元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

鞍掛峠 御岳御厩野林道 長野県側+水無林道 2018

前回からの続きです

鞍掛峠 御岳御厩野(みまやの)林道の県境にもゲートがあります
イメージ 1

イメージ 2

こちらの踏切型ゲート、過去二回ここに来た時は鍵が掛かってなかったのですが
この日はきっちり鍵が掛かっておりました
(この構造が未だによくわかりません 工具が必要なようですが・・・)
これですと車やバイクは通れませんが、モンキーですとそんなの関係ありません
(バイクも倒せば何とか・・・)
イメージ 3

イメージ 4

はい!この通り・・・
イメージ 5

で、よくよく前方を見ますとなんと御岳山
目の前に見えてるではありませんか!?
イメージ 6

イメージ 7

過去二回来てるのですが
ここからはっきり御岳山が見えるとはわたくし全く気づいておりませんでした

御岳山を見たわたくし(この時は画像の通り雲がかかっていた)
これはもっと良く見えるとこまで行こう!と
長野県側へと更に踏み込んだのでした
ついでに言うとこちらに今年8月かもしか爺さん
モンキーでお見えになってるのですが
(記事こちら ファン限定記事です)
この先が崩落していたとのこと・・・
それもどうなったのか?調査する目的も実はありました

ところが下って行ってもどこも崩落しておりません・・・
イメージ 11

↑崩落個所はここだったのか?などと思いながら進みましたところ
イメージ 8

水無林道との分岐までやって来てしまいました
場所こちら
イメージ 10

イメージ 9

イメージ 12

イメージ 13

で、実はこの日、やたらバイクの真新しいタイヤ跡を何度も見ていたんですよね
おや?同業者wが入っているのか?などと思っておりましたら
この分岐でその同業者二人に遭遇
イメージ 14

彼らに話を聞いたところ彼らはこの分岐を御岳御厩野林道本線へと進み
途中から一ノ瀬林道を抜け、三浦ダムを渡り
氷ヶ瀬小俣(おまた)林道に出て、水無林道に入り
ぐるりとここまで一周してきたとのことでした・・・
王滝村中心部へは崩落の為、抜けれないとのことでした
(この情報は知っているのですが、どこが崩落してるのか不明です)

三浦ダムを通って来たとのことですから
警報鳴りませんでしたか?』と聞いたところ
『鳴りましたけど、ダムには人もいなく車もありませんでした』とのこと
ええ!!!それは恐ろしい!と言うかラッキーでしたね
叱られることなく三浦ダムの天端(てんば)道路が通れたようです

彼らと談笑のあとはわたくしは水無林道へと進みました
イメージ 15

イメージ 17

↑知る人ぞ知る!これが水無ストレート 場所ここ
イメージ 16

イメージ 31

そして走り続けますと三浦貯水池が見えて参りました
イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

でもここからは肝心の御岳山が見えません
更に御岳山が良く見える場所までどざえモンで進みます
イメージ 21

そして念願の場所に到着
ここから見る御岳山は最高です!
イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 26

画像では肝心の御岳山が白飛びしておりますが・・・ここは最高の場所です
ちなみに↓はここから見える一ノ瀬林道です
イメージ 27

イメージ 28

イメージ 29

イメージ 30

↑そして氷ヶ瀬小俣林道へと続く道
この場所はドコモ通信可能な場所でもあります

こうして御岳山を満喫したわたくし、帰路についたのでした

いやいや、やっぱこの林道は最高です
是非みなさんも機会があれば、死ぬまでには一度は走ってみて下さい

この御岳御厩野林道の王滝村側の鈴ヶ沢ゲートから入り
三浦貯水池をぐるりと周り
水無林道経由で氷ヶ瀬小俣林道に出、南北のルートを走って
ゴール地点の氷ヶ瀬地区まで走りますと
なんと全延長約100キロに及ぶ超ロングダートコースとなりますよ!
こんなとこ他にあるでしょうか?
わたくしの目標はこの全線制覇 あと少しなんですけどね・・・
来年の目標ですw


余談
この日、実はわたくしの知ってるRさんもこの林道に行ってみえます
ただし彼はこの林道名は伏せて記事にされてますので
ここでは敢えてリンクするの遠慮させていただきました
尚、その記事にけんさんもこの日この林道に行っていたことがわかったのでした
でもわたくしとは時間差で出会ってはおりません・・・
出会っていたら(けん)(モンキー)の仲の二人、
どうなったでしょう?w 仲良くしましょうね、けんさん