元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

矢の川峠 尾鷲市側 前編

ならばと今度は大又トンネル矢の川トンネルを抜けて
尾鷲(おわせ)市側入口へと向かいます
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

国道42号線沿いの尾鷲市側入口はここ
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

千仭(せんじん)橋のたもとに入口があります
尾鷲市中心部から来ると入口案内が消える文字で電柱に書かれてます
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 9

ゲートらしきものはありますが一応解放中
通行止めの案内があり
工事関係車両以外 通行止め
この先、未舗装のため地上高の低い車は走行出来ません
落石多数
とされてます
デッキバンの下がこする可能性はありますが、もちろん突っ込みますw
イメージ 12

入ってみればやはり注意書き通りの酷い道
ガレ石だらけですから用心深く走行します
でもなぜかおっさん喜んで走ってます 
やはり変態林道愛好家の血が騒ぐのでしょうね
イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

橋を渡りぐるりと回り込むと、先ほど渡った千仭橋が見えて来ます
ちなみにこの矢の川峠は軽く事前に調べただけ
通り抜けが出来ないことと、両市側の入口を調べただけです
ですからこの先に素掘りトンネルがあるなんて全く知りませんでした
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

これを見たおっさん大喜び
いや!いい! ここは絶対いい!!!
道は荒れてるし素掘りトンネルまであって最高だ!
おっさんひとり高笑いです

で、実は素掘りトンネルは一つだけではなかったのです
この先、更に四つもトンネルがあったのです(計五つ)
↓二つ目
イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

↓三つ目
イメージ 22

イメージ 23

↓四つ目(傳唐(でんがら)大橋の先)
イメージ 24

イメージ 25

そして五つ目のトンネルがこちら
それまでどれにもトンネル名(扁額)はなかったのですが・・・
イメージ 26

イメージ 27

五つ目のこれが矢ノ川隧道と名付けられていたのです
イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

矢ノ川隧道を抜けると急カーブ
そして分岐があったのでした
イメージ 32

本線は左方向
イメージ 31

右へと入る林道は・・・
イメージ 33

イメージ 34

イメージ 35

尾鷲市三木里(みきさと)町へと続く八十谷(やそだに)林道です
一部情報ではこの八十谷林道は崩落してるとのことですが
気になるのでいつか調べてみたいです
(ビューポイントがあるそうです)

後編に続く・・・