元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

真弓峠 長野県側 前編

先回の続・湯森谷林道はあくまでもどざえモンプチデビュー
その完全デビューの舞台に選んだのが
わたくしのライフワークでもある王滝三大峠のひとつ 
真弓峠です
こちら岐阜県側よりは昨年到達しております
イメージ 1

こちらの長野県側をどざえモンの完全デビューの場所として選んだのです
こちらの木曽郡王滝村の入口は過去何度も来てます 場所はこちら
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

踏切型ゲートが特徴のここ
鍵はディンプルキー 通常バイク・車では入れません
が、さすがは我がどざえモン 難なく入れちゃいますw
イメージ 6

この氷ヶ瀬小俣(こおりがせおまた)林道を真弓峠へと向かって
いざ林道にGO!であります

余談 
この林道入口すぐ近くにわたくしがリンクさせていただいている
クイックさんお気に入りの氷ヶ瀬隧道があります その紹介記事こちら
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 10

イメージ 9

さて本題
氷ヶ瀬橋を渡るといきなりダートであります
いやいや楽しい やっぱ林道はこうでなくっちゃw 
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

しばらくは林道の横を流れる鯎(うぐい)川に沿って緩やかに上って行きます
いやいや天気はいいし 絶好の林道探索日和(びより)です
ただ心配なのは森のくまさん森林関係者に林道途中でばったり出会うことだけです
どちらも出来れば出会いたくないのですがw
一応熊鈴を付け時折ホーンを鳴らし走ります
林道入口にあった入下山確認板には森林関係者は
誰もこの日は入っていないことにはなってはいたのですが
こればかりは表示忘れもありましょうから走ってみないとわかりません
で、実は今回凄いオチが最後に待っていたのです
どうぞ最後までお読みくださいますようにw
イメージ 15

イメージ 17

イメージ 16

イメージ 18

林道を走って最初の分岐がこちら
鯎川支流小俣川に沿って延びる赤棚林道が支線であります
イメージ 19

この先橋を渡り坂をくねくね上ると↑の地図にも見えるもうひとつのちっちゃな分岐
イメージ 20

イメージ 21

鯎川治山運搬路との分岐です
そしてこの先坂を上って行きますと、この林道メインの分岐が現れます
イメージ 22

イメージ 23

ここ右に大きく曲がるのが本線 氷ヶ瀬小俣林道
イメージ 26

イメージ 27

目的の真弓峠に向かう道は左手まっすぐ
イメージ 24

イメージ 25

瀬戸川高樽(たかだる)林道 別名ウグイ林道であります
高樽岐阜県側に高樽の滝もありますから岐阜県側を指します
瀬戸川?はいったい???
瀬戸川は王滝村を流れる川のひとつでして林道入口よりもっと下流にあります
林道入口近くに瀬戸集落がありますが
いまいち林道名がピンとこないのです
イメージ 28

↑一応岐阜県側も同じ林道名表記にはなってます

さてさてこの先を見るとちょっと怪しい感じ・・・
果たしてこの先鬼が出るか蛇(じゃ)が出るか?
イメージ 29

イメージ 30

イメージ 31

遠く先には林道も見えて来ました 目指す先はあそこなんでしょうか?
イメージ 32

イメージ 33

イメージ 34

段々落石もひどくなってきました
その先何やら赤い橋が見えて来ました・・・
イメージ 35

イメージ 36

ところが近づいてみるとそれは赤いロックシェッドでした
イメージ 37

イメージ 38

イメージ 39

鯎川ロックシェッド 
昭和59年(1984年)完成のそれはそれは古いロックシェッド
イメージ 40

イメージ 41

ここを抜けるといよいよ真弓峠 長野県側 佳境へと入って行きます
続く・・・