元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

清水谷隧道 旧道・旧旧道 越前市側

この日、福井県今立(いまだて)郡池田町同県大野市を結ぶ
原峠原林道へ向かおうとしたおっさん
そこへの順路を地図で見ていた時に県道2号線清水トンネルを見つけます
イメージ 2

このトンネル、新があると言うことは旧もあり
地図上ですとしっかり旧トンネルのある旧道も載っています
おお!これはこれは!是非旧道を走ってみようじゃないか!
が、待てよ!もしかしたら旧道は現在通れないかも?
と、思いおっさんには珍しく事前に調べてみました

で、ヒットしたのがこの道往けば rin7574さんこの記事
それを読みますとやっぱ旧道は隧道が塞がれており通り抜け出来ません
あらま!残念・・・
で、もひとつヒットしたのがくるまみちさんこの記事
そちらはなんと旧道ではなく旧旧道のお話
明治の頃の隧道がそこにあると言うのです
これは面白い!とばかりおっさんも行ってみることにしました
イメージ 1

イメージ 3

はい!その現地です
越前市側、新清水トンネル手前に旧道への入り口があります
場所こちら
ここより左手に入りますと・・・
イメージ 4

イメージ 5

草むらに隠れるようにして
池田町には通り抜けれないとの看板が立っております
それは十分承知の上で進みますと
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

rin7574さんの記事通りに旧隧道は塞がれていたのでした
イメージ 9

イメージ 10

まあこれは予定通りです
ならばと今度は旧旧道入り口を探してみることにしました
まあ普通に旧道にそれは存在するのだろう?と探してみるのですが・・・
イメージ 11

イメージ 12

失礼ながらくるまみちさんの記事には場所がリンクされておらず
頼りになるのは上記の画像二枚のみ
(すいません 勝手にお借りしております)

この画像にある治山工事用道路を探すのですが見つかりません
それらしい道が旧道沿いにあったのですが・・・
イメージ 13

↑ここがその入り口か?と思うのですが
くるまみちさんが行かれた時と全く状況が異なってます
まずはガードレールが草で隠れて全く見えません
(よくよく見るとあるのですが・・・)
イメージ 19

車も停まっていませんw
(てっきり通行量の多い道かな?と勘違いしましたw
実際にはこの旧道を走る人は皆無です そりゃそうだ!行きどまりだから・・・)
で、左に入って見るのですが・・・
イメージ 14

その先が実は二手に分岐しているのです
おや?どっちなんだ?と思うわけです
イメージ 15

イメージ 16

左方向の道は西河内林道とされてます
やはり右が正解なのか?と思うのですが・・・
イメージ 17

肝心の治山工事用道路の看板がありません
外れたのか?もしくはここではないのか?がはっきりしません
でもこの道以外に旧道沿いには支線がないのです
おっさん多分ここだろうとヤマを張り進んでみることにしました

狭い、車一台しか走れないコンクリート舗装の道を上りますと・・・
イメージ 18

50メートルも進まない内に舗装区間は坂の途中で終了
その先荒れたダートと変わるのです
これではデッキバンでも無理と判断
おっさんここより歩いて様子を見に行くことにしました
(ちなみにこの先も車でUターンする個所はなし
突っ込んだ以上延々とバックする羽目になりました)
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

軽~~~い気持ちで歩き始めたおっさん
まあ5分・10分でそこは見つかるだろうと思ったのですが
全く見つかりません・・・
藪・雑草に囲まれたこの道
行けども行けども隧道入り口が見つかりません
はあ?どうなってるの?もしやガセネタ?w
おっさん勝手にくるまみちさんを疑う始末w
ぬかるんだとこはありますし、汗も噴き出してきます
軽い気持ちで歩き始めたもんだから長靴ではなく、タオル・水も持ってません
くそ!失敗だった!と思うのですが
隧道が見つからない以上、中途半端には戻れません
やけくそでおっさん進み続けます・・・
イメージ 23

イメージ 24

更に5分・10分・・・ まだ見つかりません・・・
こんな藪の中、熊がいつ出てもおかしくない
おっさん奇声を上げながら進みますw
(実際、カーブを曲がったらいきなり鹿と遭遇しました)
イメージ 28

イメージ 25

結局、裕に30分以上は歩いたでしょうか?
唐突にこの林道、終焉を迎えます
道が崩れたようにその先が無くなっていたのです
あら?隧道塞がれちゃった?!
何と言う結末でしょう?
まさかまさかのオチ
こんな結末悲しすぎる・・・
おっさんのここまでの苦労は何だったんでしょう?
靴はベタベタ、汗はだくだく・・・

でも諦めきれないおっさん、この先も意地で確かめます
イメージ 26

↑こんな急斜面を意地で歩き、反対側を覗いて見たのですが・・・
イメージ 27

尾根に出ただけで反対側隧道入り口なんて全く見えないのでした・・・
ここまで一体何しに来たんでしょ???
史上最悪の隧道探索
そんな言葉が脳裏に浮かび、おっさん一人勝手に怒りだしますw

が、冷静に考えて見ますとこの時点で答えは三つ
①ここが本当の隧道入り口 崩落の為か?塞がれてしまった
実は来る途中に隧道入り口はあった 完全に見落とし・・・
③元々、この道ではなかった・・・

かすかに②の答えを期待しながらおっさん来た道を戻ります
でもやっぱ周りは雑草だらけでそんな穴は簡単に見つかりません

もうダメだ!と諦めかけて車まであと少しのとこまで戻った時・・・
イメージ 29

右手奥にそれらしきものを発見
おや?もしかしてもしかして・・・
雑草を踏み分け進んで見るとついに!!!
イメージ 30

あった!!!
何だ!こんなとこにあったんだ!!!
なんのことはない 
やはり車を停めた場所からからほんの先に隧道があったのでした
イメージ 31

イメージ 32

以前くるまみちさんが見られたように
やはり隧道内は水没しておりました
ぱっと見、洞窟に見えるこの隧道
とてもこの先が抜けているとは思えません
こんなとこを反対側から入って確かめたくるまみちさんはやっぱ凄いですね
イメージ 33

↑林道から見た現在の状況(正面、林道左手奥に隧道があり)
こんな風にしか見えませんから簡単には見つからないはずです
そこでおっさん、後に続く人の為に・・・
イメージ 34

その手前に目印になるように落ちていた切り株を林道真ん中に置いておきました
どうかこれを目印に旧旧隧道を探してみて下さいw

ちなみに旧旧道入り口の場所はこちら
イメージ 35

イメージ 36

これで迷わずに行けると思いますw

尚、反対の池田町側隧道入り口は今回思わぬ時間を費やした為
訪れてはいません・・・

次回はセロ尾さんお待ちかねの巣原峠・巣原林道です