元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

壇蜜シリーズ 国道256号(伊藤林道)上村清水側 後々編

後編からの続きです

今回が本当の最終話ですので・・・w

f:id:poseidonttzr:20191212112132j:plain

目の前に現れた分岐(三叉路←正しくは四差路か?)

↓もちろんこの分岐は国土地理院地図には出ておりません

f:id:poseidonttzr:20191213130003p:plain

一番左側が国道256号秋葉街道小川路だと思い

伊藤林道だとされる道を進むことに・・・

 

ちなみにここに秋葉街道の証拠が残っておりました

f:id:poseidonttzr:20191213130252j:plain

押ノ田 松若屋茶屋跡とされる立て札が・・・

どうやら遠い昔、ここに茶屋があったようです

f:id:poseidonttzr:20191213130937j:plain

f:id:poseidonttzr:20191213131013j:plain

とは言っても建物跡は何もなく、近くに祠らしきものがあるのみなんですが・・・

 

村史や『上久堅(かみひさかた)村誌』によると、

茶屋の「若松屋があり畑作・林業・狩猟もやっていたという。

飲料水は200m下った沢水を担ぎ上げていた。

昭和11年飯田市(当時の飯田町域)に移住。

参考こちら

注 松若屋の間違いと思われる

 

余談だがこの小川路、小川沢にもう一軒松田屋茶屋もあったらしい

参考こちら

 

さて本題

延伸されたような林道を上って行くと・・・

f:id:poseidonttzr:20191213140035j:plain

f:id:poseidonttzr:20191213132121j:plain

1キロ弱ほど進んだであろうか?

突如として道は終わるのです・・・

f:id:poseidonttzr:20191213132244j:plain

f:id:poseidonttzr:20191213132406j:plain

余裕で車でもUターン出来るほどの広場となり

その先は道が消えています

おや?小川路はどこ行った?

と、右手奥を探してみましたらありました!

f:id:poseidonttzr:20191213132644j:plain

f:id:poseidonttzr:20191213132714j:plain

f:id:poseidonttzr:20191213132750j:plain

倒木もありますが、細々とまだ道が続いていたのでした

もちろんこれはバイクも通れない道

でもこれが飯田市上久堅へと続いているのだろうと勝手に納得

よこぞここまで調べたわたくしw

f:id:poseidonttzr:20191213135953j:plain

結論

国道256号及び秋葉街道小川路は国土地理院の地図には出てないが

伊藤林道を利用して一部道が良くなったようです

 

 

 

とこのように結論づけたのだが

これが実は大間違いだったのです(←アホ)

そう!先ほどの三叉路で進路を間違えていたのです

正しい道はまっすぐ伸びる真ん中の道だったのです

f:id:poseidonttzr:20191213134114j:plain

これ、先回紹介したHi-ROADさん記事に書かれてあったのです

Hi-ROADさんが行かれた時にはここにちゃんと案内杭が出ていたようなんですが

わたくしが見落としたのか?それともその案内杭がなくなったのか?

どちらにせよわたくしが確かめたのは実は無意味な探索だったのですw

国道だと思って調べたのが本当はただのピストン林道を調べただけなのでした

ここをまっすぐ真ん中の道を行かなくてはいけなかった・・・

悔しい&残念・・・

 

これに帰ってから気づいたのでした・・・

実に馬鹿・無駄なことをしてしまったものです

毎度ながら事前の下調べは重要だと思うのですが

毎回学習能力がないのか?同じ過ちばかりしているのでした・・・

 

 

 

と、言うわけで消化不良・中途半端に終わった今回の壇蜜シリーズ

長々とお付き合いいただきましてありがとうございました^^

懲りずにまた新しい壇蜜ネタを探すつもりでいますのでよろしくですw