元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

寸又(川)左岸林道

今回の静岡遠征 最大の目的はここ 寸又(すまた)(川)左岸林道です
名古屋のおっさんことKさん記事を見て
わたくしもその鉄壁のゲートを覗きにやってきました
(ちなみ検索するとよく出てくるのが光(てかり)岳へと向かうとされる
寸又左岸林道
どうやらここも以前までは寸又川左岸林道だったようですが
なぜか入り口には寸又左岸林道となっており”川”の字が消えているのでした)

寸又左岸林道 入り口はこちら
イメージ 1

県道77号寸又峡温泉へと向かって朝日トンネルを抜けた先
イメージ 2

赤い寸又峡を渡る手前、右手にその入り口があります
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

入り口からほんの少し入りますと
名古屋のおっさんも匙(さじ)を投げたゲートがありますw
イメージ 6

↑これが噂の開かずのゲートと呼ばれるほどの鉄壁のゲートです
(開かずのゲートは林道浪漫さん命名のようです 記事こちら
イメージ 7

イメージ 8

右は草木が生えて邪魔しており簡単そうで抜けるのは難しいです
イメージ 9

鍵は見たこともないようなもの
(なんか時代を感じさせる古いタイプのようですが・・・)
で、肝心の左側ですが実はゲートを引っ張ってみたら少し隙間が出来ました
名古屋のおっさんはこれに気づいてなかったようですw)
イメージ 10

鍵の付いてるチェーンに弛(たる)みがあり、少し隙間が出来るのです
おお!これは!これは!もしかして・・・
この隙間ならモンキーで抜けれるのでは?
と思い早速計測いたしました
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

40センチほどの隙間が生まれるのですが
やっぱモンキーで通り抜けるにはちと厳しいです 残念・・・
イメージ 14

イメージ 15

人は抜けれるんですが・・・
イメージ 16

ほかにもどうにかならないか?と思案したのですがやっぱここは無理
ユニック作戦くらいしか抜けれる方法は浮かびません

で、名古屋のおっさん同様ここは諦めたのですが
ふとこの林道の先を見るとカーブの先で崩落してるように見えます
イメージ 18

イメージ 19

ありゃ?これはもしかしてこのゲートを抜けても結局は一緒か?
と思い、おっさん念のため歩いてその崩落現場を視察してきました
イメージ 17

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

熊平沢に架かる熊平(くまひら)橋を渡ります
クイックさん、いくら何でもこの橋は興味ないでしょ?w)
大きなカーブを曲がると・・・
イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

やっぱり林道が崩落しておりました
イメージ 26

イメージ 27

イメージ 28

これでは車もバイクも無理
人がなんとか脇を歩いて行けるくらいです
残念、寸又左岸林道は現在通行不能でありました
イメージ 29

ちなみにこの崩落の原因は

平成29年(2017年)10月22日~23日発生
台風21号災害

によるものでした・・・
まだ最近と言えば最近 果たして今年中に治すのでしょうか???
川根本町さんに期待ですw

寸又左岸林道、ゲートを抜けても現在はこんな状況でありました
名古屋のおっさん納得いただけましたでしょうか?
この先にいくつか吊り橋もあるみたいなので
わたくしもいつか行ってはみたいのですが・・・