さな銭湯は減って行く一方
絶滅危惧種でもあります
みなさんも今の内に銭湯に行っておきましょう!
ある意味昭和の置き土産
久しぶりに行くと気持ちいいですよ
お近くにございましたらみなさんもいかがでしょうか?