元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

秘境小和田駅 Mさん宅+高瀬橋その2

12時25分頃
小和田(こわだ)駅から歩いて10分ほどのところにあると言う一軒家
Mさん宅に辿り着きました
駅から塩沢集落へと向かう道の上に建つお宅 少しお邪魔してみました
イメージ 1

こちらは少し前までここに御夫婦がお住みだったようですが、今は無人です
冷蔵庫などが外に置いてあり当時の生活臭がまだ残ってます
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

どこで拾って来たのでしょう?このゴルフボール
信念を貫く男のシール これって誰のことなんでしょうね?
まあ今は廃屋といえども他人(ひと)さまのお宅ですから余りじろじろ探るのは失礼
ここは簡単に済ませ本線に戻ります
イメージ 5

イメージ 6

このMさん宅の先に分岐
この分岐を曲がりますとあの高瀬橋へと行けるのです
イメージ 7

イメージ 8

が、もちろんその高瀬橋は壊れて渡れませんから通行不可の案内がされてます
もちろんそれは十分承知のこと、ここを進んでみます
イメージ 9

イメージ 10

分岐のすぐ脇には125CCの廃バイク
そして高瀬橋まで400メートルの案内が・・・
その高瀬橋はもう随分前から通れないようなので
そこへ続く道はもちろん廃道のような状態となってます
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

実はこの日小和田駅へと歩いて向かう最中ず~~と工事の音が鳴り響いていたのです
その音の正体はこれだったのです↓
イメージ 14

イメージ 15

天竜に船を浮かべ何やら作業をしていたのです
この重機の音が随分奥から聞こえていたのでした
誰も通らない寂しい道でしたが、この音が聞こえていたので
誰かこの付近にいるのだと思うとなんとなく安心出来るのでした・・・
イメージ 16

邪魔な草木を掻き分け進んで行くとついに見えました 高瀬橋です!
イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

もちろんこの高瀬橋は渡れません
すぐその袂(たもと)から橋板が崩れ落ちていてワイヤーのみが
両側に残っているだけです
イメージ 21

イメージ 22

よく目を凝らすとその先に橋板がぶら下がっているのがわかります
いつかこの橋板も落ちてしまう そんな感じがいたします
この高瀬橋全景を本当は見たかったのですが
そこへの道を進んだおっさん途中で断念したのは前回報告の通りです
残念と言おうか心残りでもあります

ちなみにですね
日本縦断各駅停車さんはこの高瀬橋の対岸にも行かれているんです
記事こちら さすがと言おうか凄いです 尊敬しますw
いやいやこの対岸も見てみようと考える人はなかなかいません
こうなるとそれを真似するしかないのでしょうか?w

目的だった高瀬橋を見たおっさん
さああとは小和田駅を目指すだけです
続く・・・
(続きは明日午前9時アップ予定です)