元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

川根本町 関の沢展望台

久しぶりにやって来ました静岡県
その静岡県榛原(はいばら)郡川根本町の最奥にあります関の沢展望台
一目見ようとやって参りました
こちらの展望台、写真好きや撮り鉄の方々には有名な場所であります
この展望台からは接阻(せっそ)峡に架かる関の沢鉄橋(橋梁)
見えるのであります
その関の沢鉄橋は私鉄では日本一の高さと言われております
詳しくはウイキペディア参照

その展望台には県道388号接岨峡温泉を抜けたあたりから入って行きます
イメージ 1

場所ここ
この大きなカーブを左手へと入ると・・・
イメージ 2

イメージ 3

シャッターポイントがこの先にありますよと案内されてます
本(ほん)川根は合併前の地名)
イメージ 4

実はこの道、展望台まで行ったら行きどまり
その先は現在は通行出来ません
(以前反対側静岡市葵(あおい)区井川閑蔵(かんぞう)地区側から
行ったのですがやはり通り抜け出来ませんでした)
グーグルマップで見るとここより先が案内されてませんが
現在は一応通ることが出来ます
(グーグルマップでは展望台への道も途中でなくなってます)
イメージ 5

イメージ 6

しばらく走ると対岸に目的の関の沢鉄橋が見えてきます
展望台はもう少し先・・・
大きなカーブを曲がり日陰の個所に来ますと展望台です
場所こちら
イメージ 7

イメージ 8

ガチガチの雪で凍ったところに展望台
(Uターンに苦労しますから気を付けて)
イメージ 9

イメージ 10

案の定ここより先は通行止めです
イメージ 11

肝心の鉄橋は・・・
イメージ 12

イメージ 15

イメージ 13

イメージ 14

目の前にご覧の通り・・・
日本一の高さですからもっと上の方に見えるのか?と思ったら
同じ高さの目線で見ることが出来るのでした・・・

ここを走る大井川鉄道の時刻表も何も確認もしてないおっさん
出来ればこの鉄橋の上を走る列車を撮影したかったのですが
事前に綿密な計画などいつも立てませんからそうはうまく行くはずがありません

で、諦めて帰る途中、幸運にもなんと遠くから汽笛の音が聞こえてきます
おお!もしやもしや・・・
慌てて再び展望台に戻り、おっさんカメラを構えることに・・・

ではおっさんが撮った画像をご覧下さい
イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

赤いロッコ電車を撮ることが出来ました
(実はこの鉄橋の上でなぜか列車はスピードを落としてくれるのです
ですからどんくさいおっさんでもシャッターチャンスを逃すことなく撮れるのです)
イメージ 20

こちらなかなかの場所
是非一度足を運んでみて下さい
秋の紅葉の時期なら最高かも知れません


業務連絡 RKパパさん
イメージ 21

この対岸の小さな山の向こうに秘境駅があるんですよ
一足お先に・・・(謎w)
イメージ 22