元祖・山神のブログ

道なき未知を行け!

酷道418号 2019 不通区間 後編

前編からの続きです

さあ廃道にGO!
と、最初に答えを申しますと昨年とほとんど変わっておりませんでした
八百津町側ゲート近くで昨年見た崩落個所は治っておりました
どうやら定期的に人の手が入ってるようです
ですからここは廃道のようで実は廃道ではなかったのです
でも不通区間であることは何も変わっておりません・・・
イメージ 1

イメージ 3

(仮)名場居(なばい)川橋
この橋の手前に名場居林道がありますよ
イメージ 2

イメージ 13

↑新たに出来ていたプチ崩落
イメージ 4

イメージ 5

(仮)大沢川橋とその大沢川に沿って延びる大沢林道
イメージ 6

丸山ダムから14キロポスト
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

岐阜県恵那市笠置(かさぎ)ダム側近くでは地質調査が行われてました
やはり人の手が時折入ってるようです
イメージ 12

イメージ 14

そして笠置ダムゲートに・・・
今年もこの酷道418号 不通区間7,5キロ走破することが出来ました
道は多少の荒れはありますがバイクなら走ることが出来ますよ

さてここにはわたくし都合3度来ているのですが
今回初めて発見したものがあります
丸山ダムから14キロポスト付近で見かけたこの橋脚らしきもの
イメージ 15

イメージ 16

イメージ 18

イメージ 17

今まで木々に隠れて気づかなかったのですが
こんなコンクリートの塊が木曽川沿いにあったのでした
イメージ 22

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

これは一体何?
橋脚っぽく思えるのですが、肝心の対岸にはそれらしき相方のものは何もなし
橋のようで橋でなし・・・まさか凱旋門?w
もし橋ならこんなとこに橋を架けて意味があったのか?
まさか工事途中で中止になったとか?
実に不思議な遺構でした・・・
どなたかお暇な方、調べていただけると助かりますw

以上、酷道418 不通区間2019でした