元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

毛無峠 ジロー坂 天空のゴーストタウン 小串硫黄鉱山跡 前編

またもや遠いとこまでやって来ました
延々尾張から5時間掛けてやって来ました
今回は長野県群馬県の県境 毛無(けなし)峠です
イメージ 1

イメージ 2

県道112号を県境方面へと進むと・・・
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 17

見えてくるのが見事な禿(はげ)山=破風(はふう)岳(右側)
その麓にたくさんの車等が停まっています そこが毛無峠です

ちなみに参考 昨年の記事こちら
もちろんここバスのおっさんも行ってみえます(記事こちら
同じく名古屋のおっさんも(記事こちら
イメージ 5

↑同じく峠左手にある毛無山 別名トヨマユ山ですw
この県道の先にあるのが超有名なこの場所↓
イメージ 6

この先が群馬県だと言うチェーンゲートのある県境 地図ではこちら
この日は土曜日 たくさんの方がここに来て写真を撮っておみえでした
特にバイクの方が多かったです
車・バイクはもちろん自転車さらにはカブでお見えの方もいましたよ
もう有名観光地と言ってもいいでしょうね

さてさて今回の目的はそうです!このチェーンの先へと進むことです!はい!
イメージ 7

無」の名のとおり、辺りには木々が少なく、
地面がむき出しの荒涼とした場所もある。
これは、常に吹きつける強風のためと言われている。
眺めは良いが霧が発生しやすい。
群馬側には未舗装路が続き、
ジロー坂と呼ばれるつづら折を下った先には小串硫黄鉱山跡がある。
最盛期には2000人を超える人々が暮らしていた。
当時の名残として、峠の東側には鉱石を搬送した索道跡が残されている。
周辺は大規模な地すべり災害があった場所である。


ここを今回どざえモンにて進みこの先にある天空のゴーストタウン
呼ばれる小串(こぐし)硫黄鉱山跡を見に行こうという腹積もりであります
すでにバスのおっさんはそこに行かれたようですが・・・(2013年
さすが!バスのおっさんであります
負けずにわたくしもですが、今回は実はわたくし一人ではありません
イメージ 8

イメージ 9

akatora_nekoさんと一緒にここを攻めるのです
先回お会いした時に、ここ毛無峠の話をしたら
俄然乗る気になったakatora_nekoさん
この日約束の時間より4時間も前にここに到着していたと言う
とんでもない意気込みのakatora_nekoさんでしたw

多くのギャラリーが見守る中、さあ突入です
(これはさすがに恥ずかしかったw)
ちなみにモンキーは楽勝にこの先に行けますがバイクでも実は行けます
手前の駐車場脇に張られているロープが甘いので
そこからショートカットすればこのジロー坂に簡単に入ることが出来るのです
イメージ 10

ジロー坂は完全なダート道(国土地理院の地図では県道のままです)
イメージ 11

イメージ 12

眼下には九十九折(つづらおり)の道が続いております
もうこれを見ただけで楽しくなるのであります
荒れた道を下るといきなり下から一台のバイクが・・・
イメージ 13

↑ちっちゃくそのバイクがその先に写ってます
すれ違い様に軽く会釈を交わしすれ違います
この方長野セローさん
このあと後編にも登場しますからお忘れなくw
やはりここを攻める方がいらっしゃるようですね
みなさんやはりこの先が気になるようです
イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

↑白い砂地の先に小串硫黄鉱山跡があります
続く・・・